1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【衝撃の実態】新社会人 「1週間に1度も掃除をしない」が半数以上!?

【衝撃の実態】新社会人 「1週間に1度も掃除をしない」が半数以上!?

  • 2015.4.12
  • 1280 views

自分の部屋の散らかり具合はその時の精神状態と比例すると聞いたことがあります。つまり部屋が散らかっている人は、仕事やプライベートが忙しく、いま掃除をする余裕がないということですね。

私はといいますと……若干、余裕がないようです。

さて、そんな精神の余裕を表しているかもしれない掃除についてですが、この4月いちばん余裕がないであろう新社会人のお部屋はどうなのか!

株式会社ダスキンが行った「新社会人とその他の社会人の掃除についての調査」から、驚きの実態が見えてきました。

■新社会人の部屋は……〇部屋!?

まず、どのくらいの頻度で掃除をするか聞いてみました。

新社会人

・1週間に1回程度……25%

・1か月に1回程度……23%

・2週間に1回程度……17%

・1週間に2~4回程度……15%

・ほぼ毎日……6%

社会人

・1週間に1回程度……32%

・1週間に2~4回程度……28%

・ほぼ毎日……16%

・2週間に1回程度……10%

・1か月に1回程度……10%

グラフの赤線で囲んでいる項目をご覧ください。新社会人は1週間に1回も掃除をしない人が54%なのに対して、その他の社会人は、76%と8割近くの人が1週間に1回以上は掃除しています。

また、新社会人の23%が「1か月に1回程度」と答えた一方、その他の社会人で1か月に1回程度しか掃除しないのは10%と少数派です。

つまり、新社会人の部屋はその他の社会人と比べて汚い!

きっと慣れない仕事や人間関係……学生時代には無かったストレスなどで掃除をする余裕がないのでしょう。私もそうでした。あの頃は思い出したくありません。

とはいえ、頻度の差はあれど新社会人も掃除はします。では、掃除の仕方はどうなのか。次はそのあたりをクローズアップ!

■新社会人の掃除は

掃除をする前に、先に手順を考えるか、とにかく始めるか、と質問すると以下のような結果となりました。

新社会人は全体の60%が「手の届く場所から取りかかる」と答えたのに対し、その他の社会人は「まず手順を考える」という人が、全体の56%と過半数以上を占める結果に!

ふむふむ! 新社会人はとりあえず掃除を始める傾向にあるのと比べて、社会経験の長い人のほうが、より効率的に掃除をしようとしている姿勢が感じられます!

私もリビングの整頓→水回り→最後に掃除機、とお決まりのコースでやると決めています。

ただでさえめんどくさい掃除だからこそ、効率的に、そして早く終わらせたいものです。

効率に関連して、最後に、掃除にかける「時間」について聞いてみました。

1回の掃除にかける時間は、次のとおりの結果に!

新社会人

・10分~30分未満……29%

・30分~1時間未満……28%

・5分~10分未満……23%

・1時間以上……15%

・5分未満……5%

その他の社会人

・10分~30分未満……46%

・5分~10分未満……30%

・30分~1時間未満……16%

・1時間以上……4%

・5分未満……4%

5分未満で済む掃除ってなんだろうと思ってしまいましたが、それは置いておいて、再び赤枠部分にご注目ください。

新社会人は全体の43%が30分以上掃除をすると答えていますが、その他の社会人で30分以上掃除をするのは、全体の20%と社会人の半分以下!


新社会人のほうが掃除に時間をかけているということが分かりますね。

掃除の手順やかける時間からは、仕事をすることによって身に付く集中力や、計画性などが関係しているのではないかと思います。

この春、新生活を迎えた皆さん! きっと慣れない日々に疲れる毎日だとは思いますが、部屋をきれいに保つことによって生まれる心の余裕もあると思います。どうぞ、お掃除は定期的に。 (みつ子)

情報提供元:株式会社ダスキン http://www.duskin.co.jp/