1. トップ
  2. “3児の母グラドル”熊田曜子が明かすグラビア界の現状

“3児の母グラドル”熊田曜子が明かすグラビア界の現状

  • 2020.3.1
  • 76 views
熊田曜子が「グータンヌーボ2」にゲスト出演
2017年3月ザテレビジョン撮影

2月25日深夜に放送された「グータンヌーボ2(ヌーボヌーボ)」(カンテレ)に、倖田來未、熊田曜子がゲスト出演。長谷川京子とガールズトークを繰り広げる中で、長年グラビアの第一線で活躍してきた熊田が、グラビア界の現状について言及する場面があった。

【写真を見る】今なおグラビアで活躍中の熊田曜子がミニスカサンタ姿を披露

現在3児の母親という熊田だが、いまなおグラビア方面でも活躍中。夫の様子について熊田は「主人と話し合った時に、『そろそろどうする?もう辞めるかな?』って話になった時に、『私はこういう思いでやっているからグラビアを続けたい』っていうふうに言ったら、『じゃあ、今までと同じ露出度だったらいいんじゃない?』って言ってくれて」と告白。

そんな熊田は、グラビアを始めたきっかけについて「好きな男の子が小学生の時に立ち読みしてて、『プレイボーイ』で。そしたら横たわってるお姉さんがいて、あの子が好きな子はあんな人だから、あんな人になりたいと思って。

それ以来、“かわいい・きれい・セクシーな人”が大好きなんですよ。中学生の時に買ってたものも、アイドルの写真集とか。その時からカメラマンの名前とか見てたんで、その人に今撮ってもらえるうれしさはすごいある」と意外な一面をのぞかせた。

グラビア界の現状

さらに熊田は、現在のグラビア界の現状について「今の子は自分がどうやったらかわいく写るかが分かってるんで、グラビアの醍醐味(だいごみ)ってたぶん、本当にその辺の子が水着になって、そこからファン心理として“育てたい”というのがないとダメな気がして。今みんなかわいいから出てきてるんですよね。

私がデビューした頃は、モーニング娘。さんとかが一世を風靡(ふうび)してて、アイドルは水着にならなかったんですよ。

でも今AKB48の子、水着も下着もやるので、グラビアだけで頑張る子はちょっと難しいかもしれないですね」と持論を展開していた。

ネット上では「熊田曜子の今のグラビアに対する意見はさすがですね」「信じられないスタイル 努力の賜物」「あの美しさで37歳3児の母とは」と大きな注目を集めていた。

次回の「グータンヌーボ2」は3月3日(火)深夜放送。満島真之介が、日高光啓(AAA)、兼近大樹(EXIT)とロケに出掛ける予定。(ザテレビジョン)

元記事で読む