1. トップ
  2. グルメ
  3. 築90年の古民家カフェで、話題のチョコがけいちごショートケーキを♪ 伊豆仁田「irodori」

築90年の古民家カフェで、話題のチョコがけいちごショートケーキを♪ 伊豆仁田「irodori」

  • 2020.2.15
  • 3794 views

伊豆半島の入口に位置する函南町に、スイーツ好きを虜にするカフェがあります。「irodori」は、築90年の古民家で洗練されたケーキを楽しめる人気店。SNSで話題の「ストロベリーショートケーキ チョコレート」は、とろ~りしたたるチョコレートや、断面のフォルムがなんともフォトジェニック!レトロな空間で美味しいひとときを楽しめるとあって、連日多くのリピーターで賑わっています。

築90年の古民家カフェで、話題のチョコがけいちごショートケーキを♪ 伊豆仁田「irodori」
築90年の古民家カフェで、話題のチョコがけいちごショートケーキを♪ 伊豆仁田「irodori」
築90年の古民家をリノベしたカフェ
築90年の古民家カフェで、話題のチョコがけいちごショートケーキを♪ 伊豆仁田「irodori」
シックな黒塗りの門がお出迎え

三島駅から、静岡のローカル鉄道 伊豆箱根鉄道駿豆線にゆられること約15分。伊豆仁田駅を降りて数分の場所にあるのが、「irodori(イロドリ)」です。

重厚な黒い門をくぐると、清らかな別世界に一変。水打ちされた石畳や手入れの行き届いた木々、お庭に遊びにくる小鳥たちのさえずりが、心を和ませてくれます。

1930年代のアンティーク家具に囲まれた店内
築90年の古民家カフェで、話題のチョコがけいちごショートケーキを♪ 伊豆仁田「irodori」
ことりっぷ

カフェスペースは、築90年の古民家の梁やガラス戸を活かして、居心地の良い場所へとリノベーション。大きなガラス張りの窓から優しい日差しが差し込み、懐かしい雰囲気とともに開放感がある空間になっています。

置かれている家具は、オーナーが1つ1つ選び抜いた1930年代のアンティーク家具が中心。時を経て飴色に変化した椅子やテーブルは、なんとも言えない味わいがあります。それぞれデザインが異なるため、どこに座ろうか迷ってしまうほど。

築90年の古民家カフェで、話題のチョコがけいちごショートケーキを♪ 伊豆仁田「irodori」
フェルトでできたリスは本物そっくり!

注文したケーキを待つ間は、店内をぐるぐる巡って、じっくりお気に入りの雑貨を探しましょう。オーナーがセレクトしたアート作品は、作り手のぬくもりを感じるものばかり。身のまわりに置きたくなるお気に入りが、きっと見つかるはずです。

旬のいちごとチョコを組み合わせたケーキ
築90年の古民家カフェで、話題のチョコがけいちごショートケーキを♪ 伊豆仁田「irodori」
「ストロベリーショートケーキ チョコレートがけ」(900円)

「irodori」に足を運んだらぜひ味わいたいのが、季節ごとに内容が変わるショートケーキ。

いちごがおいしい冬から春にかけては、「ストロベリーショートケーキ」と「ストロベリーショートケーキ チョコレートがけ」の2種類を提供。特に人気が高いチョコレートがけは、毎年、登場するのを楽しみにしているファンも多いとか。口に含むと、甘酢っぱいいちごとチョコ、生クリームの組み合わせがベストマッチ。ひと口でファンになってしまう贅沢な味わいです。

シンプルに見えるショートケーキですが、季節によってより良い素材を厳選し、最高の味を追求しているそう。いちごは、農薬に頼らず、手間ひまかけて育てられた地元・韮山産の無農薬いちごを使っています。

断面が美しい♪ 心躍る手作りケーキ
築90年の古民家カフェで、話題のチョコがけいちごショートケーキを♪ 伊豆仁田「irodori」
ことりっぷ

毎朝焼き上げるケーキは、常時10種類ほどを提供。季節ごとに限定のメニューも発売されるので、訪れるたびに違った美味しさを味わえます。

焙煎したピスタチオと生のピスタチオをブレンドして作った「ピスタチオのショートケーキ」(1000円)や、オレンジのリキュールでバナナをフランベした「バナナカスタードパイ」(750円)は断面が美しく、目でも舌でも楽しめる逸品。

紅玉りんごがゴロゴロ入った「くるみ入りアップルパイ」(750円)は、熱々のパイと冷たいバニラアイスのハーモニーを楽しんでくださいね。

築90年の古民家カフェで、話題のチョコがけいちごショートケーキを♪ 伊豆仁田「irodori」
ことりっぷ

ケーキと合わせるなら、ケーキに負けない深入り珈琲の「irodoriブレンド」(600円)や、フランス製のカフェオレボウルに入った「ロイヤルミルクティー」(650円)や「カフェオレ」(650円)がおすすめです。

おいしい幸福を求めて、ぜひ「irodori」に足をのばしてみてはいかがでしょうか。

元記事で読む