1. トップ
  2. ファッション
  3. エルメス 2020年秋冬コレクション - “エレガンスの森”に現れた美しき装い

エルメス 2020年秋冬コレクション - “エレガンスの森”に現れた美しき装い

  • 2020.3.2
  • 442 views

エルメス 2020年秋冬コレクション - “エレガンスの森”に現れた美しき装い

エルメス(HERMÈS) 2020年秋冬コレクションが、2020年2月29日(土)にフランス・パリで発表された。

undefined
www.fashion-press.net

ジャンピングポールの森

“馬具”をルーツに持つメゾンのショー会場に現れたのは、馬術競技で使用される無数のジャンピングポール。従来は横に設置されるそのポールだが、今回は一本の”木”に見立て、美しきエルメスの森をクリエイト。この森の中を横断するようにして現れたモデル達は、ジャンピングポール同様、白を基調に、イエロー、グリーン、レッド、ブルーといったカラーをアクセントにしたワードローブを披露してくれた。

首元にポイントをおいたスタイリング

会場の演出と連動して“ジャンピング”を1つのテーマとして掲げた今季は、スタイリングの中にもポロシャツのような襟付き、もしくは立ち上がり襟を取り入れているのが特徴。アビエイタージャケットやサルトリアルジャケット、スタジャン、キルティングコートといった豊富な襟付きのアウター群には、さらにタートルネックやポロシャツを差し込み、首元にポイントをおいた着こなしを提案している。

タートルネック×アクセサリー

タートルネックのセーターには、この首元に注目した新たなディテールも取り入れて。スリットを入れることで出来たホールには、スカーフやレザーのチョーカーを差し込み、プレーンな表情のセーターに女性らしいエレガンスをプラスさせている。

ジャンピングポールをモチーフに

今季のシンボル“ジャンピングポール”のモチーフは、ブラウスや繊細なプリーツスカートに姿を変えて登場。また同色によって構成されたカラーブロックのニットウェアは、真っ白なハイウエストのワイドパンツと組み合わせることで、そのアイキャッチな表情を引き立てている。

職人の手仕事が光るワードローブ

一連のコレクションから感じるのは、ワードローブに潜むメゾンならではのクラフツマンシップだ。ラムやシープスキンといった最上質のレザーを使用したジャケットは、ドレープを描くほどしっとりと滑らか。またそのディテールにもこだわり、ニット×シルク、ニット×レザーといった縫合の難しい素材同士を交互に組み合わせたプリーツスカートが、さらなるエレガンスへと導いていく。

新作リップでメイクアップ

なおコレクションの中では、エルメスのビューティラインのデビュー作〈ルージュ・エルメス〉を纏ったモデルが多数登場。これらのリップは、2020年3月4日(水)に35の国と地域の一部のエルメスブティックを中心に発売される。

元記事で読む