1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. すぐに実践できる! 貯蓄上手に聞いた「無理なく節約する方法」3つ

すぐに実践できる! 貯蓄上手に聞いた「無理なく節約する方法」3つ

  • 2020.3.2
  • 2902 views

貯金って難しいですよね。いくら働いてもなかなかお金が貯まらないことに悩んでいる女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ過度な節約は長く続きませんし、節約ばかりの生活ではストレスが溜まります。どうにかストレスなく貯金をすることはできないものでしょうか。
というわけで今回は、貯蓄上手な女性に聞いた「無理なくお金を貯めるためのポイント」をご紹介します。

家計簿をつける

「まずは自分が何にお金を使っているのか、果たしてそれは適正な金額なのかどうかを把握するところから始めなければ、貯金なんてできるはずがありません」(30歳/経理/女性)

▽ 記録をつけ続けるのが難しそうと感じるなら、レコーディングダイエットのように細かくつける必要はありません。大雑把でもかまわないので、まずは自分の収入に対しての支出額とその内訳を記録することから始めてみてください。お金の流れをしっかりと把握することが節約への第一歩なのです。

クレジットカードは厳選して

「固定費を支払う用のクレジットカードと、普段使い用のクレジットカードのみ所持しています。何枚も持っていると使いすぎる心配があるし、ポイントも貯まりにくくて損な気がするので。
実際、クレジットカードを整理したらポイントが貯まりやすくなりましたし、無駄使いも減りましたよ」(32歳/フリーランス/女性)

▽ 家賃や光熱費などの固定費はクレジットカードでの支払いがおすすめです。だって、必ず支払わなければならないものならば、クレジットカードで支払ってポイントをもらったほうが賢いと思いませんか?
それとは別に、使い勝手の良いクレジットカードを普段使い用として1枚用意しておけば、不自由さを感じることはないはずです。

お財布は“ふたつ持ち”

「ランチ代やその他の必要経費を入れたお財布と、娯楽費を入れたお財布を月初めに用意しています。目的に応じてお財布を持ち分けるだけなので、そこまで苦にならずに節約することができます」(35歳/販売/女性)

▽ やり方はいたって簡単。あらかじめ設定した金額をそれぞれのお財布に入れ、それだけで足りるように逆算しながら使っていくだけです。お金を慎重に使う癖もつくので、浪費癖がある人にはなかなか良い方法かもしれません。

まとめ

人並みにお給料をいただいているのに全く貯金ができない(お金が足りない)というのなら、それは日頃のちょっとした油断が原因かもしれません。
通勤の途中にコンビニで衝動買いをし、行きつけのショッピングモールがセールをすれば嬉々として出向き、暇つぶしにネットショッピングをする……。そのような状態では、お金を稼いだところですぐに足りなくなってしまいます。
「大きな買い物はしていないのにお金がない! なんで?」と疑問に思っているのなら、いま一度自分の生活スタイルに油断がないかどうか思い返してみてはいかがでしょうか?

元記事で読む