1. トップ
  2. キャサリン妃&ウィリアム王子、シャーロット王女の「初めて」をネタにしたDJにお灸

キャサリン妃&ウィリアム王子、シャーロット王女の「初めて」をネタにしたDJにお灸

  • 2020.2.5
  • 3871 views

イギリス王室のウィリアム王子&キャサリン妃夫妻が、長女シャーロット王女の「初めて」について面白おかしくジョークを飛ばしたラジオDJにお灸をすえていたことが分かった。(フロントロウ編集部)

軽くお灸をすえられる

世界中が注目したシャーロット王女の初登校。9月から兄のジョージ王子と同じロンドン市内にあるトーマス・バタシー校に入学したシャーロット王女が、母キャサリン妃に手を引かれ、ちょっと照れ臭そうにする様子が可愛すぎると話題になった。

画像1: 軽くお灸をすえられる
画像2: 軽くお灸をすえられる

この時見かけられた、普通ではあまり考えられない光景について、英BBC Radio1のラジオDJグレッグ・ジェームスが、自身が出演する生放送番組でネタに。

校門の前で担当教師と握手を交わすという、王族らしいエチケットを見せたシャーロット王女について、グレッグは、「初登校の日に先生と握手で挨拶する人なんて誰もいませんよね?僕の時代はこうじゃなかった。先生から笑顔を向けてもらえたら、それで充分でしたよ」とちょっぴり皮肉ともとれるジョークを飛ばした。

この背景には、自分自身が小学の頃は、先生たちが厳しくてビクビクしていたという思い出や、ロイヤルファミリーであるシャーロット王女が、教師から手厚い歓迎を受けていたということへの“さすが”という思いも込められていたようなのだが、後日、ケンジントン宮殿を訪れ、キャサリン妃とウィリアム王子と対面する機会があったグレッグは、その時、2人からかけられた言葉にタジタジ。

なんと、夫妻は、グレッグがシャーロット王女の初登校をイジった回の放送をしっかりと聞いていたようで、「私たちは、あの朝の放送を聞いていましたよ。あなたの握手に関するジョークについて、ちょっとお話をしましょうか…」とチクリとお叱りを受けたのだそう。

画像3: 軽くお灸をすえられる

もちろん、キャサリン妃とウィリアム王子からグレッグへの“お叱り”は、本気で怒っていたわけではなく、ユーモアを交えた会話の中でのもの。

このエピソードについて、英Metroに話したグレッグは、思わず、「オー・ゴッド、ノー!」とリアクションしてしまったと明かした。(フロントロウ編集部)

元記事で読む