1. トップ
  2. 北川景子、“ばっさりショート×オールバック”姿で会場を魅了

北川景子、“ばっさりショート×オールバック”姿で会場を魅了

  • 2020.2.21
  • 2238 views
「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」初日舞台挨拶より
KADOKAWA

【写真を見る】ばっさりショートカット×オールバック姿でイベントに登場した北川景子(ほか23枚)

2月21日に都内で行われた、映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の初日舞台挨拶に主演の千葉雄大、白石麻衣、成田凌、中田秀夫監督らが登壇。さらに、前作で主演を務め、今作にも出演している北川景子と田中圭がサプライズで姿を見せた。

ばっさりと切ったショートカットにオールバックというクールビューティーな姿で登場した北川。一方で、田中は、ブラウンのセットアップ姿で登場した。

そんな2人のサプライズ登場に、驚きとうれしさの余り、千葉と白石が涙を流す事態に。千葉は「ほんとにびっくりしました!大好きなお2人なのでうれしいです」と涙ぐみながらコメント。

一方、白石は「今日、お会いできると思わなかったので、うれしいです」と涙を流しつつ心境をこぼした。

北川はそんな2人の様子に「泣かすつもりじゃなかったんですけど(笑)」と口にし、映画の公開を祝うなど終始和やかに会見は行われた。

身近なスマホをテーマにした「スマホを落としただけなのに」の続編となる本作は、千葉雄大演じる刑事・加賀谷学が、連続殺人鬼・浦野善治(成田凌)と共に、加賀谷の彼女・美乃里(白石麻衣)に襲い掛かる謎の人物・Mを追う物語。(ザテレビジョン)

元記事で読む
の記事をもっとみる