1. トップ
  2. SAKURAIは意外な“キャラコント師”としての一面を、ムラムラタムラは小峠の頭を舐める!

SAKURAIは意外な“キャラコント師”としての一面を、ムラムラタムラは小峠の頭を舐める!

  • 2020.3.2
  • 178 views
“有ジェネ”発のピン芸人・SAKURAI&ムラムラタムラを掘り下げる!
(C)TBS

3月2日(月)放送の「有田ジェネレーション」(夜0:58-1:28、TBS系)では、緊急企画!「いま売れかけてるSAKURAI&ムラムラタムラのことをもっと知ってみよう!」と題して、“有ジェネ”発のピン芸人・SAKURAIとムラムラタムラをフィーチャーした企画を展開する。

【写真を見る】ムラムラタムラにタジタジの桐野安生

同番組は、有田哲平がMCを務め、他のお笑い番組にはない爆発的なネタや、まだ世に知られていない芸人をいち早くキャッチし、新たなお笑いスターの発掘を目指す深夜バラエティー。

番組内のオーディションで合格した若手芸人たち、通称“有ジェネファミリー”が、バイきんぐ・小峠英二による進行のもと、ライバル芸人と熱いネタバトルを繰り広げる。

番組では、ピン芸人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり2020」(3月8日(日)夜7:00、フジテレビ系)の決勝進出を決めているSAKURAI と、「もっこりからのりーもこちゃん」という謎のフレーズをひたすら連発するという驚がくのネタで、お笑い界を震撼させているピン芸人・ムラムラタムラという“有ジェネ”が発掘した2人にスポットを当て、彼らの“生態”を明らかにする。

SAKURAIは、幼少時代の超極貧生活で味わった苦渋のエピソードを語るとともに、「R-1ぐらんぷり」決勝進出を決めたギターネタだけではなく、意外な“キャラコント師”としての一面を明かす。

また、ムラムラタムラは、登場するやいなや「もっこりからのりーもこちゃん」を連発し、今回の企画進行をする桐野安生を困惑させる。

さらに、ムラムラタムラの勢いは止むことなくMC席に乱入。小峠の頭を舐めるという暴挙に出てしまい、企画自体を揺るがす前代未聞の結末が訪れる。

そんな中で、先日、一般女性との結婚を発表したジェラードン・にしもとが有田に結婚したことを生報告するも、そこにもムラムラタムラが乱入する。(ザテレビジョン)

元記事で読む