1. トップ
  2. 窪田正孝「二人とも地面に顔がついちゃうんじゃないかなくらい」監督と話し合い<映画「ファンシー」>

窪田正孝「二人とも地面に顔がついちゃうんじゃないかなくらい」監督と話し合い<映画「ファンシー」>

  • 2020.2.8
  • 519 views
映画「ファンシー」の公開記念舞台あいさつに登壇した永瀬正敏、窪田正孝、小西桜子、廣田正興監督
KADOKAWA

【写真を見る】窪田正孝にピュアさを絶賛された小西桜子

映画「ファンシー」の公開記念舞台あいさつが2月8日に東京都内で行われ、出演者の永瀬正敏、窪田正孝、小西桜子と廣田正興監督が登壇した。

本作は、山本直樹の短編漫画を実写化。現実とファンタジーの狭間を揺らめく男女3人の関係性がスリリングに描く。昭和の面影を残す時が止まったかのような温泉街を舞台に、個性豊かなキャラクターが生み出す映像世界は、見る者に新しい刺激をもたらす。それぞれの愛を探し求める鷹巣(永瀬)、ペンギン(窪田)、月夜の星(小西)の3人は、あてどない漂流の果てに何を見つけるのか。はかない一瞬の映像詩のような独創的なエンターテインメントとなっている。

永瀬正敏
KADOKAWA

永瀬「改めて声をかけていただいて、即決でした」

廣田監督は「この日を迎えられてとてもうれしいです」と出演者やスタッフキャスト、観客に感謝を述べ、「今回は自分が見たかった映画を撮れた気がします」と語った。

永瀬は、長編映画監督デビューした廣田監督、本作で映画デビューを果たした小西に「お二人の一生に一度の場に、一緒に立ててとても光栄に思います。皆さん、ぜひ応援してください」と祝福の言葉を送った。

また、窪田は「監督の指導の下、ペンギン役としてファンタジーな世界に溶け込めて貴重な体験をさせていただきました」と、小西は「“月夜の星”として、いよいよ私にとって初めて出演した映画が公開されたということで、本当にうれしく思います」とそれぞれの心境を明かした。

廣田正興監督
KADOKAWA

さらに、「この日を迎えるまでどんな思いで過ごされていたか?」と問いに、廣田監督は「言葉にはできない初めての気持ちというか…本当に皆さんに対する感謝で、ずっと心で(喜びを)かみしめながら生きてました」「生きてます」と繰り返し、喜びを隠しきれない様子。

永瀬は「(廣田監督と)出会ってから16、7年前に廣田監督が商業映画デビューするなら、この作品でデビューしたいというこの作品の原作を読ませていただいて、その時にぜひ出てくださいと言われたので、軽く『いいよ』と答えてしまって…(笑)。17年くらいたって、ちゃんと約束を守れてよかった」と話し、さらに「監督がずっと諦めずに今まできたというのが素晴らしいなと思って、今回改めて声をかけていただいて、即決でした」とともに喜びをあらわにした。

窪田正孝
KADOKAWA

窪田「役者と監督という関係性ではなかなかできない絆みたいなものが、本作の映像に詰まっている」

窪田は、自身のペンギン役についての印象を聞かれ「最初、原作と一緒にこの企画の話をいただいた時に、“ペンギン”って書いてあって、原作を読ませてもらっても“ペンギン”しかいなかったから、これは…どうするのかな? 特殊メークかな? とか思っていたら『このままで』と言っていただいて」と、戸惑ったという当時の心境を振り返った。

さらに監督との話し合いでは「監督が低姿勢でお話をされるお人柄なので、僕もどんどん下に行って、二人とも地面に顔がついちゃうんじゃないかなくらいで。『監督のやりたい意向に、僕は寄り添っていきたいです』『いやいやいや、ご自由にやってください』『いやいやいや…』というのを、一番最初にやったのが記憶に残っています」と監督とのやり取りを明かし、会場は笑いに包まれた。

ほか、ペンギンを演じるにあたってリサーチしたかという問いには、「リサーチ…」と少し考えつつ、「原作にもあり、映像で見ていただければ分かると思うんですけど、とにかく冷やす。僕、家が冷えているからなのか、現場中に大熱を出しまして…ちょっと寒かったのもあったんですけど、体調を崩しやすい役だったので、リークしているのか、僕がダメなのか分からなかったんですけど、一瞬撮影を止めてしまったこともありました。その節はすみませんでした」と撮影現場の寒さが伝わってくるエピソードも。

そんな窪田との初共演について、永瀬は「人類を超えていますからね、鳥類。世界で2、3人しかいないんじゃないですかね、鳥類を演じられる役者さんっていうのは。最初のカットから(窪田は)自分のペンギン像というのがしっかりあって、どんどんペンギンにしか見えなくなっちゃってましたね」と窪田のペンギン役を絶賛。

それに対し、窪田は「(永瀬と)監督とのお二人の関係性にほっこりできて、そこに携われたことが何よりうれしかったです。役者と監督という関係性ではなかなかできない絆みたいなものが、本作の映像に詰まっているなと。それもお二人の長いお付き合いがあったからなのかなと思って、見させてもらっていました」と話した。

小西桜子
KADOKAWA

小西「こんな日がくるとは思ってなかったです」

小西は、「商業映画が初めてだということで緊張しましたか?」と聞かれ、「もちろん緊張しました。それこそ映画とかで見ていた方々だったので、こんな日がくるとは思ってなかったです。すごい光景だなって改めて思います」とういういしさが伝わる回答。

また、永瀬と窪田(小西とは「初恋」でも共演しているが、撮影は本作が先)との初共演については、「(窪田は)本当に優しくて、最初からフランクに話しかけてくださって、緊張をほぐしてもらいました。永瀬さんも、本当にお優しくて、お二人がお相手の初めての映画で心からよかったなと思ってます。廣田さんにも、いっぱいサポートしていただいて、たくさん優しくしていただいて本当にありがとうございます」と感謝を伝えた。

そんな小西に対して、永瀬は「原作から飛び出たような感じがして、ぴったりだなって思っていました」と話し、窪田は「桜子ちゃんとは今回が初めてで、真っすぐさでは誰にも負けないんじゃないかな」と言い、「何ものでもない透明な桜子ちゃんの心がそのまま役に浸透していたので、それを真正面に受けたときに、『あっ、けがれた』って思いましたね。『けがれているのか? ダメだ、俺…』みたいな感じになったくらい。真っすぐなピュアさに救われました」と小西のピュアさに圧倒された模様。

撮影地での思い出に残っているエピソードについて、窪田は「毎朝、毎晩温泉につかりました。ランチにはお肉屋さんに行った」と撮影地・長野の温泉街、上山田の街を堪能した様子を明かし、「ぜひ聖地巡礼などで行ってみてください」と登壇者全員で絶賛していた。(ザテレビジョン)

元記事で読む
の記事をもっとみる