1. トップ
  2. おでかけ
  3. 横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン 2020」日本の伝統柄“文様“を花々で表現した和の庭園

横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン 2020」日本の伝統柄“文様“を花々で表現した和の庭園

  • 2020.2.6
  • 7175 views

横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン 2020」日本の伝統柄“文様“を花々で表現した和の庭園

横浜赤レンガ倉庫にて、敷地内にフラワーガーデンを設置するイベント「七つの文様を奏でる庭 〜FLOWER GARDEN 2020(フラワーガーデン 2020)〜」が2020年4月3日(金)から4月26日(日)まで開催される。

undefined
www.fashion-press.net

テーマは和モダン、日本の伝統的な柄を表現したフラワーガーデン

横浜赤レンガ倉庫が2007年4月にリニューアルオープン5周年を記念して初開催した本イベントは、毎年テーマを変えながら様々なフラワーガーデンを披露している春の恒例企画。開催14回目を迎える今回は「和モダン」をテーマに、日本古来の伝統的な柄である“文様”をイメージした7つのエリアが登場する。

縁起担ぎや幸せへの願いを込めた7つの“文様”

縁起担ぎや幸せへの願いを込めて古くから使われていたという「文様」は、枝垂れ桃や竹といった和の草木と洋花を組み合わせて表現。会場入り口に設置される調和の象徴「七宝の庭」や、色鮮やかな花々で長寿への願いを込めた亀甲柄を描いた「亀甲の花壇」、幸福・反映を意味する立涌の柄を青いネモフィラで表現した「立涌の流れ」など、それぞれに意味の異なる様々な“文様”が、美しいフラワーガーデンとなって来場者を迎えてくれる。

夜間は庭園内をライトアップ

歩みを進めるにつれて変わっていく庭園内の景色は、フォトスポットとしても魅力も抜群。18:00から19:00までの間は庭園内がライトアップされるので、昼間とは一味違う幻想的な夜の庭園も是非合わせて鑑賞してみてほしい。

開催概要

「七つの文様を奏でる庭 〜FLOWER GARDEN 2020(フラワーガーデン 2020)〜」
開催期間:2020年4月3日(金)〜4月26日(日)
※当初は3月27日(金)~4月19日(日)の予定だったが、会期を変更。
※キッチンカーは出店中止。
※ライトアップ 18:00〜19:00
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場 A
設営面積:約1,500平方メートル
植栽:枝垂れ桃、黒竹、多行松、ネモフィラなど約20,000株の花木を使用予定
入場料:無料

元記事で読む