1. トップ
  2. 恋愛
  3. 大人のバレンタイン「胸キュン」体験談!元カレと再会、年下くんからの手紙…

大人のバレンタイン「胸キュン」体験談!元カレと再会、年下くんからの手紙…

  • 2020.2.14
  • 3866 views

バレンタインデーにわくわくしているのは若い子だけ?いえいえ、そんなことはありません。かわいいチョコレートやギフトに心を躍らせ、恋の始まりを期待しているのは大人も同じ!

今回はアラサー・アラフォーの女性たちに、大人になってからのバレンタインの胸キュン体験談を聞いてみました。大人ならではのときめきエピソードをご紹介しましょう。

■元カレとバレンタインに再会!

「高校生の頃、元カレとよく行ったカフェの前を通りました。懐かしくなって10年数ぶりに入ったら、なんと彼にバッタリ。積もる話もあっていい雰囲気に」(32歳/派遣社員)

学生時代の恋は切なく胸に刻まれるもの。当時の彼がなんとなく忘れられず、大切な記憶になっているという人も多いのではないでしょうか。

バレンタインに思い出の場所で再会なんて…まるで少女漫画!彼に会ったとき「変わらないね」と言ってもらえるよう、サビない自分でいたいですね。

■気になる彼にだけ特別なチョコを

「習い事の先生や生徒さんたちみんなに義理チョコをあげたのですが、気になる男性にだけちょっと高級なチョコを渡したら『期待してもいいってこと?』と冗談っぽく言われました。次の週には付き合うことに」(29歳/デザイナー)

社会人になってからのバレンタインは季節行事の一環。そんな風潮を逆手にとって、義理チョコやバラマキチョコを楽しむ中で、意中の男性にこっそり違うチョコを贈るというアプローチ、ドキドキしちゃいますね。

脈ありっぽいけど付き合ってないという関係なら、本命チョコがグッと後押ししてくれるはず。

■年下くんから手紙つきの逆チョコ!

「数年前、職場の年下のバイトくんからバレンタインに逆チョコをもらってびっくり。『今度ごはん行きませんか?』と書かれた無骨な手紙に、ちょっとときめきました」(37歳/専門職)

バレンタインは女性が男性にチョコを渡す日という感覚は、若い世代の間では薄くなりつつあるんだとか。

こちらは13歳年下の男性から不意打ちのアプローチを受けたという女性。LINEで連絡をとるのではなく、手紙を添えるという古風なスタイルに「かわいい…」とグッときたようです。

結局、職場の仲間以上の関係には発展しなかったとのことですが、年下男性のまっすぐさを目の当たりにしたら、心が揺れそうですよね。

■尊敬する上司の大人っぽさにキュン

「入社以来、ずっと憧れていた上司にチョコをプレゼントしたら『いつも頑張ってる〇〇さんには、きちんとお返しをしなきゃね』と行きつけのバーに連れて行ってくれて。理想の大人って感じで、当時20代前半だった私はキュンキュンしました」(33歳/出版社)

部下にとって、デキる上司は現実以上にかっこよくスマートに見える存在。大人の魅力と素敵なバーの合わせ技にうっとりするのも無理はありません。

行きつけのお店にこっそり連れて行ってくれるという“2人の秘密”感も、ときめき度を急上昇させてくれそうです。

■大人の恋が始まる予感?

学生時代と違って、大人になってからのバレンタインデーは、単なる行事・習慣になってしまいがち。それでもロマンチックなムードや、お店で見かけるチョコレートには、少なからずときめいてしまうのでは?

2020年のバレンタイン。ほんの少しの勇気とタイミングがきっかけで、素敵な恋がやってくるかもしれません。

ライタープロフィール
musubi

元記事で読む