1. トップ
  2. 伊藤健太郎、“お父ちゃん”松下洸平は「気遣ってくれたりしてすごく優しい」<スカーレット>

伊藤健太郎、“お父ちゃん”松下洸平は「気遣ってくれたりしてすごく優しい」<スカーレット>

  • 2020.2.20
  • 439 views
伊藤健太郎がヒロインの息子・武志を好演中
(C)NHK

戸田恵梨香がヒロインを演じる連続テレビ小説「スカーレット」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

【写真を見る】八郎(松下洸平)を後ろから“ぎゅっ!” 必死に引き留める武志(伊藤健太郎)

同ドラマは、高度成長期時代の滋賀・信楽(しがらき)を舞台に、男性ばかりの世界をがむしゃらな強さと持ち前の明るさで生き抜く女性陶芸家・川原喜美子(戸田)の姿を描く。

第105回(2月5日)の放送から、伊藤健太郎演じる成長した喜美子の息子・武志が登場。武志は、工房に出入りして育ったため常に陶芸が身近にあり、喜美子のことを心から尊敬する明るく優しい性格で、ひょうきんな一面もある青年だ。

第118回(2月20日放送)では、武志が帰ろうとする父・八郎(松下洸平)を引き留めるため、八郎に抱き着き、必死にとめるかわいらしい姿が放送された。

八郎が川原家に泊まることになると武志は子どものようにはしゃぎ、これまでの穴窯のことなどを語り合う。

すると、武志が八郎からのふとした言葉に「大人やのに泣きそうや」と話す場面もあった。父親の前で見せる子どもらしい姿にほっこりした視聴者も多いのではないだろうか。

そんな武志を演じる伊藤が、戸田や松下の印象、陶芸に挑戦した感想などを語った。

――今回「スカーレット」に出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

“朝ドラ”はすごく歴史のあるドラマですので、出演のお話を頂けてとてもうれしかったですし、頑張りたいと思いました。

「スカーレット」の制作チームには、僕が以前に出演したNHKドラマ「アシガール」(2017年、NHK総合)の制作チームにいた方々がいます。

僕自身「アシガール」への思い入れが強かったこともあり「スカーレット」に出演できるのはすごく光栄でした。

伊藤健太郎「演じながら、すごくいいシーンだなと思います」

――ご自身の役柄についての印象や、役のここに注目してほしいという点はありますか?

関西言葉で演じるのは初めてですが、母方の祖母が三重県の人ということもあり、実は関西の地域の言葉が飛び交う家で育ったので、滋賀の言葉にもそんなに違和感は感じませんでした。

それでもせりふを話すとなると、言葉の持っている印象が変わる感覚があって、驚きでしたね。

武志という人物は、幼なじみの大輔(七瀬公)や学(大江晋平)といるときはワイワイやりつつ、家に帰ると家族のこともしっかり思いやれるようなすてきな子。

いつもの武志と、ちょっと大人でいなければいけない瞬間の武志との差は意識して演じています。その差が切なく見えたり、優しいな、いい子だなと思えたりする部分でもあると思うので、大事にしたいと思っています。

ここまでで印象的だったシーンは、武志が母・喜美子に「(幼い頃に)お父ちゃんが帰ってきたのかと思ったら、テレビが届いた」と話したところです。(2月7日放送の第107回)

両親が離れてしまったことに対する葛藤は、幼い頃から武志の中にずっとあったと思いますが、その気持ちを「言わず」にいたのかもしれないですね。

(母に対して)変な誤解を招きたくないという武志なりの考えがあったからだとも思うし、どういうふうに言葉にしたらいいのか分かるようになり、自分の気持ちをぶつけるというシーンでした。演じながら、すごくいいシーンだなと思います。

――吹き替えなしの陶芸シーンはいかがですか?

武志を演じるに当たって、初めて陶芸を習いました。土はひんやりしていて、気持ちいいですね!自分の思った通りの形になったらうれしいけれど、土はとても繊細なので邪念が入るとうまくいかない。

すごく難しいんですけれど、楽しいんです。お稽古の過程で皿をたくさん作りました。その皿でご飯を食べる日が楽しみですね。

伊藤健太郎「すごく気さくに接してくださいました」

――収録に参加されてみて、現場の印象はいかがでしたか?

今回初めて共演した松下洸平さんが、すごく気さくに接してくださいました。カメラが回ってないところでも、「お父ちゃん」という感じです。相談に乗ってくれたり「大丈夫?」と気遣ってくれたりして、すごく優しいです。せりふでちょっと悩んでいるときも、松下さんが声をかけてくださってうれしかったですね。

戸田恵梨香さんも、座長として「お母ちゃん」として、リードしてくれてありがたいです。

――読者の方々へのメッセージをお願いします。

子ども時代の武志の放送が長くあってから、急に僕に変わったので「武志、でかくなり過ぎ!」と思うかもしれないですけれど、視聴者の皆さんに違和感を抱かれないように演じていきたいです。

「スカーレット」は陶芸のお話ですが、家族の「しあわせの価値観」の違いも描かれていたりするんですよね。川原家を見てほっこりしてもらえたり、切なくなってもらえたり、元気になってもらえたりしたらとてもうれしいです。

大人になった武志の登場が、そのいいスパイスとなっていけたらなと思っています。

第120回(2月21日[金]放送)のあらすじ

八郎がやってきて、川原家に泊まることに。喜美子が食事の準備をする間、武志と八郎は昔話で盛り上がる。そこに意外な2人が訪ねてくる。それはかつて八郎の弟子で、辞めさせられた腹いせに窃盗騒動を起こした2人。

八郎は2人の謝罪を受け入れ、喜美子は今も陶芸を続けているという2人に惜しげもなく、穴窯のノウハウを教える。その後、ようやく親子三人で夕食を食べられると思いきや…。(ザテレビジョン)

元記事で読む
の記事をもっとみる