1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 生活感DOWNで実用性UP♡【脱衣所】が使いやすくなる収納アイデア

生活感DOWNで実用性UP♡【脱衣所】が使いやすくなる収納アイデア

  • 2020.2.21
  • 2112 views

脱衣所を整えたい!

生活感が出てしまいがちな脱衣所の収納方法には悩んでしまいます。生活感を隠しつつ、使いやすさにもこだわった空間を作りたいですよね。

今回は収納上手な方のアイデアを紹介いたします。実際にいろいろなアイデアを見ていき、プランを練っていきましょう。

うっとりする脱衣所収納アイデア

動線を考えて収納

きれいに整理整頓された脱衣所は反対側に洗濯機があり、ハンガーなどもまとめて収納されています。

洗濯物を干すときにも動線が短くなりますし、何より浮かせて収納することによって出し入れがしやすくなりますね。

子供が使いやすく収納

ここにはタオルや下着、洗剤のストックなどを収納しているそうです。

下の段の左側には、子供がその日着るパジャマや下着を入れることで、入浴後着替えがしやすくなりますね。

ケースの中に着替えを入れておき、洗面所で着替えをするという効率的な収納方法を取り入れているそうです。

多用途な収納

脱衣所の造作収納棚にはドライヤーやタオル、コスメ、アイロンなどいろいろな物が置いてあるそうです。

ちょうどいい高さになっているので、台の上で作業できるところも魅力ですね。見せるところと隠すところのバランスが素敵です。

おしゃれに見せる収納

真っ白な棚も素敵ですが、木の節がしっかり出ているナチュラルな棚板もおしゃれですね。

オープンに収納されていますが、詰め込みすぎず、余白を意識することですっきりして見えますね。

またハンガーを掛けられるスペースがあったり、かごを置けるように高さを調節していたりと、こだわりを感じます。

統一感を持たせた収納

すっきりまとまった脱衣所の収納には、無印のラタンバスケットを使っているそうです。パジャマや下着などが入っています。

このようにおしゃれな収納ケースを取り入れることで、生活感がなくなりますね。

無駄がなくなる収納

脱衣所にはアクセサリーを収納しているそうです。

アクセサリーをどこに置こうか迷ってしまいますが、洗面所には鏡があるので身支度がしやすいですよね。

お風呂に入る前にアクセサリーを外し、そのまま片付けられるので置きっぱなしがなくなります。

隠さない収納

ワイヤーバスケットを使って収納すれば、何が入っているのか分かりやすくなりますね。

ワイヤーバスケットはデザインもおしゃれで、程よく生活感を隠してくれます。

ワイヤーバスケットの中に不織布仕切りケースを入れて、下着を隠すというアイデアも素敵です。

家族分まとめて収納

スチールタイプのユニットシェルフとポリプロピレン収納ケースを使い、細かく分類されています。

パジャマやおむつ、下着、衣類、靴下など家族のものがここに集結しており、とても便利な空間になっていますね。

アイテムごとにきっちり分けるとごちゃつきません。

使い勝手が良い収納

無印のやわらかポリエチレンケースには、パジャマを収納しているそうです。

その日着るパジャマを入れるのもよし、もう一度着るパジャマを入れるのもよし、いろいろな使い方ができますね。

シンプルなケースなのでインテリアにも馴染んでくれます。

家事が1つ減る収納

こちらの脱衣所は洗面台もあり、感染症予防のために手を拭くタオルを個人で分けているそうです。

タオルバーはこのような使い方もできますし、その日使うタオルを吊るしておいても良いですね。

脱衣所にタオルバーを取り付ければ、タオルを畳む手間も省けますね。

脱衣所収納アイデアまとめ

脱衣所の収納アイデアを紹介いたしましたが、とても素敵な空間ばかりでしたね。

一見生活感が出てしまいがちなスペースなのですが、ケースを統一したり色味を統一したりすることで統一感が生まれます。

動線や使いやすさを考えながら、収納を考えていきましょう。

元記事で読む