1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おしゃれな部屋には必ずある!?絶対かわいい多肉植物はコレ

おしゃれな部屋には必ずある!?絶対かわいい多肉植物はコレ

  • 2020.2.25
  • 1846 views

植物好きはもちろん、インテリア好きにも人気の多肉植物。おしゃれな鉢と組み合わせたり、寄せ植えにしたりすると、さらにその魅力がアップ。そこで今回注目したのが、センスのいい寄せ植えや、鉢などを購入できる、多肉植物専門の通販「solxsol(ソルバイソル)」。その魅力をご紹介します。

かわいくて育てやすい多肉植物のある暮らし

「solxsol(ソルバイソル)」は店主の松山美紗さんが「タニクとにっこり」をモットーに、立ち上げた多肉植物を専門に扱う通販サイト。郊外にある温室で自ら育てた多肉植物を販売しています。

小さい頃から植物で遊んだり、草を植えて遊んだりしていたという松山さん。将来は花屋になると決めていたのですが、ある時、多肉植物に出会いすっかりその魅力の虜になってしまったのだそう。その素晴らしさ、こんなに可愛い植物があるということを、もっと多くの人に知って欲しいという思いから同ショップを立ち上げました。

そんな植物好きの松山さんですが、20代の頃に何度も植物を枯らしてしまった経験があるそう。「若かった私には植物を育てるのは難しかったんです。でも、多肉植物だけは元気に育ってくれました。多肉植物の魅力は、何と言っても育てやすく強いところ。そして形や色など造形的な美しさは、他の植物の比ではないと思うんです。たくさん種類がありますからコレクションするのも楽しく、いくつあっても飽きることがありません」と、多肉植物の魅力を語ってくれました。

その思いが詰まったsolxsolの多肉植物はどれも魅力的。アート作品のような寄せ植えや、ひとつ置くだけで部屋のいいアクセントになる大きめのサボテン、さらに多肉植物にぴったりのセンスのいい鉢などを購入することができます。

インテリアのアクセントにも、ギフトにも最適なsolxsolの商品

solxsolでは、すでに鉢に植えられた多肉植物のほか、自分で寄せ植えを楽しむキットや、鉢、ギフト向けの商品などを扱っています。その中からいくつかおすすめをご紹介します。

まるでカップケーキのような「多肉植物寄せ植え×Jerry cup」

多肉植物というと暑い国の植物なので一年中同じ状態というイメージがありますが、実は紅葉します。写真は、ちょうど紅葉の季節に赤く色づいたものを使った寄せ植え。なんと鉢はゼリーの型を利用しています。まるでケーキのようなかわいらしさ。時期によっては目にあざかやかな緑だけの寄せ植えとなることもあるそうですから、季節によってどんな寄せ植えが届くのか楽しみですね。このシリーズは値段も手ごろなので、初心者にもぴったり。ギフトにしても喜ばれそうですね。

多肉植物寄せ植え× Jerry cup 1,100円(税込)送料別

整列した姿が楽しそうな「多肉植物寄せ植え×sweets」

ステンレスの鉢にいろいろな種類の多肉植物を合わせた大人気の寄せ植え。多肉植物ならではの色と形がなんともかわいらしく、見ているだけで楽しくなりますね。横長なので窓辺に置くのにぴったりです。サイズはSとMがあります(写真はSサイズ)。

多肉植物寄せ植え×sweetsSサイズ3,630円(税込) Mサイズ5,830円(税込)送料別

自分で寄せ植えが楽しめる「キット」

「ミニサボテンの寄せ植えキット」は、必要なものが全部セットになっているので、初心者でも簡単に寄せ植えができます。solxsolのサイトに掲載されている、寄せ植えをする際のコツや育て方などを参考にしてトライしてみましょう。自分で植えれば愛着もひとしおです。

ミニサボテンの寄せ植えキット 2,200円(税込)送料別

海外のアンティークものなど、センスが光る植木鉢も

同じ植物でも植える鉢を変えるだけで全く雰囲気が違って見えます。solxsolではアンティークの鉢、陶芸家 渡邉由紀さんの鉢、solxsolセレクトのものの、3種類の鉢を販売。中にはイギリス製のアンティークジャーやホーローのマグカップなど、鉢として作られたのではないものもありますが、solxsolのオリジナル土は保水性と通気性があるので、底に穴があいていなくても大丈夫なのだそう。特にアンティークの器には「今の器にはない温かみや素朴さ、長い年月を経た重みのある存在感がある」と松山さん。そんな魅力にひかれてコレクションをはじめたという、とっておきの鉢の中から、自分だけの1点を見つけてみてください。

ミニサイズの鉢植えをプレゼントして幸せのおすそ分けを

多肉植物を上手に育てるには「光が足りているか。それにつきます」と松山さん。「多肉植物は太陽が降り注ぎ、雨があまり降らない過酷な状況で生きていくために進化していった植物です。ですから多肉植物を育てるには、とにかく太陽の光が大切です。とはいえ真夏の日本は湿度がとても高く、乾燥地帯出身の多肉植物には辛い時期です。この時期は水やりは控え目にして、風通しがよく、涼しい場所を探して置いてあげてください」とのこと。さらに詳しい育て方を知りたい方は、solxsolのサイトをチェックしてみてください。

多肉植物はとにかくかわいく、見ているだけで幸せな気持ちになります。自分の部屋で楽しむのもいいですが、ギフトにして、その幸せな気持ちをおすそ分けしてみてはどうでしょう?solxsolでは、結婚披露宴の引き出物や、ちょっとした贈り物にぴったりの小さな鉢植えも扱っているので、センスのいいプレゼントを探している人にはおすすめです。多肉植物のある幸せな暮らしをはじめてみませんか。

writer / カオリーヌ

取材協力

solxsol
https://www.solxsol.com/

元記事で読む