1. トップ
  2. <有村架純>芝居をする上で大事にしてきた監督の言葉「余計なことすんな、普通でいいから」

<有村架純>芝居をする上で大事にしてきた監督の言葉「余計なことすんな、普通でいいから」

  • 2020.2.13
  • 616 views
有村架純がWEBムービーに出演
KADOKAWA

女優の有村架純が出演する、シチズン時計株式会社の最新かわいいウオッチ「wicca(ウィッカ)」のWeb動画「香りの記憶」が、2月13日(木)より公開。また、インタビュー動画も公開となり、有村が撮影の感想などを語った。

【写真を見る】花束を受け取りキュートな笑顔を見せる有村架純のオフショット

本動画では、有村が文筆家・写真家として活躍する蒼井ブルーによる書き下ろしの詩を朗読し、詩の中で描かれる恋する女性を体現。

全3本の動画では、初めて出会った男性にときめく気持ち、好きな人の好きなものを好きでいたいというけなげな気持ち、香りをきっかけに過去の恋愛を思い出す切ない気持ちをテーマに、恋する女性のショートストーリーが展開される。

感情の機微を表現する有村の繊細な朗読と、恋する女性を演じるかわいらしい表情が見られる映像となる。

また、撮影現場の様子を捉えたメーキング動画と、撮影の感想や27歳の抱負などを語るインタビュー動画も公開。

Web動画「香りの記憶」の1本『春の香り』では、友人たちとのホームパーティーで一人の男性と出会い、胸がときめく瞬間が描かれ、『コーヒーの香り』では、好きな男性と同じ、ブラックコーヒーを背伸びして飲む女性(有村)のけなげな心情が。

そして『あの人の香り』では、好きだった男性の洋服の香りがテーマ。香りをきっかけにある人のことを思い出す、そんな切ない心情が描かれる。

また、メーキング動画では、柔らかな表情で詩の主人公である女性を演じる様子や真剣なまなざしで朗読する有村の姿などが捉えられている。

インタビュー映像も!

さらに、今回の撮影にちなんだインタビュー動画も公開に。以下にて一部抜粋で紹介する。

――撮影はいかがでしたか?

今回は3シリーズ撮ったんですけど、蒼井ブルーさんという詩を書かれている方の言葉と一緒にコラボレーションするような形で撮影させていただいて。最初と最後に朗読をしているような形で撮って、その間に自分の思い出を思い出しているような(内容の)3本になっています。

朗読するところと普通の日常を描いた部分との2つを撮ったんですけど、日常のところはそんなに深く考えずに、お相手の方もいらしてくれたので自然なやりとりができたかなと思います。

朗読のところは言葉を伝えないといけないので、しっかり一個一個の言葉を残せるように工夫して撮りました。

――有村さんにとって最近出会った言葉や、人からかけられた言葉の中で大切にしている言葉があれば教えてください。

私は10年お仕事させていただいて、この10年でかけていただいた言葉たちは10年間守り続けてきたと思ってますし、監督や事務所の方々、周りの先輩など、いろいろな方々に言葉をもらって、それを本当に大切にしてここまでやってきたので…。

いろんな出会いがあって数え切れないくらいの言葉たちを頂いて、育てていただいたのかなというふうに思っています。

――特に座右の銘のような、仕事する時に心に留めている言葉はありますか?

監督の言葉ってものすごく響くんですよね。作品をやっている時に一番信頼するのは監督ですし、本当にレンズを通して自分を見透かされている気がするので、ごまかせないし、うそもつけないし。

そのような監督から、自分に対してムチを打ってくれたりとかする言葉をかけてもらったんですけど、芝居をしていた時に「余計なことすんな、普通でいいから」って怒られたことがあって。

「悲しいから悲しい顔するとか、作んなくていいから。気持ちがあったら目で伝わるから」っていうふうに言われて。私はそれをただ大事にして、これまでお芝居をやってきたという感じですね。

有村「いい意味で縛られない」

――2月13日が27歳の誕生日ということで、27歳になる感想やチャレンジしたいこと、抱負など教えてください。

ちょうどお仕事を始めて10年目になって。これまで本当に自分が守りたいものを守り抜いたって言えるくらい大切にしてきたので、それをこれからもずっと大切にし続けるのも一つの方法だとは思うんですけど、また新しい言葉たちを見つけるためにも、それを一回忘れるじゃないけど、もう自分の中で守り抜いたからそれは一回しまっておいてもいいのかなというふうに思って。

いい意味で縛られないというか、そんな27歳から進んでいけたら良いなと考えています。

――具体的にやってみたいお仕事とかございますか?

いっぱいありますね。まだまだ見たことない景色もありますし、やってきていない役柄もありますので、主演に限らず、物語の一つのピースとして携わることもやっていきたいなと思います。(ザテレビジョン)

元記事で読む