1. トップ
  2. 本郷奏多、ドラマ「56年目の失恋」で中条あやみと時空を超えたラブストーリーに挑む!

本郷奏多、ドラマ「56年目の失恋」で中条あやみと時空を超えたラブストーリーに挑む!

  • 2020.2.27
  • 664 views
「56年目の失恋」で時空を超えたラブストーリーを演じる中条あやみ&本郷奏多
提供写真

俳優の本郷奏多が、特集ドラマ「56年目の失恋」(2020年7月以降放送、BSプレミアム)に出演する。演じるのは、東京オリンピックに沸く1964年の東京に生きる西洋料理のコック・菊池隆一。2020年の世界から56年の時を超えてやってきた若き料理人・中川沙織(中条あやみ)と恋に落ちる役柄に、本郷は「オリンピックイヤーを盛り上げる作品になると思います」と意気込む。

【写真を見る】大河ドラマ「麒麟がくる」では若き関白を演じる本郷奏多

主演作続々、注目の俳優・本郷奏多

ドラマ「56年目の失恋」は1話完結で、東京を舞台に1964年と2020年という2つの時代を生きる男女が56年の時を超えて出会うラブストーリー。時を超えた男女の出会いを通じて、56年の間に日本人が得たもの、失ったものを浮かび上がらせるとともに、普遍的な価値観や愛の本質を問いかける。

2度目の東京オリンピックに沸く2020年東京から始まり、やはり東京オリンピックに沸いていた1964年へとタイムスリップする本作。脚本・演出はNHKエンタープライズの戸田幸宏が務める。

1964年に生きた若きコック・菊池を演じる本郷は、昨年連続ドラマ「あおざくら 防衛大学校物語」(MBSほか)に主演。今後は舞台版「あおざくら 防衛大学校物語」への主演も控える。

また、2020年リリース予定の日本初の実写ムービーゲーム「Death Come True」に主演するほか、映画「戦国ガールと剣道ボーイ」(2020年秋公開)でも主演を務める。先日は、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に若き関白・近衛前久役で出演することも発表されたばかり。人気、実力を兼ね備えた注目俳優だ。

「56年目の失恋」への出演に際し、「非常に面白い脚本で、とても引き込まれる内容でした。僕自身も料理が好きなので楽しんで演じられたらと思います。オリンピックイヤーを盛り上げる作品になると思いますので是非楽しみにしていてください」と意気込む。

また、タイムスリップして菊池と恋に落ちる現代の若き料理人・沙織役の中条は「料理人という初めて挑戦する役柄に不安な気持ちもありますが、食を通してつながる人の気持ちや想いを学びながら、撮影に挑もうと思っています。沙織に起きる不思議な出会いをリアルに、楽しく演じたいと思います」と抱負を語る。

撮影は3月上旬から東京近郊でスタートする。2人が演じる2つの時代と2つのオリンピックをつなぐラブストーリーに注目だ。

「56年目の失恋」あらすじ

2度目の東京オリンピックに沸く2020年、東京。フランス料理のコンテストで優勝経験もある21歳の沙織(中条)は、一流レストランに入ったものの、自身の料理が評価されず皿洗いばかりの日々に自信と情熱を失いつつあった。そんなとき、突如1964年の東京にタイムスリップしてしまう。

そこで26歳のコック・菊池(本郷)と出会い、その下で修業することに。食材も限られ、十分な調理器具もない時代に、ひたむきに料理に挑んでいく菊池。その姿を間近に見ながら、沙織はしだいに、料理にとって本当に大切なものは何か、そして料理人として自分には何が足りないかに気づいていく。

いつしか沙織は料理人としての尊敬を越えて、菊池に恋心を抱く。しかし、ある事件がきっかけで、突然沙織は再び2020年に戻ってしまう。すべては夢だったのか?そして、再びの東京オリンピックが開幕した56年後の世界で、沙織の恋は突然、終わりを迎える――。(ザテレビジョン)

元記事で読む