1. トップ
  2. レシピ
  3. 冷たい油からじっくり揚げる!? みんな大好きポテトを丸ごと調理してみた

冷たい油からじっくり揚げる!? みんな大好きポテトを丸ごと調理してみた

  • 2020.3.2
  • 10007 views

家族みんな大好きじゃがいも。けど皮をむいて切って水にさらして、ってやるのがどうもめんどくさくて、手が出にくいんです。

【写真とイラストで見る♪】冷たい油から揚げていく…って大丈夫!?

そんな私ですが、レタスクラブ 2/25発売号を見たら、発見!

新じゃがなら、皮をむかずにまるごと調理ですぐおいしいって!!

KADOKAWA

確かに、新じゃがなら、皮が薄くて皮ごと食べられちゃうから楽チンそうだし、小粒だからそんなに切らなくてもいいし。

しかもこのレシピなんて、最高そうな匂いしかしないんですけど。

【まるごとフライドポテト】

<材料:2人分>

新じゃがいも:8〜10個(約300g)

揚げ油

・カレーソルト(塩、粗びき黒こしょう、カレー粉 各少々)

・みそマヨ(みそ、マスタード:各小さじ1/マヨネーズ:大さじ2)

・ピリ辛ケチャップ(トマトケチャップ:大さじ2/タバスコ:少々)

<作り方1>

新じゃがはよく洗い、水けを拭く。大きいものは半分に切る。

作り方を写真で見る♪
KADOKAWA

新じゃが8個、少し大きめだったので半分に切ってみました。薄い黄色がみずみずしくて美味しいそう。この水分のおかげで火の通りも早いんですね。

<作り方2>

フライパンに並べ、揚げ油を新じゃがの高さの半分くらいまで注いで弱めの中火にかける。中温(170℃〜180℃)になったら、時々転がしながら竹串がすっと通るようになるまで、10〜15分揚げる。

【写真とイラストで見る♪】冷たい油から揚げていく…って大丈夫!?
KADOKAWA

作り方を読んで、2度見しましたよね。新じゃがに、油を注いでから火にかける!?

そう、冷たい油からじっくり揚げるんだそうです。そうすることで、皮はこうばしく、中は甘い仕上がりになるそうです。知らなかったな〜!

静かなフライパンに火をかけて、はて、中温とはどれくらい?と調べてみましたら、「菜箸を入れたとき、菜箸のまわりから勢いよく泡が出る」くらいだそうです。ちなみに、少しずつ泡が出てる状態が低音、シュワシュワと細かい泡が立つのが高温だそうです。メモメモ。

菜箸をスタンバイして待っておりましたら。

KADOKAWA

あっという間に、新じゃが全体からシュワシュワの泡が!

これはもういいのでは?と転がし始めます。コロコロ。はじに寄せてわ〜っとさせて、今度は反対に寄せて、わ〜っ。新じゃがを愛でる私、ちょっと楽しいです。

KADOKAWA

10分経ったところで、竹串が見当たらなくて菜箸を刺してみつつ、すっと通るものをピックアップしてしていきました。

<作り方3>

油をよくきって器に盛り、カレーソルト、みそマヨ、ピリ辛ケチャップの材料をそれぞれ混ぜて添える。

完成したフライドポテト、このままでも美味しそう!

耐えきれず塩だけかけて揚げたてのを1つつまむと……。

KADOKAWA

うんまい!皮が薄いから口に残らず気にならずむしろパリパリで美味しい〜!中はホックホクで塩だけだけど甘味があってとろける〜!

KADOKAWA

あつあつをホフホフしながら3種の味を作っていると、早く食べたい!と家族の手が伸びてきて、あっという間になくなりそう。

子どもは塩だけでも、ケチャップだけでも十分満足げ。

夫はビール片手に3種の味を楽しんで幸せそう。贅沢!

簡単だし、残った揚げ油も汚れが少ないのでオイルポットにジャーっと入れられて楽チンでした。

これはおやつにもいいし、これからの季節、ピクニックに持っていっても最高なのかも。楽しみが増えました!

作=うだひろえ(レタスクラブニュース)

元記事で読む