1. トップ
  2. メイク
  3. 田中みな実さん的「モテるヘアメーク」に挑戦してみた【困り眉メーク編】

田中みな実さん的「モテるヘアメーク」に挑戦してみた【困り眉メーク編】

  • 2020.2.19
  • 8654 views

あざとい女性は嫌い、なんてまだ思っていませんか?田中みな実さんのような「あざと可愛さ」は令和流〝モテ道〟のど真ん中なんです!ここぞ、というシーンごとに、田中さん風になれるヘアメークをご紹介します。
第1回目は、物憂げな眼差しで彼の心をギュッとつかむ「雨の中待ち合わせ」風メークをご紹介します!

Scene1.雨の中待ち合わせ
「ずっと待ってたよ」と物憂げな眼差しで彼の心をギュッとつかんで。

田中みな実さん的ヘアメーク

メイク

思わず守ってあげたくなる、何かを訴えかける困り眉

田中みな実さん顔といえば、困り眉!「守ってあげたい」と思わせる最重要パーツです。困って見せるのに大切なのは強弱をつけた眉の描き方。眉頭の上と眉尻は強く、眉頭の下と眉山は弱くするのがコツ。その眉とベストバランスなアイメークと一緒にマスターして。

EYEBROW & EYE
A パウダーで仕上げた眉の上からリキッドペンで描き足すことで自然な眉に。
エスプリーク W アイブロウ(リキ ッド&パウダー)BR301¥2,100[編集部調べ](コーセー)
B インサイドはブラウンで埋めるとナチュラルに。
ケイト レアフィットジェル ペンシル BR-2¥1,100[編集部調べ](カネボウ化粧品)
C 眉の形を修正するのは薄い色が最適。
ディオールショウ パンプ&ブロウ 011¥3,200(パ ルファン・クリスチャン・ディオール)
D 薄い色がセットになったパレット。
ブロウクチュール パレット1 ¥6,900(イ ヴ・サンローラン・ボーテ)
E 優しい印象の目元になる、オレンジがかったベージュとブラウン。
カネボウ アイカラーデュオ05 ¥2,300(カネボウインターナショナル Div.)

1. Dの真ん中の色で眉頭を描きます。鼻筋の延長上からスタートするのがコツ。

2. 1と同じ色で眉尻を描きます。眉尻下のえぐれた部分を埋めて平行眉にするイメージ。

3. Dの真ん中と下の色をぜて眉全体にON。元の太さ+30%に描き足して太眉に。

4. Aの眉リキッドを使ってて眉頭の上、眉尻の下、太くした部分を描き足し、立体感を。

5. Cのマスカラで眉頭の下、眉山を塗ります。ここを薄くすることで優しい印象の眉に。

6. Eの上の色でアイホール全体を塗ります。横長のアーモンドアイをイメージして塗って。

7. Eの下の色で目頭と目尻を塗ります。目尻は少し外に流して切れ長な目元にします。

8. Bのジェルライナーで上まぶたのインサイドを埋めます。細い線で塗りつぶして。

9. Bで目尻だけラインを追加。目のカーブに合わせて、5mmくらいはみ出させて。

Point1.チーク

CHEEK
F クレ・ド・ポー ボーテ ブラッシュクレーム4 ¥4,500(クレ・ド・ポーボーテ)
G アベイユ ロイヤル ウォータリー オイル 30mℓ ¥11,600(ゲラン)

Fのチークを指のはらにとり、頬の外側の高めの位置に薄く伸ばします。Gのオイルは、光を受ける頬の中心や鼻筋に少量を伸ばします。

Point2.リップ

LIP
唇は男性ウケのいいピンクベージュにするのがお約束。
ヴィセ アヴァン リップスティック013 ¥1,600[編集部調べ](コ ーセー)

唇に直接塗ります。上唇の山と、その下の下唇の輪郭はしっかりと描き、それ以外は軽くぼかすと可愛らしい印象になります。

ヘア

ふわっとして柔らかそう!を連想させることが大切

田中みな実さんの髪型って、わかりやすい特徴がないのがポイント。しっかり巻き髪じゃないし、トレンドのタイト感もない…。でも、それこそがモテる秘密。作り込まれた感を排除した、ふんわり柔らかな抜け感を目指して、密かにヘアを仕込むことが重要なんです。

みずみずしいツヤのある髪に仕上がります。
トリエジューシー スプレー0 170g ¥1,600(ルベル/タカラベルモント)

1. 太目のアイロンを縦に使って、全体をリバースに巻きます。毛先は巻かないのがコツ。

2. 髪が空気を含んでふわっとするよう、かき上げながら内側にスプレーをかけます。

教えてくれたのは…ヘア&メークアップアーティスト 二法田サトシさん

faccie代表。雑誌のほか数多くのブライダルヘアメークも手掛け、まさに「万人に愛される」ヘアメークのテクニックを熟知しています。

撮影/前田 晃(MAETTICO)〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 モデル/西野実見 ヘアメーク/二法田サトシ(faccie) スタイリング/児嶋里美 デザイン/椚田祥仁 取材/よしだなお

元記事で読む