1. トップ
  2. 南沙良&清原翔が4人組バンド・sumika初のショートフィルムに出演!

南沙良&清原翔が4人組バンド・sumika初のショートフィルムに出演!

  • 2020.2.26
  • 136 views
南沙良と清原翔がショートフィルムに出演!
KADOKAWA

【写真を見る】真面目で献身的な少女・リコを演じる南沙良…美しい寝顔

南沙良が、4人組バンド・sumikaの新曲「エンドロール」を起用したショートフィルムに、清原翔と出演することが決定。2人のコメントも到着した。

本作は、南演じる真面目で献身的なリコと、清原演じる、かなうはずもない夢を追い続けているユウトの恋愛ストーリー。

画家を目指して海外に留学したいという気持ちがあるものの、現実はバイトで得られるわずかなお金だけで生活するユウトの夢を支えようと、リコは不在の彼の家に通い、掃除や洗濯、夜食などを用意する。

しかし、2人の口からは未来が語られることなく、互いの時間は徐々にすれ違っていく。

彼を一生懸命支えるリコだが、同時に心もすれ違い、終わりを意味するものであると気づいていく。そんな時、2人の人生を決定づける大きな転機が訪れる。

sumika・片岡健太「2人に感謝です」

ショートフィルム「エンドロール」より
KADOKAWA

本楽曲の作詞・作曲を担当したsumikaの片岡健太(Vo./Gt)は、「ストーリーを作り、映像をイメージして、その映像に合う音楽を作る。言わば架空の映画の主題歌を作るようにして書いた『エンドロール』は、南さんと清原さんに出会えなかったら、世に出ることはありませんでした。架空を現実に。さらには想像以上にまで連れて行ってくれた2人に感謝です」と、曲に込めた思いを語る。

曲があって詞ができるという手法ではなく、シナリオを書くように書いたという楽曲で、南と清原の“別れ”を考えさせる瞬間が描かれている。

ショートフィルムのティザー映像は、2月26日(水)17:00より「sumika OFFICIAL WEBSITE」で公開。約10分に及ぶショートフィルムは、近日公開予定だ。

そして、新曲「エンドロール」を収録した新作「Harmonize e.p」は、3月4日(水)に発売。3月からはバンド史上最大規模となる全国10都市13公演のアリーナツアー「sumika Arena Tour 2020 -Daily’s Lamp-」も開催される。

南沙良コメント

ショートフィルム「エンドロール」より
KADOKAWA

普段からsumikaさんの曲に励まされることが多かったので、お話をいただいたときはすごく嬉しかったです。

「エンドロール」を初めて耳にした時は、純粋につづられた歌詞とメロディーから拡がる情景が頭の中にすっと溶け込み、さらに撮影が楽しみに思えました。

清原翔さんも、温かくて柔らかい雰囲気があり、終始心地良い空間の中でお芝居することができました。sumikaの片岡さんと荒井さんも、撮影現場に駆けつけてくださって、私にとってすごいサプライズでした(笑)。

優しいメロディーと重なり、誰かのどんな思いにも寄り添えるような、鮮明に記憶に残る映像で、私もsumikaさんの世界観を大切に、丁寧に演じさせていただきましたので、皆さまの大切な誰かに届きますように。

清原翔コメント

ショートフィルム「エンドロール」より
KADOKAWA

初めて「エンドロール」を聴かせていただいた時、歌詞が、僕自身は経験をまだしていないのに共感できる部分がすごくあって、メロディーにも引き込まれる魅力を感じ、ぜひ、出たい!と思いました。

今回のMVは、付き合ってる男女の葛藤が描かれてると思います。僕と南沙良さんの演じる2人がどのようになっていくのか。丁寧に演じましたので見届けていただけたら嬉しいです。

南沙良さんとは初めましてだったのですが、とてもきれいな雰囲気を持った方だなと思いました。今回のsumikaさんの楽曲にぴったりだと感じました。たくさんの方に見て、聴いていただけたら嬉しいです。 (ザテレビジョン)

元記事で読む