1. トップ
  2. やじるーと、最初で最後のミニアルバムは「JKのホームビデオ的な感じになっています!(笑)」(れいたぴ)<インタビュー前編>

やじるーと、最初で最後のミニアルバムは「JKのホームビデオ的な感じになっています!(笑)」(れいたぴ)<インタビュー前編>

  • 2020.2.20
  • 331 views
インタビューに答えてくれたやじるーとの (写真左から)ルナ、れいたぴ、ゆず
撮影=富田一也

【写真を見る】CUTEすぎる!「やじるーと」ポーズのルナ、れいたぴ、ゆず

AbemaTVで配信中の人気恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。」に出演していた現役女子高校生7人によるガールズユニット「みぎてやじるし ひだりてはーと from 今日、好きになりました。」(通称:やじるーと)が、初のミニアルバム「また、すぐ会えるよね。」を3月11日(水)にリリースする。

同アルバムは、3月末の全メンバーの卒業により、現メンバーとしては最初で最後の“卒業アルバム”となる。シンガー・ソングライターのコレサワからの提供楽曲の表題曲「サヨナラなんか言いたくない」や、天月-あまつき-からの「恋しちゃおっか?」、SILENT SIRENからの「メロクラ・(ハートマーク)」に加え、カバー曲「青と夏」「じょいふる」「ココ☆ナツ」の全6曲を収録。JKならではの恋愛、遊び、学校生活など、青春をエンジョイする学生の思い出を等身大の彼女たちが表現した、学生なら誰もが共感できる作品となっている。

ルナ
撮影=富田一也

今回、メンバーの流那(ルナ)、山田麗華(れいたぴ)、平野柚希(ゆず)にインタビューを行い、前後編に分けて掲載。前編では、同作品に込めた思いや表題曲にまつわるエピソード、MV撮影秘話などについて語ってもらった。

アルバムは「 JKの恋愛、遊び、学校生活、全部を詰め込んだ」

――ミニアルバム「また、すぐ会えるよね。」はどんな作品になっていますか?

れいたぴ「カバー曲も収録されていますし、『やじるーと』のオリジナル楽曲も入っているので、私たちのことを知らない方でも絶対に楽しめるアルバムになっています」

ゆず「すごく『青春』を詰め込んだ作品になっています! JKならではの恋愛とか遊びとか学校生活とか、全部を詰め込めてるよね」

ルナ「カラオケとかで歌うと盛り上がる曲が多いですし、みんなが歌いやすい曲ばかりです!」

この約1年、目覚ましく成長したやじるーとメンバー
撮影=富田一也

最初は歌が“壊滅的”と言われることも…

――制作に当たって同作に込めた思いは?

ルナ「6曲入っているのですが、どの曲にも全力を尽くしました。そんな中で、最初の曲と比べて最後の曲はすごくレベルアップできたなと思っていて、自分たちの努力も詰まっているなって感じています」

ゆず「曲順もリリースした順番に収録されているので、私たちが徐々に成長していっているのを感じられると思います!」

れいたぴ「ゆずとかゆうきちゃん(東原優希)は最初から歌が上手かったんですけど、それ以外の5人は壊滅的に歌が下手だったんですよ~(苦笑)。だから、『青と夏』とかは”けっこう壊滅的”って言われてたりもしたんですけど、最後の『サヨナラなんか言いたくない』は(スタッフなどの)大人の方々にも褒められるくらいだったので、ちゃんと私たちが上手くなる過程が分かるアルバムです(笑)」

ルナ「『メロクラ・(ハートマーク)』でも”上手くなったね”って言われてたけど、『サヨナラなんか―』ではもっと言われるようになって、自分たちでもすごく成長を実感したよね」

ゆず「最初の方の『恋しちゃおっか?』や『青と夏』が悪いというわけじゃなくて、当時の未完成だった時の思い出として残せたのは良かったなって思っています」

れいたぴ「JKのホームビデオ的な感じになっています!(笑)」

究極の卒業ソング「サヨナラなんか―」には2つの意味がある

れいたぴ
撮影=富田一也

――表題曲「サヨナラなんか言いたくない」はどんな曲になっていますか?

ゆず「シンガー・ソングライターのコレサワさんに楽曲を提供していただいたのですが、それがすっごくうれしくて!」

れいたぴ「みんな泣いたもんね。(コレサワからの楽曲提供だと聞いて)『嘘でしょ!?』って、もう悲鳴みたいな!ゆずなんか(コレサワに会えたことに感動して)レコーディング中に泣いて、全然帰ってこなかったんですよ」

ルナ「『中学の時の恋愛ソング』っていったら絶対コレサワさんの歌っている曲を聴いていたのですごくうれしかったですが、(レコーディング中に)『なんで会ってるんだろう?』って冷静になっちゃう瞬間もあって…(笑)。『サヨナラなんか言いたくない』は、聴く人によって恋愛ソングにもなるし卒業ソングにもなると思います」

ゆず「コレサワさんから直接、『サヨナラなんか言いたくない』というフレーズには“卒業”と“恋愛”の二つの意味があると聞いた時は、もう感心しちゃって!」

やじるーと 撮り下ろし
撮影=富田一也

コレサワの歌詞に感動「共感しかない」

――「サヨナラなんか言いたくない」の歌詞を初めて見た時の感想は?

3人「コレサワさんっぽい!」

ルナ「もう、感動しかなかった!!」

れいたぴ「MVのコメント欄にも『歌詞がコレサワさんっぽい』というコメントがすごく寄せられていて、視聴者さんでも分かるくらいコレサワさんが詰まってる曲だなって思います」

ゆず「自分たちが絶対に経験したことがあるような日常的な情景を歌詞に詰め込んでくださっていて、フレーズの端々に共感できる部分があると思います」

ルナ「私たちが合宿ですごく先生に怒られてめちゃくちゃ泣いたこととか、汗だくで練習していたことを歌詞に入れてくださっていて、本当に『やじるーと』を表している曲だなとも思いますね」

ゆず
撮影=富田一也

――歌詞の中で、個人的に特に心に刺さったフレーズは?

れいたぴ「私は『話せない日々でも 頑張ってくよ』ってところがすごく良い歌詞だなって思って。恋愛で悩んでいる子も多いと思うんですけど、この歌詞を聞いただけで『私も頑張ろう』ってすごく勇気づけられると思うんです。別れのシーズンでもありますし、ちょっと辛いなと思っている子には刺さるんじゃないかなって思う」

ルナ「私は『言葉が武器になったり お守りになることがわかったよ』という部分です。自分が今この場所に居られるのは周りの人が居るからであって、優しい言葉を掛けられたら頑張れるって私自身がすごく感じているからこそ個人的にすごく響きますね」

ゆず「『おそろいの思い出が救ってくれるでしょう』っていうところがすごく好きですね。“おそろいの思い出”っていうのは相手がいるからこそ成り立つもので、いつまでも記憶に残っているもの。いつ思い出しても自分が次に進むための力になるものだと思うので、すごく共感してしまいますね」

【写真を見る】CUTEすぎる!「やじるーと」ポーズのルナ、れいたぴ、ゆず
撮影=富田一也

エモすぎるMV撮影秘話

――「サヨナラなんか言いたくない」のMVは、卒業を迎えても前向きに進む姿を表現したものになっていますが、撮影はいかがでしたか?

れいたぴ「多分みんな同じことを思っていると思うんですけど、寒かった!!!!」

ゆず「MVでは夕日っぽく見えると思うんですけど実は朝日で、みんなで海辺で日が昇るのを待って…」

ルナ「朝で空気が冷え切った状況で、『これから海に行くよ、レッツゴー!』って言われて(苦笑)。みんなで波打ち際まで走っていくんですけど、『足凍るし、無理無理!』って思いながらも撮ってるから嫌な顔できないし!(笑)」

れいたぴ「後で聞いたんですけど、実は本当は海に入る予定はなくて、現場でみんなが『海だー!』ってはしゃいでいるのを見て、『じゃあ、入っちゃおう』って急きょ決まったみたいなんです。だから、誰もタオルを持って来てないし、渡されたのはカイロ1個で!やばかったよね?」

ゆず「途中でスタッフさんがコーンポタージュとかココアとかおしることか、温かい飲み物を買って来てくれたんですけど、『これって、こんなに幸せを感じるんだ』ってびっくりしましたもん(笑)」

れいたぴ「もう、寒過ぎて笑っちゃうレベル。みんなの唇はどんどん紫になっていくし。でも、出来上がった映像を見たらちゃんと夕日に見えたので、MVってすごいなって。エモかった~!」

ゆず「今思えば良い思い出ですね。“おそろいの思い出”!(笑)」(ザテレビジョン)

元記事で読む