1. トップ
  2. 「M−1グランプリ」で話題!ぺこぱインタビュー「軽々しく「『M−1―』優勝を目指します」とは言えません」【後編】

「M−1グランプリ」で話題!ぺこぱインタビュー「軽々しく「『M−1―』優勝を目指します」とは言えません」【後編】

  • 2020.2.16
  • 2052 views

いろいろ試してきたものの、なかなか光を浴びることがなかったぺこぱの芸人人生。そんな彼らに一縷の望みが見え始めたのは、2019年からだ。その前年、「M−1グランプリ」で話題になった“ノリツッコまない芸”が完成する。前編が「迷走編」ならば、後編は「光明編」だ。

【写真を見る】一時期ボケとツッコミを交代していたこともあるぺこぱ

 写真左からボケのシュウペイ、ツッコミの松陰寺太勇
撮影=二瓶彩

芸人を辞めるなら、全部やりきってからにしようと

松陰寺太勇(以下・松陰寺)「2018年あたりから、着物は着ていましたが、ローラーシューズは脱ぐことが多くなりました。季節が変わるとき、ちょっとずつ服を脱いでいくじゃないですか。それと同じように、一気に脱ぐと風邪を引いちゃうので、まずはローラーシューズを脱いで足袋になって。あと、僕がまたツッコミに回りました。でも僕がツッコんでも、全然ウケないんです」

シュウペイ「まぁ、着物で化粧をしているヤツが“何でだよ!”と言っても、お客さんは“いや、お前が何でだよ!”と思うからね」

松陰寺「だからツッコんだ後にもう一つ裏切ろうと、“○○とも言い切れない”と言うようにしたんです。それがウケたので、全部その形にして2018年の『M−1―』に挑みました。すると初めて準々決勝に進めたんです。ネタはまだ荒い状態なのにそこまで行けたので、“ちゃんと作っていけば、来年は決勝もあるな”と感じたことを覚えています」

実際、2019年頭の「新春おもしろ荘」(日本テレビ系)で優勝。光が見えた…気がした。

松陰寺「“来た!”と思ったのは、本当に一瞬でした。オンエアを見たときに、これはないなと思ったんです。売れる人の出方じゃなかったな、世に出るのはパンケーキ(夢屋まさる)なんだろうな、と。でも、それが逆に良かったですね。未完成な状態で世間に知られるより、ネタをちゃんと作りたかったから。あと、このときに岡村(隆史)さんから“その着物、変やで”と廊下とトイレで2回も言われて、“めっちゃ言うやん、この人!”と思いました(笑)」

だが 「おもしろ荘」優勝の勢いに乗って追撃を——そう思った矢先、所属事務所がお笑い界から撤退。フリーとなってしまう。

松陰寺「フリーだとテレビ局に知り合いがいない限り、オーディションの話がほぼ来ないんです。フラフラしているより事務所に入って、ちゃんとネタを披露できる環境に身を置きたかった。それで師匠のTAIGAさんを追って、サンミュージックへの移籍を決めました。そのTAIGAさんから“『M−1―』が始まったら、スーツを着なさい。それまでは着物でいいから”というアドバイスを、実はもらっていたんですよ。岡村さんからも言われたので、じゃあスーツにしようと。紫の着物を気に入っていたので、7千円くらいの安い紫のスーツを見つけて、ネットで買いました。でも僕の手足が短いせいで、全体的に着丈が長くて。いろいろと調節した結果、お直し料金に1万2千円かかりました(笑)」

そして2019年末、『M−1―』決勝進出者としてコンビ名が呼ばれる。

松陰寺「予選を進んで行くうちに、お客さんの反応を見て“今年はあるな”と思っていたよね」

シュウペイ「僕は2回戦くらいから、多分行けるなと感じていました。逆にそういう意識を持った方が、自信になるなと思ったので」

松陰寺「カッコいいことを言ってますが、シュウペイは2回戦でネタを飛ばしたんですけどね(笑)。でもこの年は、精神的にもいい状態で臨めたんですよ。何をやっていいのか分からないまま芸人活動を続けるより、“『M−1―』で決勝に行く”と目的がハッキリしていたので、気持ちは楽でした」

シュウペイ「準備がしっかりできた感じです。ちょうどこれくらいの時期に“お笑い第七世代”と呼ばれる後輩たちが台頭してきましたけど、僕らも負けてはいないと思っていたので」

松陰寺「実際に決勝進出が決まったときは、ホッとしました。準決勝止まりだと敗者復活でネタバレしちゃうし、来年さらにいいネタを作らなきゃいけない。今年が無理だと今後は厳しそうな感触があったので、安堵の気持ちが大きかったです」

シュウペイ「僕はエントリーナンバー・846の“はっぴゃく…”と言われた段階で、号泣していました。あんまりこういうことで泣くタイプじゃないんですけど、思わず涙を流すくらいうれしかったです。今までやってきたことが実るって、こういうことなんだと。辞めなくて良かった、という感情があふれ出てきて」

芸歴12年。辞めようと思ったことは、何度もあったという。

松陰寺「でも、辞めるのなら全部やりきってからにしようと思って。思いついたネタ、まだ形にしていないアイディア、それを全部やってからだと思っていました」

シュウペイ「僕は昔から何も達成せず、ここまで来たんです。幼いころはサッカー選手になりたいと思っていたけど、叶わなかった。フリーターから芸人になって、周りからは“どうせすぐに辞めるだろ”と言われていました。それが悔しくて、お笑いで結果を出したかったんです」

松陰寺「話が戻るんですけど…」

シュウペイ「“時を戻そう”だね(笑)」

松陰寺「僕らが組んで初めて出たライブには、シュウペイのギャル男友達が大量にライブ会場へ駆け付けてくれたんです。投票で優勝者を決めるイベントだったんですが、彼らが投票してくれたおかげで、初ライブで優勝しちゃったんですよ」

シュウペイ「人脈だけはあるんで」

松陰寺「もしそこで誰も来てくれなくて、チンチンにスベっていたら、ここまで続けていなかったかも」

シュウペイ「1年目から“俺ら、売れるな”と思っちゃったもんね(笑)」

【写真を見る】一時期ボケとツッコミを交代していたこともあるぺこぱ
撮影=二瓶彩

「M−1」ファイナリストで唯一、スタイリストを入れました(笑)

そんな「M−1―」の本番で、シュウペイはあることをしたと明かす。

シュウペイ「僕は『M−1―』ファイナリストで唯一、スタイリストを入れた芸人です(笑)。それまでの衣装は黒いジャケットとズボンでしたが、上下が合っていないものでした。周りから“変えた方がいいよ”と言われていたので、これは決勝で変えるしかないなと。それで当日、スタイリストを入れたんです。スーツも靴も本番で初めて身に付けたのでちょっと心配でしたが、馴染んでくれて良かったです。そのまま衣装を買い取り、今はこのスタイルが定着しています」

松陰寺「僕のスーツのホコリを取ってくれたり、“良かったら履いてください”とスリッパを出してくれる人がいるんですけど、僕らにしかサービスをしないんです。後から“あっ、相方のスタイリストだったんだ”って」

シュウペイ「彼はもともと、バイト先で知り合った後輩なんですよ。お互い、有名になったら一緒に仕事をしようねと約束していて。僕が『M−1―』決勝に進んだと伝えたら、“タダでいいので、手伝わせてください”と言ってくれました。『M−1―』後に“お笑いを見て感動したのは初めてです。ちょっと泣きそうでした”と言うので、思わず“泣かなかったんか~い!”とツッコみましたけど(笑)。今はすっかり仕事仲間です」

では“時を戻そう”。「M−1―」で、彼らの出番は10番目。順番が決まるくじ引き“笑神籤(えみくじ)”で、ぺこぱのくじはなかなか引かれなかった。

松陰寺「早くネタをやりたかったです。TAIGAさんから“ネガティブな気持ちになるのはやめとけ、トップバッターになったとしても後ろ向きになるな”と言われていました。だから1番来い、2番来い、と笑神籤のたびに思っていたんです。でも全然呼ばれないから、変な呪いにでもかけられたんじゃないかと思って(笑)」

シュウペイ「笑神籤のたびに意気込んで、出番じゃないから脱力を繰り返していると、体力を結構使うんですよ」

松陰寺「毎回2アウト満塁で、ランナーが牽制タッチアウトになるバッターの気持ちでした。“あっ、バットを振る暇がなかった”という(笑)」

シュウペイ「その気持ちを何度も繰り返したことで、実際の出番ではあまり緊張せず、リラックスして挑めたんです。逆に楽しもうと思ったし、“この景色を忘れないようにしよう”と思い出を作る気分でしたね」

松陰寺「シュウペイはセリフ量が少ないから、それくらい余裕があるよね(笑)。僕はとにかく、ちゃんとしゃべろうと思ってました」

そして高得点を獲得し、3位になって最終決戦に進出。そのときの気持ちはどのようなものだったのか。

松陰寺「シンプルに、よっしゃ!と。あのときはキャラも何もなくなって、ただの松井勇太(本名)がガッツポーズしてました(笑)」

シュウペイ「僕は“もっとテレビに映れるな”って(笑)。最終決戦に行かないと、この先はほとんど映ることができないことが分かっていましたから、ラッキーと思いました。あとは松陰寺さんがかなり興奮していたので、“まだ次があるから”と押さえていた感じですね。最終決戦では最初にネタをやることになるだろうから、“一回落ち着け!”って(笑)」

松陰寺「うん、言われたね。それくらい興奮してました」

かつてはBLコントやHIP HOP漫才などもしていたぺこぱ
撮影=二瓶彩

軽々しく「『M−1―』優勝を目指します」とは言えません

「M−1」の結果は3位だったが、環境は大きく変わったと言う。

松陰寺「よく話しているんですけど、Twitterのフォロワー数が5000人から16万人まで伸びて、ビビりました」

シュウペイ「声をか掛けられる機会が増えました。先日はタクシーの運転手さんから“『M−1―』でやったタクシーのネタ、面白かったです”と言われて、うれしかったな」

松陰寺「僕はメイクを落とすと、誰にも気付かれないので(笑)」

「M-1―」で大きく人生が変わった2人。今の新たな目標を尋ねてみた。

松陰寺「今は毎日が本当に…」

シュウペイ「エブリディ?」

松陰寺「そう、通訳ありがとう(笑)。エブリディ、経験したことない現場ばかりなので、全力で取り組んで…」

シュウペイ「どうしたんだよ、もっと松陰寺っぽいこと言えよ!」

松陰寺「…そうだね、政治家が法案をひとつ通すだけじゃなく、僕のひと言で世の中が少し変わっていく。そんな男になりたいね」

シュウペイ「ふざけてないで、マジメに答えなよ」

松陰寺「どっちなんだよ!(笑)」

シュウペイ「僕はもともとの夢である『東京ガールズコレクション』に出たい。あと渋谷・109の円柱とか、渋谷のスクランブル交差点から見える大型ビジョンに映る広告に出演したい」

松陰寺「もう一回、ギャル男をやれよ!」

シュウペイ「芸人としての夢はあんまりないんだよね、申し訳ないけど(笑)」

今年の「M−1―」では、優勝候補として名が挙がるのでは?と聞くと――。

松陰寺「もちろん目標ではありますが、たやすいことではないので」

シュウペイ「めちゃくちゃ大変です」

松陰寺「だから軽々しく“優勝目指します”とは言えません。本当の覚悟がある人しか、言っちゃいけない言葉じゃないかなって」

どんなネタで、勝負を賭けるのだろうか。

松陰寺「まだ決めてはいないんですけど、それこそシュウペイがやりたがってるHIP HOP漫才とか、過去にやったヤツは二度とやらないです(笑)。ここに来るまでに辞めた理由が、ちゃんとあるので」

シュウペイ「じゃあ“クリス松村漫才”も、もうやらないのか…」

松陰寺「おい、やめろよ! “クリス松村漫才”抜きでこの取材を乗り切れると思っていたのに、何で最後に言うんだよ!!」

シュウペイ「松陰寺さんは昔、もっとヤセていたんですけどそのときの顔が、クリス松村さんにめっちゃ似てたんです。ピタッとした服を着てストールを巻いたらさらに似たので、ボケとして取り入れたんですけど、全然ウケませんでした(笑)」

松陰寺「そのネタは、フタが厳重なゴミ箱へ捨てたはずなんだよ! 何で、ここで漏れるんだよ!!(笑)」

ぺこぱ略年表

2008年 「先輩・後輩」という名でコンビ結成

「ナイスデイ」という事務所に所属するも、すぐフリーに足を高く挙げるツッコミスタイルの漫才を始める。初め

てのライブ出演。

2009年 BL(ボーイズラブ)のコント・漫才を始める。

2010年 オスカープロモーションへ移籍。

HIPHOP漫才を始める。

2013年 「ぺこぱ」に改名。松陰寺がホスト風キザキャラの漫才を始める。

2014年 松陰寺が和服にローラーシューズでステージを動き回るようになる。「うつけもん」に出演。

2018年 現在の漫才スタイルの原型が完成。

2019年 「おもしろ荘」優勝。サンミュージックへ移籍。「M−1グランプリ」3位。

2020年 今に至る。(ザテレビジョン・取材・文=篠崎美緒)

元記事で読む