1. トップ
  2. 自然派ワインと楽しむスパイシーなラム肉料理!神戸「ラムの串焼き ひつじの一休」

自然派ワインと楽しむスパイシーなラム肉料理!神戸「ラムの串焼き ひつじの一休」

  • 2020.2.21
  • 240 views

人気の炭火焼鳥専門店「にはとりや」や「ぎょうざの一休」の姉妹店としてラム肉専門店がオープン。オーストラリア産やニュージーランド産のグラスフェッドラムを使った料理がリーズナブルに楽しめる。<※情報は関西ウォーカー(2020年4号)より>

【写真を見る】甘辛いタレにガラムマサラが効いた、キーマカレー風のラムそぼろ丼(490円)/ラムの串焼き ひつじの一休

グラスフェッドラムを使った料理がリーズナブルに楽しめる「ラムの串焼き ひつじの一休」

羊串(150円~・手前)、羊スペアリブの香味揚げ(890円・中右)、グラスワイン(490円・赤・中左)、ラム水餃子(490円・奥)/ラムの串焼き ひつじの一休
KADOKAWA

ジンギスカンや、赤身肉、つくねなど1本から注文できる羊串は必食。卓上のオリジナルスパイスをお好みで。

【写真を見る】甘辛いタレにガラムマサラが効いた、キーマカレー風のラムそぼろ丼(490円)/ラムの串焼き ひつじの一休
KADOKAWA

「羊スペアリブの香味揚げは、韓国唐辛子や干しエビ、ニンニクやクミンを合わせたオリジナルスパイスがたっぷりで食欲をそそります。羊と豚の合挽き肉で作る水餃子は、黒酢ベースのさっぱりとしたタレとパクチーの風味がベストマッチ。こだわりの自然派ワインをショーケースから選べるのも楽しい」(ライター・岸本)

打ちっぱなしのコンクリートと木目を合わせたシンプルな配色の店内。オープンキッチンの軒が台湾の屋台のような雰囲気を醸し出す/ラムの串焼き ひつじの一休
KADOKAWA

「あまり羊を食べたことがない人でも食べやすい味付けにしています。お一人様も大歓迎!忙しい日常の“ひと休み”にぜひご利用ください」と店長の橋本洋二さん。

■お店DATA/個室:なし 飲み放題:なし クレジット:可 コース:なし 予算:2000円~3000円

■ラムの串焼き ひつじの一休<住所:神戸市中央区下山手通2-1-4 KWビル1F 電話:078-333-5002 時間:17:00~24:00(LO23:30) 休み:不定休 席数:26席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:阪急神戸三宮駅より徒歩2分>(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部)

元記事で読む