1. トップ
  2. メイク
  3. 目元が変わる!肌に負担をかけず「アイライン」を落としきるクレンジング法

目元が変わる!肌に負担をかけず「アイライン」を落としきるクレンジング法

  • 2020.2.17
  • 2246 views

目元をパッチリ見せるアイライナーは頼れるアイテムだけれど、とにかく落ちにくいのが難点。ついこすって落としがちだけれど、もっと簡単に落とせる方法があるって知ってた? プロがオススメする取っておきのテクニックをご紹介。(フロントロウ編集部)

なかなか落ちないアイライナー

アイメイクのなかで、落ちにくさNo.1のパーツといえば「アイライン」。とくにまつげのキワに引いたアイラインは落ちづらく、肌に負担をかけるとわかっていても、ついゴシゴシこすってしまうという人も多いのでは?

画像: なかなか落ちないアイライナー

しかし、美容好きならご存じの通り、目のまわりの刺激はクマ、シワ、シミなどの原因になりやすく、できれば避けたいもの。かといって優しくしすぎてアイラインがきちんと落ちていないと、これもまた肌トラブルの原因になると専門家は言う。

メイク落としの救世主「綿棒」

では、ポイントリムーバーをコットンに含ませて落とす方法についてはどうだろう。メイクアップアーティストのビリー・ジーンによると、たしかにアイシャドウやマスカラはキレイに落ちるけれど、まつげのキワにあるアイラインを落とすのには不十分だという。では、どうすればいいの?

そこでビリーがオススメしているのが「綿棒」を使ったテクニック。

画像1: メイク落としの救世主「綿棒」

ビリーは、「オイルベースもしくはウォーターベースのメイク落としを綿棒に含ませて使用するのが一番オススメ。刺激が少なく、どんなアイラインも簡単に落とせる」と米メディアMakeup.comにコメント。

でも気をつけたいのが、綿棒にメイク落としをつけすぎること。メイクアップアーティストのジェナ・クリスティーナは、「よくある間違いなんだけど、綿棒から滴るほど(メイク落としを)含ませちゃだめよ。目に入って刺激になっちゃうから」と話し、また目に使うためピーリング成分が含まれているものは避けるべきとアドバイスした。

画像2: メイク落としの救世主「綿棒」

もし水を使えない場合は、クレンジングバームもオススメ。綿棒に少量取り、アイラインの汚れを浮かせたら、あとは温かい濡れタオルで優しくふき取るだけでOK。オイルでしっかり落としつつ、目元の保湿効果も期待できるとジーンは言う。

綿棒を使ったプロのクレンジング法。ちょっと面倒に感じるかもしれないけれど、塵も積もれば山となる。いつまでも若々しい目元をキープするためにも、ゴシゴシこすってた人は綿棒に切り替えてみるのもいいかも。(フロントロウ編集部)

元記事で読む