1. トップ
  2. スキンケア
  3. デカ顔に成長するたるみ対策は「ディオール」のマスク+「センサイ」のクリームの継続使用で!

デカ顔に成長するたるみ対策は「ディオール」のマスク+「センサイ」のクリームの継続使用で!

  • 2020.2.21
  • 1070 views

スキンケアの最後の難関といわれていた「たるみケア」ですが、解決の糸を探る研究が進み、驚くような新知見や新処方が相次いで発表されています。

いったいどんなコスメにどんな能力を託しているのか。その情報をいち早くキャッチし、数多くのコスメを自らの肌で精査している美容の七賢人が「殿堂入り」と、新作ながら早くも風格十分の「殿堂入り確実」コスメを選び抜きました。

今回ご紹介するのは、ビューティエディター國藤直子さんが愛用する、パルファン・クリスチャン・ディオール「プレステージ ローズ キャビア マスク」、カネボウ化粧品「センサイ UTM ザ クリーム s」の2品です。

【殿堂確実コスメ1】 パルファン・ クリスチャン・ ディオール「プレステージ ローズ キャビア マスク」

たるみ_1,クマ_1,くすみ_1,しわ_1
「睡眠不足やストレスを帳消し!肌サプリという新発想処方」疲れによる肌の栄養不足が引き起こすたるみ、クマ、むくみ、くすみ、シワなどの悩みに着目。独自のグランヴィル ローズから抽出した成分で肌の再生と修復に働く。パルファン・ クリスチャン・ ディオール プレステージ ローズ キャビア マスク 75ml ¥42,000

【殿堂確実コスメ2】 カネボウ化粧品「センサイ UTM ザ クリーム s」

たるみ_2,クリーム_1
「高貴な小石丸シルク配合でしなやかに引き上がる」ヒアルロン酸生成に優れた希少な小石丸シルクから抽出したエキス入り。ブランド最高峰エイジングケアシリーズで、濃厚な美肌成分と極上の使用感でハリと艶が向上。カネボウ化粧品 センサイ UTM ザ クリームs 30ml ¥58,500
「気づかぬうちに忍び寄り、貫禄たっぷりのデカ顔に成長するたるみ。今すぐたるみケアを始めないと、オバ街道まっしぐらです!」

いつの間に伸びちゃったんだろう。近ごろは、将棋盤のように厚みまで増している。久しぶりに着たきもの姿で貫禄の出た顔は、ショックを受けるに十分な大きさに成長=たるんでいる…。友人から送られてきた写真に衝撃を受けた私。もう、一刻の猶予もなくたるみケアを始めなくては。

とりかかったのは、『ディオール プレステージ』のマスク。ピンクのキャビアのようなテクスチャーで、肌になじませるととろけて肌に浸透。一晩中かけて肌に栄養を届けてくれ、翌朝うっとりするほどなめらかな肌に出合える。マッサージもできるマルチ機能を駆使し、シュッとしたフェースラインを期待する日々。

また、朝晩のケアで頼りにしているのは「カネボウ」『センサイ』のクリーム。ピタリと肌に密着して、そのまま上へと持ち上げられるような感覚が気に入っている。これ以上たるませないためにも、このふたつは人生のお供にしたい。自分の顔写真もマメにチェックし、絶対にケアをおろそかにしないと心に誓う。

\パルファン・ クリスチャン・ ディオール「プレステージ ローズ キャビア マスク」の使用感/

【テクスチャー】
ジェルをシアバターで包み込んだマイクロパール。肌にのばすととろける。

【使用方法】
夜のお手入れの最後に使う。マッサージする際は、肌の下から上へと円を描くように行う。

こんなこともやっています!

髪を洗ってタオルドライしたあと、頭皮をマッサージ。ヘアオイルを少量指先につけて、ほんの1分ほど。頭皮と顔の皮膚はつながっているから、たるみケアにも効果的。

\カネボウ化粧品「センサイ UTM ザ クリームs」の使用感/

【テクスチャー】
光沢があり、こっくりと濃厚。肌にのばすと、とろけるようになじんで強いハリに。

【使用方法】
朝晩、化粧水、乳液で整えたあと、添付のスパチュラで約1センチとり、顔全体にのばす。

こんなこともやっています!

毎晩、湯船に浸かっているときに「あ・え・い・う・え・お・あ・お」と口を大きく開けて、フェイササイズ。ゆっくりと、10セットでフェースラインがすっきり。

***

いかがでしたでしょうか? 次回は、美容愛好家の野毛まゆりさんが愛用する「殿堂コスメ」をご紹介します。お楽しみに!

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

  • パルファン・クリスチャン・ディオール TEL:03-3239-0618
  • カネボウ化粧品 TEL:0120-518-520

國藤 直子さん
ビューティエディター
(くにとう なおこ)美容エディターとして、女性誌や広告、WEBマガジンの記事を執筆。さらに化粧品プロデュースなど活躍の幅を広げている。

元記事で読む