1. トップ
  2. 恋愛
  3. 彼からの「好き」が聞きたい!彼氏が「好き」と言いやすい5つのシチュエーション

彼からの「好き」が聞きたい!彼氏が「好き」と言いやすい5つのシチュエーション

  • 2020.2.27
  • 1175 views

「最近彼が好きって言ってくれない」と悩んでいませんか?彼のことが好きでも、彼が「好き」と言ってくれないと不安ですよね。今回は、彼が「好き」と言いやすいシチュエーションについてお話します。

1. 記念日や誕生日にサプライズをされたとき

奥手な彼や、あまり愛情表現をしない彼の場合は「好き」という言葉をなかなか表せないことが多いです。そんな彼の場合は、記念日や誕生日にサプライズを計画して、彼から「好き」と言ってもらいましょう。サプライズをすることで、いつも以上に彼を喜ばせることができたり、「これからも一緒にいたい」という想いから「好き」という言葉をもらえるかもしれません。

2. キス中など甘い雰囲気のとき

甘い場面にならないと愛情表現をするのが恥ずかしいと思ってしまう人もいます。彼からキスをされたり、自分からキスをしたときに、「好き」という言葉を伝えましょう。自分から「好き」という言葉を伝えるのが恥ずかしいと思う彼の場合、彼女から「好き」と言われたときになら気持ちを伝えやすいので効果的ですよ。

3. お酒を飲んでいるとき

奥手な彼や、自分から愛情表現をするのが苦手な彼の場合は、お酒を飲んでいるタイミングなら「好き」と言ってくれることが多いです。「好き」という言葉を伝えるのがいつもなら恥ずかしくても、お酒の力を借りれば伝えられる人もいます。いつも行かないようなおしゃれなバーに行ったときなど、甘い雰囲気も作り出せるとより「好き」と言われる確率が上がりますよ。

4. 日常生活で軽く「好き」を伝えられたとき

甘い場面にならないと「好き」と言えない人もいれば、甘い場面だと逆に「好き」というのが恥ずかしいと思う人もいます。フランクな「好き」を好む彼の場合は、日常生活など何でもない場面で明るく笑顔で彼女から「好き」と言われると、彼も流れに乗って「好き」と言ってくれるかもしれません。またフランクな「好き」は可愛らしい印象を持たれるので、気持ちを伝えるのが苦手な彼女の場合でも気楽に実践できるのでおすすめですよ。

5. 不安な気持ちを伝えられたとき

自分の仕事など自分の事に精一杯な彼や、気持ちを察するのが苦手な彼の場合、彼女が不安だと思っていることが伝わっていない可能性があります。そんな彼の場合は、素直に不安な気持ちを彼に伝えてみましょう。謙虚な姿勢で不安な気持ちを話すと「もっと彼女との時間を大切にしないと」と思ってくれます。また、不安な気持ちを正直に伝えることで自分の心のモヤモヤも晴れて楽になれますよ。

彼の性格によってシチュエーションを変えてみよう

彼に「好き」と言わせるシチュエーションについてお話ししましたが、大事なのは彼がどういう人かということです。奥手な彼や甘い場面が苦手な彼、自分の事で精一杯になってしまう彼などいろんな人がいます。自分の彼に合わせて「好き」と言われるシチュエーションを作って、彼からの気持ちを聞き出してみてくださいね。

元記事で読む