1. トップ
  2. メイク
  3. 落ち着いた印象にチェンジ♡20代後半からのオフィスメイクHowTo

落ち着いた印象にチェンジ♡20代後半からのオフィスメイクHowTo

  • 2020.3.2
  • 7655 views

春からは新入社員が入社してきて、20代後半の皆さんは「また後輩が増える」という方も多いのではないでしょうか?今までは周りの先輩たちに助けられていたけれど、だんだんと頼られる立場に・・・。「どうせなら頼られる先輩になりたい!」「見た目も素敵な先輩になりたい!」今回は後輩たちから頼られるような先輩メイクを伝授します。

落ちないメイクは必須!

夕方になると干からびた肌、だんだんと姿を現してくる目の下のクマ・・・。

きれいなメイクは1日キープしたいですよね。

1日キープする為に大事なことを2つご紹介します。

スキンケアは保湿を十分に

まずは日頃のスキンケアをしっかりと行うようにしましょう。

基本的なことですが、保湿された肌は化粧ノリも良くなります。

毎日の化粧水、乳液、クリームなどのスキンケアはもちろん、週に何回かはフェイスマスクなどのスペシャルケアも効果的です。

また、小じわケアや目の下のクマなど部分ケアも若い頃からの手入れがおすすめです。

ファンデーションの厚塗りは老け顔の原因に

化粧下地は、カラーコントロールも同時にできる色付きのものがおすすめ。

肌の赤みが気になる場合はグリーン、肌に血色感を出すのにはピンクの下地が効果的です。

ファンデーションの塗り過ぎは老けた印象になるので要注意!

ファンデーションは、頬の三角ゾーンや額の中心から顔の外側に向けて広げていき、肌色が自然な色に仕上がる程度でOKです。

年を重ねるごとに気になってきたシミやクマなどは、コンシーラーでカバーするようにしましょう。

あまりツヤツヤ過ぎる肌も落ち着いた印象を感じられないかもしれません。

パウダーで乾燥しない程度に抑えましょう。

親しみやすいメイクを心がけて!

オフィスメイクでは、先ほど説明した崩れにくさの他に清潔感、ナチュラル感も大切です。

清潔感やナチュラル感を表すことで、自然と親しみやすさも醸し出てくるものです。

次はパーツごとに説明していくので参考にしてみてくださいね。

眉は顔の印象を決定づける大事なパーツ!

まずは眉メイクから。

眉は「顔の印象を8割決める」とも言われるほど大切なパーツです。

おすすめしたいのは、元の眉の形を大事にした自然なアーチ眉です。

眉の輪郭を細めのペンシルで描き、毛の間をパウダーで埋めると自然に仕上げることができます。

眉頭は淡いカラー、眉尻に向けて濃いめのカラーにしていくと引き締まり大人っぽい印象になります。

実際の眉の色との差が気になる場合は、眉マスカラのナチュラルなブラウンカラーがおすすめです。

目元はナチュラルな駆け引きメイクで♪

オフィスメイクでのアイシャドウはブラウンやベージュカラーが基本です。

濃くし過ぎないことで清潔感やナチュラルな印象になります。

アイシャドウは、2色の濃淡カラーを使用しグラデーションを作り、アイライナーはまつ毛の間を埋める程度が理想です。

それでも目元のインパクトが足りないと感じた時にはペンシルアイライナーをぼかして使用したり、マスカラをボリュームタイプのものを使用するのもおすすめ。

オフィスでのアイメイクはアイシャドウ、アイライナー、マスカラの足し算と引き算が大切です。

オフィスメイクには三角チークがおすすめ

チークはかわいさの象徴でもあった「丸チーク」は卒業しましょう!

オススメはパウダータイプのチークを使った三角チークです。

三角チークは黒目の下、小鼻より少し上の頬の高い位置からスタートし、目尻に向かってチークを入れます。

最初はチークブラシを倒すようにつけ、目尻に向かってブラシを起こすように使うと自然な三角チークに仕上げましょう。

カラーは落ち着いたローズピンクや、ベージュピンクなどの肌なじみのいいものが自然な仕上がりになります。

リップはブラシを使って立体的に

リップをつける時にはブラシを使用しましょう。

リップラインは年齢とともに少しずつぼやけていきます。

リップブラシを使用しリップラインをしっかりと描くことで唇の印象がはっきりし、大人っぽい印象になります。

カラーはベージュピンクやコーラルピンクがおすすめですが、肌に馴染み過ぎない様に少しだけ濃いカラーにすると、さらに唇に印象を持たせてくれます。

リップラインの主張が苦手という方は、リップを直塗りした後にリップブラシでラインを整えるだけでも印象を変えることができるのでおすすめです。

今回は、20代後半の落ち着いた印象になれるメイクについてご紹介しました!

20代後半になると実は求められている「落ちついた印象」。

色んな場面や場所で変化を楽しめることもメイクの醍醐味ではないでしょうか。

年齢を重ねるごとにTPOに合ったメイクは心がけていきたいものですね。

元記事で読む