1. トップ
  2. 人間椅子、初の海外ワンマンツアー開催「異国の地で客席から大合唱が起こるなんて」

人間椅子、初の海外ワンマンツアー開催「異国の地で客席から大合唱が起こるなんて」

  • 2020.3.2
  • 237 views
初の海外ワンマンツアーを開催した人間椅子
※提供写真

人間椅子の初の海外ワンマンツアーが、2月19日にドイツ・ベルリン、20日にドイツ・ボーフム、21日にイギリス・ロンドンの3日間にわたり行われた。

【写真を見る】ドイツ・ベルリン、ボーフム、イギリス・ロンドンの3日間の海外ライブを行った人間椅子

メンバーもドイツ語や英語を交えてMCをして、会場をあおる場面も見られる中、和嶋慎治の落語パフォーマンスが披露される「品川心中」では、模造紙に書かれた和嶋お手製の英語訳テロップが公開された。

そして、人間椅子の海外認知度を広げた曲でもある「無情のスキャット」では、会場につめかけた現地のファン全員で「シャバダバディバア〜」と熱唱する場面も見られた。

多くのファンが初見にもかかわらず、YouTubeなどで事前に勉強をしてきたファンが見られ、どの曲も一緒に口ずさむ姿や、ヘッドバンキングやモッシュなど、さまざまな表現方法で楽しんでいた。

そのロンドン公演の模様が、人間椅子オフィシャルYouTubeチャンネルで公開されている。

人間椅子は、3月13日(金)~22日(日)に開催されるアメリカ・テキサス州オースティンでのフェス「SXSW2020」に出演、3月29日(日)より青森・弘前Mag-Netを皮切りに、限定4公演の国内ワンマンツアー「バンド生活三十年いまだ継続中~人間椅子お礼参りツアー」を予定している。

和嶋慎治コメント

夢のような3公演でした。気合を入れて僕らも演りましたし、それ以上にお客さんの熱気がすごかったです。

異国の地で客席から大合唱が起こるなんて、感無量です。大きな一歩を踏み出せたツアーだったように思います。(ザテレビジョン)

元記事で読む