1. トップ
  2. 恋愛
  3. 言われたら諦めたほうがいいかも。復縁は望み薄な「別れのセリフ」4選

言われたら諦めたほうがいいかも。復縁は望み薄な「別れのセリフ」4選

  • 2020.2.23
  • 8697 views

復縁できるか否かって、別れ際にかかっている部分もありますよね。そこで今回は、「言われたら復縁は望み薄な別れのセリフ」をご紹介します。こんなセリフを彼から言われた場合は、さっさと忘れて次へ行ったほうがいいかもしれません。

「本当に好きなのかわからなくなった」

「彼から『○○ちゃんのことを本当に好きなのかわからない』と言われた。当時は彼が大好きだったので、『私の何がいけないの!?』『悪いところがあるなら直すから!』と必死になっていたけれど、他に好きな人ができた言い訳だったと後から気づきました」(20代/通信)

▽ 「仕事で転勤があるから」などの明確な理由なら、それが解消されたときにヨリを戻せる可能性はありますよね。でも「自分の気持ちがわからなくなった」といったあやふやな理由って、対処法がないもの。そのため復縁は厳しいのかもしれません。
それに「やっぱり○○ちゃんのことが好きだって気づいた」と戻ってきたとしても、そんな男性にロクなのはいません……。このセリフを言われたら、彼への未練をなくす方法を考えてみましょう。

「友達に戻ろう」

「急に『友達に戻ろう』と言われたこと。だけど彼とはそもそも合コンで知り合ったので、友達期間はないはず。『これは、私をキープしようとしているんだな……』と一気に冷めました」(20代/飲食)

▽ 自分から一方的に振ってきて、「友達に戻ろう」なんて虫がよすぎますよね。これって一応キープしておこうって魂胆なのかも……。「私、元カレとは友達にならないタイプだから」と縁を切ってしまったほうが、次に進めるでしょう。

「もっといい人がいるよ」

「安易に『○○にはもっといい人がいるよ』って言う男。今までの経験上、こういう思わせぶりな男性ほど、裏で私の悪口を言っていたりする。復縁は厳しいですね」(30代/医療系)

▽ 「自分は悪者になりたくない」という思いが伝わるこちら。最初は優しい口調なのに、「私は○○くんがいいの!」「いい人って例えば誰!?」と問いつめると、「そんなの知らないよ!」とキレて本性を出してきます。
別れたいのは自分なのに、「こんな俺じゃ釣り合わないから……」と被害者ぶるのも面倒なところです。

理由を言わない

「理由も言わず音信不通になった元カレ。最初はショックだったけれど、他の女の子にアタックしていると風の便りで聞いて諦める決心をしたんです。
でもある日、彼からLINEが。『やっぱりお前しかいない』と言われたけれど、どう考えてもうまくいかないのでやめました」(20代/BA)

▽ 仮に復縁できたとしても、またすぐに別れてしまっては意味がないですよね。彼が理由を言わないのは、別れをあやふやにしてあなたをキープしたいからかも……。数回LINEしても音沙汰なしなら、実はいい加減な男なのかもしれません。

元記事で読む