1. トップ
  2. 仲里依紗“菜七子”、回し蹴りに頭ポン…!「10の秘密」急展開で隠していた秘密が暴かれる

仲里依紗“菜七子”、回し蹴りに頭ポン…!「10の秘密」急展開で隠していた秘密が暴かれる

  • 2020.3.3
  • 3573 views
主人公・圭太を演じる向井理と、その娘・瞳役の山田杏奈
(C)カンテレ

【写真を見る】仲里依紗演じる菜七子の頭に手をやる圭太(向井理)

向井理主演ドラマ「10の秘密」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)第8話が3月3日(火)に放送される。本作は、向井が演じる主人公・白河圭太と関わるさまざまな登場人物たちのはかりしれない秘密が絡み合い、次々に事件が巻き起こるオリジナル脚本の本格サスペンス。

ついに圭太(向井)が、由貴子(仲間由紀恵)を追い詰める!

今夜放送の第8話では、竜二(渡部篤郎)の協力を得て圭太(向井)が、ついに由貴子(仲間由紀恵)を追い詰める。

“新しい人生”を手に入れるため圭太を利用してきた由貴子と、そんな自分勝手な目的のために瞳(山田杏奈)を誘拐し、心ない言葉で傷つけた由貴子に贖罪させるため由貴子を追い続けてきた圭太。

“宿敵”由貴子を竜二と手を組むことでついにおびき出し捕まえるチャンスが巡ってくる。また、圭太の目的である由貴子を告発することと、竜二の目的である長沼社長を失脚させるため帝東建設の不正の証拠を週刊誌の記者・只見(長谷川朝晴)にリークする。

一方、母親の死の真相を追うため、竜二を尾行する翼(松村北斗)。尾行先で竜二が会っていたのは菜七子だった。なぜ、菜七子は竜二と会っていたのか? そして、これまで明かされなかった菜七子の秘密が明かされる。そんな、第8話のみどころを仲里依紗に聞いた。

【写真を見る】仲里依紗演じる菜七子の頭に手をやる圭太(向井理)
(C)カンテレ

まさか最初にした回し蹴りが、また出てくるなんて

仲が演じる石川菜七子は、圭太の家の近所に住む保育士。圭太とは母親同士が友人で、幼い頃から家を行き来する兄弟のような仲。面倒見のいい性格で、保育園での評判も良い。

そんな役柄について仲は「元気が良くて、菜七子が出てくると場が明るくなるようなイメージ。菜七子のちょっとした表情や仕草に注目していただいて、あとで『あの時の表情はそうだったんだ』と答え合わせをしていただけるような楽しい役」と話す。

また、空手の黒帯ということで回し蹴りをするシーンも。 クランクインの初日からそのシーンの撮影だったことを明かし、気合が入りすぎて靴が飛んで行ったという”秘密”のエピソードもあった。

また、第8話でのみどころについて、「回し蹴りが再び出てくるところ」と話す。第2話の夜の繁華街で男性に絡まれているシーンが最初の回し蹴りのシーン。その時は瞳(山田杏奈)の秘密につながるシーンだった。

仲自身、「まさか最初にした回し蹴りが、また出てくるなんて思っていなかった」と話していたが、2回目も気合十分。今回、まさかの人物に回し蹴りを披露するという。(ザテレビジョン)

元記事で読む