1. トップ
  2. 1970年の公開から50年、映画「ひまわり」、HDレストア版で上映決定

1970年の公開から50年、映画「ひまわり」、HDレストア版で上映決定

  • 2020.3.2
  • 235 views
「50周年HDレストア版」として公開される映画「ひまわり」
(C)1970–COMPAGNIA CINEMATOGRAFICA CHAMPION(IT)–FILMS CONCORDIA(FR)–SURF FILM SRL,ALL RIGHTS RESERVED.

イタリアを代表する俳優のソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニが競演し、日本でもヒットを記録した映画「ひまわり」が、2020年に公開50周年を迎えるのを記念し、「ひまわり 50周年HDレストア版」として、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町をはじめとして、5月1日(金)より全国順次公開されることが決定した。

【写真を見る】1979年に公開された「地獄の黙示録」はデジタルリマスターされ期間限定で上映

1970年、ハリウッド大作がひしめくなかで公開された本作は、当時イタリア映画としては異例にヒットし、1070年の日本洋画興行ランキングで5位を記録した。それ以来、何度も劇場公開され、映画ファンの心をつかんできた。

イタリア本国でもオリジナルネガが消失しており、ポジフィルムしか存在しない本作は、2011年、2015年に続き、今回3回目の修復を日本で行い、現時点で世界最高の状態となってスクリーンに帰ってくる。

本作品は、ネオ・レアリズモの名匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督が、たがいに思いながらも、戦争によって引きさかれた夫婦の姿を、ヘンリー・マンシーニによるテーマ曲に乗せて描き出す、悲しき愛の物語だ。

また、本作の公開を記念して、映画秘話はもちろん、クリント・イーストウッドやウディ・アレン、マイク・リー、ケン・ローチなどの監督たちが出演している、ヴィットリオ監督のすべてを描いたドキュメンタリー映画「ヴィットリオ・D」(日本未公開)の本編DVDを、劇場入場者先着1000名にプレゼントすることも発表された。

STORY

第二次世界大戦下のイタリア。ジョバンナ(ソフィア・ローレン)とアントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)は、美しいナポリの海岸で恋におち、結婚する。

その後、アントニオは厳しいソ連の最前線に送られ行方不明になってしまうが、ジョバンナは何年経っても戻らない夫のことを、生きていると信じて疑わない。

終戦後、手がかりもないままアントニオを探しに単身ソ連へ渡るジョバンナ。

しかし、広大なひまわり畑の果てに待っていたのは、少女のように可れんなロシア人女性マーシャ(リュドミラ・サベーリエワ)と結婚し、子供にも恵まれた幸せなアントニオの姿だった。

すべてを察したジョバンナは、よろめく足どりのまま、ひとりイタリアへ帰る。心にぽっかり穴が空いてしまった日々を送るジョバンナ。

そんな時、突然アントニオが彼女の元を訪れる。心揺れ動くなか、彼女は運命の決断を下す……。(ザテレビジョン)

元記事で読む