1. トップ
  2. 恋愛
  3. そろそろ別れの危機!?絶対に見逃してはいけないカップルの危険信号4つ

そろそろ別れの危機!?絶対に見逃してはいけないカップルの危険信号4つ

  • 2020.2.27
  • 13386 views

最近、彼とすれ違ってばかり……。お互いに話し合おうともせずに無理やりデートを楽しんでいる状況。本当は心のどこかで「危ないかも」と思っているのに、話し合いを避けていませんか?もしかしたら、すでに危険信号がでている可能性もあります。ちゃんと話し合えば、今ならまだ間に合うかもしれません。今回は、絶対に見逃してはいけないカップルの危険信号をご紹介します。

せっかく会ってもお互いにスマホを触ってばかり

彼と会っていても、お互いにスマートフォンを触ってばかりいませんか?

いわゆる「会話を放棄する」は、かなり危ない状態でしょう。

それぞれ何をしているのかは分かりませんが、ずっと別々のゲームをするくらいなら二人で会っている意味がありません。

彼氏・彼女が目の前にいるのに、他の人とのLINEに夢中になるなんて時間の無駄!

そこまでお互いの存在を無視してまで会う必要がないのでは?

お互いがちゃんと向き合っていれば、自然に会話を楽しもうとするはず。

ところがそれぞれで相手に対しモヤモヤしているし、でも話し合いたくないから、その結果としてスマートフォンに逃げてしまっているのでしょう。

何か彼と話し合いたいことがあるなら、そろそろしっかり向き合わないと!

会う頻度が大幅に減った

そもそも彼と会う頻度が大幅に減っているなら、それはかなり危険な状態です。

彼に会う時間がないほど忙しいわけでもないし、会おうと思えば会える……。

けれど、なぜか彼に会いたいとも思えずに彼も彼で他の予定を優先する。

お互いにこのままでは関係性が崩れると分かっていながらも、無視しているのかもしれません。

しかし一度でもちゃんと向き合わない限り、今の状況が続くだけ。

お互いに別れる覚悟もできなければ、前に進もうとする努力もしない状態になってしまっているのかも。

中途半端な状態は、いつかメンタルの不調に繋がります。

何か違和感を覚えるなら、そのかたまりが小さいうちに解消しておきませんか?

忙しさを言い訳に旅行をしなくなった

安定的なカップルは、おそらく時間をみつけて旅に行くことも多いはず。

非日常の空間で、ふたり一緒にゆっくりすることでストレス解消にも繋がります。

しかし関係性が不安定になると、ふたりで旅行をしようとはなりません。

「旅行に行きたいね!」とどちらかが提案しても、話がまとまらずに何となくデートをしているだけ。

お互いに「忙しいし仕方がないよね」と言いながらも、本当は旅行に行けるタイミングはいくらでもあるはず。

一緒にいることを避けはじめているなら、それは想像以上に危険な状態と考えて良いでしょう。

デートしても写真を撮らなくなった

筆者の経験も含め、周りの話を聞いていると、別れる直前の時期はふたりで写真を撮らなくなったと話す人が非常に多い印象です。

別れるかどうかの話し合いが続いている状態で、何より相手への愛情が薄れているため、ツーショットを撮ろうという気持ちにはならないのでしょう。

デートは何度もしているはずなのに写真を撮る気分になれないというのは、それだけ相手との関係性に納得できていない証拠でもあるのかも。

スマートフォンのカメラ(アルバム)をチェックしたときに「あれ?最近、写真撮っていない!」と感じるなら、ちょっと危ないかもしれません。


何より注意すべきポイントは、すでに危険信号がいくつも出ているということ。

そして決して相手を無視はせず、ちゃんと向き合うことが大事です。

お互いに解決すべき課題を無視していたら、状況はどんどん悪くなるばかり。

まずは予定を合わせて、話し合いをはじめてみてはいかがでしょう?

元記事で読む