1. トップ
  2. レシピ
  3. 油淋鶏の魔法のタレで「ブリの油淋鶏」

油淋鶏の魔法のタレで「ブリの油淋鶏」

  • 2020.2.14
  • 1060 views

油淋鶏(ユーリンチー)と言えば、文字通り、鶏肉で作るものですが、油淋鶏のタレは豆腐にかけても切ったトマトにかけてもおいしい。
その上、お魚もおいしくしてくれるという万能さ。
我が家では「魔法のタレ」的存在です。

もちろん王道の鶏肉で作るのが一番美味なのかもしれませんが、鶏肉は火通りに時間がかかるので、忙しいときは火が通りやすい魚で作ったほうが時短になります。
それに更年期の年代に突入した今、肉より魚の方が健康面でも良いと思い、毎日の食卓に意識して魚メニューを登場させるようにしています。

ちなみにブリを買うときは、背側よりも腹側を買われたほうがお得かも。

なぜなら、オメガ3脂肪酸という脂が多く含まれているから。
このオメガ3脂肪酸は、血液サラサラ作用中性脂肪を減らす作用が期待できます。
つまり、ブリを購入するときは、皮が黒いものよりも白い(銀色)ものを買ったほうがオメガ3脂肪酸の恩恵を受けられるということです。

魚料理が苦手な方でも、ブリを焼いて、混ぜるだけのタレをかけるだけなので簡単ですよ!


■ブリの油淋鶏

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 2人分>
ブリ 2切れ
塩 少々
片栗粉 適量
ゴマ油 適量

長ネギ 15~20cm
酢 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ1/2
ゴマ油 大さじ1


<作り方>
1、ブリを食べやすい大きさに切り、軽く塩をふる。ポリ袋に片栗粉と一緒に入れる。ポリ袋を息で膨らませて風船状にし、振って片栗粉をまぶす。

2、ゴマ油を熱したフライパンで(1)を焼く。

3、<ネギソース>を作る。長ネギは小口切り(端から輪切り)にし、他の調味料と混ぜ合わせる。



4、ブリを器に盛り、ソースを適量かける。

ブリで気軽に油淋鶏!

(長 有里子)

元記事で読む