1. トップ
  2. インテリア
  3. ワークスペースがあれば家事や仕事が捗る♪使いやすくおしゃれなインテリア実例

ワークスペースがあれば家事や仕事が捗る♪使いやすくおしゃれなインテリア実例

  • 2020.2.16
  • 11255 views

ワークスペースが欲しい♡

家の中に家事室などのワークスペースを設ける方が増えています。個室を作れたら申し分ないですが、リビングやパントリーの一角にワークスペースを作ることも可能なんですよ。

こういった空間があれば、仕事や家事が捗ること間違いなし!また子供のスタディスペースとしても使用可能です。今回はいろいろな場所に作られたワークスペースが登場するので、ぜひおうち作りの参考にしてくださいね。

ワークスペースを快適にチェンジ!

パントリーにワークスペース

キッチンの背面がウォークインパントリーになっているそうですが、この一角にワークスペースを設けているんだとか。

キッチンの背面にあるので、料理中にレシピを検索したり、コーヒー休憩をしたり、家計簿をつけたりといろいろな使い方ができますね。

キッチンカウンターにスタディスペース

キッチン背面の一角にワークスペースを設けているそうです。

スツールも置いていますしキッチンからもすぐ近くにあるので、ちょっと休憩したいという場合にも便利ですね。

造作のカウンターなので、一体感がありとてもおしゃれです。

先ほどのカウンターには、家計簿や筆記用具が入る引き出しがあるそうです。

わざわざキッチンから離れなくても、キッチン内で家計簿がつけられるというのは非常に便利ですよね。

主婦はキッチンで過ごす時間が長いですから、キッチンにワークスペースがあると便利そうです。

リビングの一角にワークスペース

リビング内にワークスペースを設けておくと、家族の気配を感じながら作業ができますよね。

ダイニングテーブルで作業をすると、食事のたびに一度片付けなければいけませんが、別の場所にワークスペースがあれば片付ける手間が省けます。

キッチン並びにカウンター

キッチンの隣にワークスペースを設けているそうです。ダイニングテーブルからもすぐ近くにあるので、とても使い勝手が良さそうですね。

無印から販売されているABS樹脂A4書類トレーを使って、お便りなどのプリントをすっきり整理されています。

寝室にワークスペース

寝室にワークスペースを設けているという方もいます。日中はワークスペースが必要ないという場合には、このように寝室に作ってしまうのも良いですね。

カラーボックスに板を乗せてデスクにするというアイデアが素敵です。

効率UPのデスク収納

ワークスペースを効率良く使うために、IKEAのマガジンファイルを使っているそうです。

無印のペンボックスを使ってペンを立てて入れたり、ホッチキスやメモ帳を入れたりと、すっきり収納されていますね。

収納ケースを使うことによって、見た目も美しくなるので素敵です。

使いやすいカウンター収納

カウンターの片側は上から下まで収納できるようになっているそうです。

無印の定番収納グッズで収納されている空間は、すっきりしていて見た目も実用性もばっちりですね。

テプラや裁縫道具、文房具などカウンターで使うものを収納されていて効率的です。

おしゃれなワークスペース

こちらもカウンターの横に棚を取り付け、インテリア雑貨などを収納されています。棚があれば、いろいろな使い方ができるので便利ですよね。

またこの場所には固定電話も置かれているそうです。作業中に電話が鳴ってもすぐに取れるので、良いアイデアですね。

洗濯室兼ワークスペース

部屋干しをしている部屋を家事室として使っているそうです。

カウンターが付いているので洗濯ものをたたんだり、アイロン掛けをしたりと、いろいろなことができますね。

家事室とは思えないほどすっきりしていておしゃれです。

多目的室がワークスペース

こちらは多目的に使えるようにと作られた小部屋だそうです。

長いテーブルがあれば、アイロンを掛けたりパソコンをしたり、洗濯物をたたんだり、ゆっくりお茶を飲んだりと、いろいろな使い方ができそうですね。

多目的ルームがある家はあこがれます。

ワークスペースを取り入れよう!

最近では家事室を作るお宅も増えていますが、リビングの一角やパントリーの中にワークスペースを設けるのもいいですね。

ワークスペースがあれば、仕事をしたり洗濯物やアイロンなどの家事をしたり、一人時間を楽しむための場所にもなってくれます。

子供の勉強スペースとしても使えるので、あると役立ってくれますよ。使いやすい自分好みの空間を作りましょう。

元記事で読む