1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 気軽に収納できる環境を作る!今日から試したいランドセルのアイデア収納

気軽に収納できる環境を作る!今日から試したいランドセルのアイデア収納

  • 2020.3.2
  • 1913 views

ランドセルはお子さんが収納しやすく

新一年生を迎えるお子さんにとって、ランドセルは嬉しいモノでもあります。そんなランドセルは毎日使うものでもあるので、できることなら収納はお子さんがしやすい状態にしていきたいもの。

そこでこの記事ではお子さんが使いやすいランドセルの収納に着目し、アイデア収納などをまとめていきます。

棚上にランドセルを収納

お子さんでも気軽なランドセル収納ができる方法の一つが、収納棚の上に置くタイプ。

近年はランドセルを置けるような収納棚もあり、うまく活用することでお子さんでもランドセル収納がしやすくなります。

こちらは木目の収納棚の上にランドセルを置いて収納しており、教科書なども収納しやすいような環境になっています。

こちらは低めの収納棚にランドセルを置いて収納しています。

勉強しながらでもランドセルに手が伸ばしやすく、機能的なランドセル収納ができあがっています。

インテリア小物にもこだわって、子供部屋全体を楽しくおしゃれに彩っているのもポイントです。

ワゴンなどにランドセルを収納

キッチンワゴンなどを利用したランドセル収納もおすすめ。

キャスターがついている分移動もしやすく、お子さんの身支度がしやすくなります。

こちらは白のキッチンワゴンにランドセルや帽子などを収納し、クローゼットに収めた例です。

制服なども側に収納し、朝の支度がしやすい環境を作っています。

キッチンワゴンにランドセルを引っかけて収納。

押入れなどのスペースに収め、上段には教科書などを収納して準備がしやすいように工夫しています。

スツールに置いてランドセルを収納

こちらはベンチ式のスツールにランドセルを置いています。

ランドセルをスツールなどに置くと、お子さんでも置き場所を覚えれるのでおすすめの収納です。

ランドセル以外のアイテムも収納し、シンプルながらも使いやすい環境になっています。

こちらは丸椅子型のスツールにランドセルを置いたケース。

勉強机の側に置き場所を決めているので、次の日の準備がしやすいようになっています。

木目素材の家具などでまとめて、飽きの来ないシンプルでレトロ風な空間になっているのもいいですね。

ランドセルを棚に収納

ランドセルを見せないように収納したいなら、ロッカーのような棚などを設けて収納するのも一つ。

こちらは戸棚収納にランドセルを収納し、周辺の棚にはお子さんが使うものをまとめて整理しています。

見えない場所にランドセルを収納している分、すっきりした空間を作れるのが魅力です。

こちらはオープンラックにランドセルを収納したケース。

収納場所が分かりやすくなっているので、低学年のお子さんでも利用しやすいです。

別の棚には教科書などを収納して、準備がしやすいようになっているのもいいですね。

ランドセルを引っかけて収納

ランドセルを引っかけて収納すると、デッドスペースの有効活用にもなります。

こちらは机側にフックを設置し、ランドセルを引っかけ収納しています。

ランドセルの引っかけ収納は、中のモノを出し入れしやすいのでおすすめの収納方法です。

こちらはランドセルを椅子に引っかけたケース。

こちらも中のモノを出し入れしやすいので、お子さんにとっても使いやすい方法です。

ランドセル収納はお子さんの目線で考える

ランドセルの収納は、お住いの空間などの事情を考えつつになりますが、できるだけお子さんが片付けやすいようにするのがポイント。

周辺には教科書などの勉強道具も一緒に収納できるようにすると、お子さんが使いやすい環境になりやすいです。

ぜひお子さんと相談しながら、機能的なランドセル収納を目指していきましょう。

元記事で読む