1. トップ
  2. 水野美紀“香坂”が撃たれるシーンの真相が明らかに… 悲しい展開に視聴者「泣いた」<絶対零度>

水野美紀“香坂”が撃たれるシーンの真相が明らかに… 悲しい展開に視聴者「泣いた」<絶対零度>

  • 2020.3.3
  • 11147 views
「絶対零度」が1位
KADOKAWA

【写真を見る】メガネ姿もかっこいい…!水野美紀オフショット

WEBサイト ザテレビジョンでは、3月2日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)11632pt

3月2日放送の第9話は、第1話から描かれてきた井沢(沢村一樹)が撃たれた香坂(水野美紀)を前に立ち尽くす様子の真相が明らかに。視聴者の間に大きな衝撃が走った。

東京サミットを狙った爆弾テロの可能性が浮上するなか、香坂が突然姿を消した。井沢は、26年前に映画館で神経ガスを撒いて多くの死傷者を出した男が香坂の父親であることを、山内(横山裕)や小田切(本田翼)らミハンチームに打ち明ける。そして香坂の弟はその犯行に巻き込まれて一命をとりとめるも、激しいバッシングに絶望して自殺していた。

公安部部長・曽根崎(浜田学)は香坂を巻き込んで架空のテロを仕掛け、自らで解決することでミハンを法制化しようとしていたのだった。しかし、そのテロの計画は途中で何者かに乗っ取られた。ミハンチームは懸命に仕掛けられた爆発物を探す。そんななか、曽根崎は香坂に罪をなすりつけることを決めた。

香坂を見つけた井沢は、テロの首謀者が実は生きている香坂の弟ではないかと問い掛けた。香坂は突然井沢にキスをし、「あなたに出会わなければよかった」と言って、不意を突いて逃げた。

井沢が追いかけていると、銃声が聞こえ、駆け付けた井沢は、倒れた香坂を見つけた。香坂が目の前で息を引き取り、絶叫した井沢は思いつめた目つきでそばにあった銃を手に立ち上がった…、というのが先の真相だった。

それぞれの過去から犯罪を未然に防ぎたいと強く願っていた井沢と香坂。悲しい展開に、視聴者からは「泣いた」「幸せになって欲しかった」といった感想が寄せられた。

また、曽根崎がテロ実行部隊として使っていた元傭兵・里谷の役で、仮面ライダーシリーズなどのスーツアクターとしても知られる高岩成二が出演。横山らと繰り広げたキレキレのアクションシーンに注目する特撮ファンも多かった。

「スカーレット」が2位
KADOKAWA

2位「スカーレット」(毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合)4594pt

3月2日に第127話を放送。喜美子(戸田恵梨香)は息子・武志(伊藤健太郎)をはさんで元夫の八郎(松下洸平)と新たな関係を築こうとしていた。三人で食事もするおだやかな毎日。

ある日、信作(林遣都)から観光客向けの陶芸教室の開催を頼まれる喜美子。ほかの教室が急にできなくなり、代わりに頼まれたのだった。信作は内心、陶芸家として活躍する喜美子にお願いをするのは申し訳ないと思っているが、喜美子は快く引き受けた。一方、武志は心ひかれた亜鉛結晶の作品作りに挑戦していた。

冒頭の喜美子、武志、八郎の食事シーンは、そうめんを「一本ずつ食べよ」という武志に、「アホやなぁ」と喜美子と八郎がツッコむという、幸せな雰囲気に。

しかし、ラストでは作品作りに取り組んでいた武志が立ちくらみを起こし、視聴者からは心配する声が上がった。

「麒麟がくる」が3位
KADOKAWA

3位「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)4409pt

3月1日に第七回「帰蝶の願い」を放送。駿河の今川義元(片岡愛之助)の動きに脅かされた信秀(高橋克典)は、美濃の道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決める。そのために、道三の娘・帰蝶(川口春奈)を、信秀の嫡男・信長(染谷将太)の妻に迎え入れたいと申し出る。

旅から明智荘に戻った光秀(長谷川博己)を、帰蝶が待ち構えていた。帰蝶は、幼なじみで、ほのかな恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿入れを止めて欲しいと頼む。一方、道三からは口をきかなくなった帰蝶を説得するように命じられる。

帰蝶と道三の板挟みとなってしまった光秀。道三との「帰れ!」「帰ります」からの「呼び戻せ」というやりとりは視聴者の笑いを誘いつつも、帰蝶の叶わぬ望みには切なさが広がった。

ラストでは、帰蝶の願いで信長を視察するために尾張の熱田に向かった光秀。偶然再会した菊丸(岡村隆史)から信長が漁に出ていることを聞いた光秀は、明け方に海辺で待っていると、船に乗った信長が戻ってきた。

猟師の姿ではあったが、朝焼けを背にした信長の登場に視聴者からは「ゾクっとした」「かっこいい」と話題になった。

2日には岡村が自身のInstagramに、海辺で信長を待つシーンのオフショットをアップ。朝焼けを前に並んでいる長谷川と岡村を背後から写した写真に、5万を超えるいいねが付いたほか、「絵になる」「素敵」といったコメントも続々と寄せられた。

WEBサイト ザテレビジョンの「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

元記事で読む