1. トップ
  2. ダイエット
  3. 顔のゆがみを矯正!たるみをリセットできる「顔筋ほぐしマッサージ」とは?

顔のゆがみを矯正!たるみをリセットできる「顔筋ほぐしマッサージ」とは?

  • 2020.2.17
  • 3542 views

年齢を重ねるごとに筋肉は老化していき、筋線維はどんどん硬く縮まりやすくなります。そして、顔の筋肉が硬直して顔を横に引っ張ってしまうことに加えて、生活習慣によるクセで顔のゆがみ、たるみは起こります。

そのクセとは、食事のときに片側だけで噛む、片頬に手を置いて頬づえをつく、など、無意識に偏った筋肉の使い方をしている、などということを指します。まずはその悪しき習慣の蓄積が、ゆがみ、たるみによる「顔老け」を引き起こしていることを自覚しましょう。

とはいえ、クセを治すのはなかなか難しい…。そこで村木さんに顔の筋肉をゆるめ、顔のゆがみをリセットする簡単マッサージを教えてもらうことに。

大頬骨筋、小頬骨筋、側頭筋が交差する頬骨下に親指で圧をかけて緩めていく、という手法で、凝り固まった筋肉がすぐにほぐれてスッキリするのを実感。たるみも歪みも解消されて、どんどんシャープ顔になる嬉しい効果が!さらに顎の関節がスムーズに動くようになり、しゃべりやすくなるというメリットもありますよ。

村木宏衣さん
アンチエイジングデザイナー
(むらきひろい)大手ステティックサロン、整体院、美容医療クリニックでの勤務経験を経て、小顔、リフトアップ、むくみ、ボディメイキングなど女性の悩みに対して、独自の「村木式 整筋」メソッドを確立。2018年「クリニックF」内「Amazing♡ beauty」を開設。最新刊は「50年の人生を通して確立した「美」や「健康」に対する考え方・習慣をまとめた 『おとなの美人習慣』(KKベストセラーズ)。 」Instagram

体験者:武田宏美さん
(38歳・音楽配信サービス会社勤務)
「無意識のうちに顔の筋肉を緊張させていたんだとわかるくらい、硬くなっていたのに驚きです。イタ気持ちいい圧でしっかりとほぐれて、すぐに顔がスッキリ。筋肉がほぐれたことで、口元のこわばりが取れて口角がキュッと上がり、笑いやすくもなりました」

ゆがみを矯正し、たるみをリセットする顔筋ほぐしマッサージ

■Step1:親指で頬骨下から圧をかけて「あぐあぐ」と口を動かす

両手を開いて、親指の腹を頬骨の下に置く。4本の指は側頭部に添えて位置を固定し、両手で頭を挟むようにしましょう。親指のポジションは頬骨から2㎝下あたり。親指の腹で斜め上に圧をかけながら、口を大きく「あぐあぐ」と開け閉めします。これを6セット繰り返します。

親指で頬骨下から圧をかけて「あぐあぐ」と口を動かしている様子
声は出さなくてもOK。口を動かすことで、皮膚を擦ることなく、筋肉の深いところをほぐすことができる。
■Step2:ほぐす位置は、頬骨下に沿って、耳の手前のくぼみまでの4カ所

Step1の要領で、頬の筋肉を捉えながら、頬骨下に沿って耳の手前のくぼみまで丸印の4カ所をほぐしていきましょう。1カ所につき、「あぐあぐ」という開け閉めを6回行ってください。

頬骨下に沿って、耳の手前のくぼみまで4カ所に分けてほぐす位置を示している
頬骨の下から斜め上に押し上げ、親指の腹で骨に圧をかける感じで行うのがコツ。

【まとめ|ゆがみを矯正し、たるみをリセットする顔筋ほぐしマッサージ4か条】
1. 顔の歪み、たるみが起こり、それによって老け感が増していく。
2.歪みの元凶は、顔の筋肉が硬直して顔を横に引っ張ってしまうこと。
3.大頬骨筋、小頬骨筋、側頭筋が交差する頬骨下に圧をかけて緩めていく、という手法が有効。
4.頬の筋肉がほぐれて柔軟になると、たるみも歪みも解消されて引き締まったシャープ顔に!

以上、ゆがみを矯正し、たるみをリセットする顔筋ほぐしマッサージを教えていただきました。

セルフケアは、続けることが大事。「誰でも簡単に効果テキメン」のアンチエイジングメソッドに限定して、毎週土曜日にテーマを変えてお届けします。

次回は2月22日(土)の更新です。お楽しみに!

元記事で読む