1. トップ
  2. 竹中直人、山田孝之、齊藤工が監督を務める!蒲郡が舞台の映画『ゾッキ』の制作発表会見をレポート【写真多数】

竹中直人、山田孝之、齊藤工が監督を務める!蒲郡が舞台の映画『ゾッキ』の制作発表会見をレポート【写真多数】

  • 2020.2.4
  • 516 views

映画『ゾッキ』の制作発表記者会見が、2020年2月3日(月)に「蒲郡クラシックホテル」(愛知県蒲郡市)で行われた。原作は、“孤高の天才”と称される漫画家、大橋裕之の初期傑作集『ゾッキ』。複数の短編漫画を繋いで実写化し、竹中直人、山田孝之、齊藤工の3人が監督として1本の長編映画を制作する。

【写真を見る】竹中直人、山田孝之、齊藤工の仲のよさが垣間見える、会見の様子はこちら!

映画『ゾッキ』は、2021年に全国で公開予定。ロケ開始日の前日に、制作発表会見が行われた
KADOKAWA

今回の会見には、共同監督を務める、竹中直人、山田孝之、齊藤工の3人はじめ、原作者の大橋裕之や市長の鈴木寿明らが登場。それぞれがプロジェクトに懸ける思いを語った。

日本映画界を代表する3人の俳優が共同監督を務める

今回のプロジェクトが始動するまでの経緯について、発起人である竹中はこう語った。

「2年前にある作品で共演した、前野朋哉という俳優の楽屋の冷蔵庫の上に『ゾッキ』が置いてあって。読んでみたら、とても感動してしまって『うわ~、これを映画にしたい!』とすごく思ったんです。でも、もう歳をとったので自分1人の力では無理だなと思って、(山田)孝之君と(齊藤)工君に声をかけさせてもらいました。まさか大橋作品を、大橋さんの地元、蒲郡で映画にできる日がこんなに早く来るとは…。明日クランクインなので、3人仲良く共同監督ができたらなと思っております」

竹中直人
KADOKAWA

今作で初の映画監督に挑戦する山田は「僕も、原作を読んだときに衝撃を受けて。監督をするという気持ちは今まで1ミリもなかったんですけど、これはどうしても参加したいと。初挑戦ながらも、みなさんに助けてもらいながらやればなんとかなるだろうと思い、参加を決めました。この独特な世界観を、良くも悪くもリアリティの出る実写にどう落とし込むかというところは、課題でもあり、わくわくしてるところでもあるので、明日からの日々がとても楽しみです」と意気込んだ。

山田孝之
KADOKAWA

続いて、今作で3作目の監督を務める齊藤も喜びを語った。「日本映画の心臓部である2人と、新しい切り口の映画を生み出せることがとても光栄です。そして大橋さんの原作のファンだったので夢のような状況だと思っています。昨今、日本で映画を作るという状況において、超大作でない限り、いかに地域と支えあっていくかということが要になっています。今回は蒲郡市に受け入れ態勢を作っていただきまして、明日最高の初日を迎えられることがとても喜ばしいです」

齊藤工
KADOKAWA

原作者の地元、蒲郡でのオールロケを敢行!

撮影は2月いっぱいを目処に、原作者である大橋の地元、愛知県蒲郡市で行われる。蒲郡の印象について問われた竹中は「理想的な場所ばかりで、町の方々の対応もとても優しくて、この場所で撮れることがとてもうれしいです。明日のクランクインにどんな人たちが来るんだろう。特にかわいい女の子…別にどうでもいいんですけど…」と答え、会場の笑いを誘った。

プロジェクトの発起人である竹中は、大橋作品の大ファン
KADOKAWA

竹中、齊藤よりも早く蒲郡入りし、ロケハンを行ったという山田は「大橋さんが育った場所での景色がきっと『ゾッキ』にも反映されていると思うので、ロケハンをしていると、ぴたっとはまるような場所もあって。地元の人からしたら何てことのない景色でも、普段東京で生活している側からすると、どこを切り取っても素敵な景色ばかりなんです」と、撮影を心待ちにしているようだ。

山田は、今作で初めて監督に挑戦する
KADOKAWA

「蒲郡のロケーションの素晴らしさを、多くの映画人に届けられるんじゃないかと思っております」と語った齊藤は、あるエピソードも紹介。「前回のロケハンのときに、雨上がりでロケバスが泥濘にはまってしまって、動かなくなっちゃったんです。でも、近くにいらっしゃった大工さんが助けてくれて。蒲郡の方々の真心を感じました。この人たちと一緒に作品を作って行けることがうれしいし、蒲郡の方々の体温みたいなものが作品に宿るんじゃないかなと思っています」

3人の思いを受けて、原作者の大橋は率直な思いを述べた。「映画化自体もですが、生まれ育った蒲郡で撮影していただけることに、本当にびっくりしています。僕は、昔から残っている街並みや建物が好きで、よく地元の友達とも話をしていて。でも、どんどんなくなっていってしまうので、それが映画の中に残っていくことがうれしいですね」

実写化について「みなさんが喜んでくれているのがうれしい」と、大橋
KADOKAWA

日本映画界の未来を照らす作品に

チャリティ活動や、制作スタッフのための託児所の設置など、制作面での新たなチャレンジも行われるのだそう。託児所の発案者である齊藤は、現在の日本映画界に対して強い思いを抱いているようだ。

「今の日本の映画は、健全とは呼べない現場でスタッフ、キャストが酷使されるのが当たり前になっていて。変わらないといけない時代が来てるのに、まったく変わらない。今回のプロジェクトは、ただ1つの作品が生まれるだけじゃなくて、日本映画の未来を照らす、大きな意味を持つ作品になると思っています。まずは素晴らしい作品になるように、明日から精進したいと思います」

日本映画界に対する思いを語る、齊藤
KADOKAWA

続いて山田も「大勢で長期間にわたって1つのモノを作るのは大変なことですが、みんなで助け合って気持ちをひとつにしてがんばっていきます。面白い、楽しい、希望になるような作品にしたいと思っております」と気合十分。

7年ぶりの監督作品ということで、ひときわ熱量を感じられたのが竹中のコメントだった。「7年間色々な企画を出し続けてきたけど、ことごとくダメで。『まぁいいか』といろんなことを諦めてたときに大橋作品に出会って、ものすごく衝撃を受けてしまって。それに賛同してくれる人が集まり、そして明日が初日だという…。意気込みはすごくありますけど、あまり意気込みすぎて、初日から倒れちゃうのは怖いんで(笑)。でも、本当に人生は出会いだなと。このプロジェクトに賛同してくださった方々に深く感謝しています。明日の初日が楽しみですね。もう今日の夜、寝られないかもしれない。修学旅行前の小学生のころの自分に戻った気分です。めちゃくちゃ楽しく、最高で、ロマンチックで、狂って、とんでもない映画に仕上げようと思ってます。みなさん、何卒よろしくおねがいします!」

2021年の公開が待ち遠しい
KADOKAWA

今回の映画製作に向けて、蒲郡市が「映画『ゾッキ』蒲郡プロジェクト委員会」を立ち上げるなど、大規模プロジェクトとなっている模様。大注目の映画『ゾッキ』は、2021年に全国で公開予定だ。(東海ウォーカー・栗本柚希)

元記事で読む