1. トップ
  2. 松下奈緒が「もう一杯飲みにいきませんか?」と声を掛けたくなるTOKIOのメンバーは?

松下奈緒が「もう一杯飲みにいきませんか?」と声を掛けたくなるTOKIOのメンバーは?

  • 2020.2.19
  • 13560 views
「TOKIOカケル」に出演する松下奈緒
(C)フジテレビ

【写真を見る】思わせぶりな女子を演じる松下に盛り上がるTOKIO

2月19日(水)放送の「TOKIOカケル」(毎週水曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に松下奈緒が登場、TOKIOと恋愛についてトークを繰り広げる。

「完全に好きアピ警察24時」では、男子が女子からされたら“俺のこと好きかも”と思い込んでしまう行動を、TOKIO刑事がボードに挙げられた一覧表から選び、“好きアピール=クロ”か“意識していない=シロ”の“シロクロ判定”を唯一の女性刑事の松下に判定してもらう。

まず、城島茂が「指キレイですね」という女子の行動を選択。「言われてから意識してしまった」という城島の実体験に基づいて選択するが、松下の判定は「シロ」。

「ただ、楽器をやっている女性だと相手と通じたいと思って、きっかけに言うかも」とミュージシャンならではのコメントに、TOKIO一同「さすがだね」と感心する。

また、長瀬智也は「袖をつかんでくる」という行動を選択する。恒例の松岡昌宏と長瀬で再現してみるも「松下さんにやってもらいたいな!」とリクエスト。

国分太一は「皆さんを喜ばせる企画ではないからね!」と制するが、松下に再現してもらうことに。

松下が「人生でやったことがない、初めてです」と明かし長瀬の後ろから袖を引っ張ると、TOKIOから歓声が。

国分も「袖をつかむ前に少し下を向くのがたまらないね!」と思わず顔がほころび、城島は「アンコール!」と叫び、盛り上がる。

ほかにも、ある行動を「嫌いな人ならやらないけど、好きな人ならやります」と判定した松下に、松岡が「好きな人設定で再現してもらえますか?その場合、名前は何て呼んでくれますか?」と細かくリクエストする場面も。

また、2月5日放送のゲスト・高畑充希が「シロ」と判定した“もう一杯飲みませんか?”と誘う女子の行動について、松下にもジャッジしてもらう。

【写真を見る】思わせぶりな女子を演じる松下に盛り上がるTOKIO
(C)フジテレビ

収録を終えた松下奈緒のコメント

――3年ぶりの収録についていかがでしたか?

すごく楽しかったです。毎回楽しみに収録にお邪魔していますが、今回は初めての企画をやらせていただいて楽しかったです。

――「完全に好きアピ警察24時」は?

ほとんど“シロ”かなと思っていたんですけど、TOKIOさんとお話していくうちになんとなくクロかな、グレーなのかなと迷ってしまいました。TOKIOさんのお話が上手なんだなと改めて思いましたし、楽しかったです。

―― 一番女性に気を付けた方がいいかなと思うTOKIOのメンバーは?

長瀬さん。私より年齢が上ですけど、純粋そうで、真っすぐな少年のような方なので心配です(笑)。

――「もう一杯飲みにいきませんか?」と声を掛けたくなるTOKIOのメンバーは?

松岡さん。お話していて“そういう考え方もあるんだ!”と驚くことが多いですし、きちんとアドバイスをしてくれそうです。もちろん勘違いはさせません(笑)。

――主演ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の男性陣に判定してもらったとしたら?

きよ様(清原翔)は“全部クロ”と言いそうかな。バラエティーなどに出演されている姿を拝見すると、意外とコロッといきそうかなと思います(笑)。藤井(隆)さん、木下(ほうか)さんは手ごわそうですね!TOKIOカケルに出たよ、見てねと言って判定してもらいます。

――視聴者の皆さんへ見どころなどメッセージをお願いします。

人それぞれ意見が違って女性目線でも男性目線でも見られますし、私自身、新たな発見があり面白かったので、そこを楽しんでいただけたらと思います。(ザテレビジョン)

元記事で読む