1. トップ
  2. 横浜流星の“美麗”メガネ&スーツ姿にファン歓喜!!“超絶”身体能力を発揮のアクションも!<シロクロ>

横浜流星の“美麗”メガネ&スーツ姿にファン歓喜!!“超絶”身体能力を発揮のアクションも!<シロクロ>

  • 2020.2.3
  • 1140 views
「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第4話より (C)YTV
KADOKAWA

【写真を見る】横浜流星、“美麗”スーツ&メガネ姿で過激アクション!!カッコ良すぎる…(など画像28枚)

清野菜名と横浜流星がW主演を務めるドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第4話が2月2日に放送された。今回の事件の舞台は有名私立校。メガネにスーツ姿で校内を駆け巡り大活躍を見せた“飼育員さん”こと直輝(横浜流星)がファンを釘付けにしている。(以下、ネタバレがあります)

パルクール駆使し縦横無尽!

【写真を見る】横浜流星、“美麗”スーツ&メガネ姿で過激アクション!!カッコ良すぎる…(など画像28枚)
「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第4話より (C)YTV

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は、“ミスパンダ”こと川田レン(清野)と、彼女を操る“飼育員さん”こと森島直輝(横浜)が世の中のグレーな事件にシロクロつけるシニカルミステリー。

第4話のアクションシーンではミスパンダよりも飼育員さんが活躍し、いわば“飼育員さん回”となった。発端は有名私立中学校で起こったいじめ騒動で、いじめられていたという少年がミスパンダに助けを求める動画を見た直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)の指示に背き、現場へと向かった。

「あんたたちのグレーにシロクロなんて、人形で十分!」と、パンダのぬいぐるみと変声マイクを使い、校内の警備員を撒きながら遠隔操作でシロクロつけようとする飼育員さんこと直輝。

スーツ姿にメガネ、インカムを装着しビシッと決めたその姿は麗しいの一言!四方八方から押し寄せる警備員たちをかわす様子には余裕すら漂う。

最後は、「全然物足りなかったよ、今回は!!」と不満げのミスパンダを飼育員さんが「今回は俺がシロクロつけたかったんだ。次は暴れてもらうよ」と微笑んだ。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第4話より (C)YTV
KADOKAWA

パルクールのテクニックも駆使し、驚異の身体能力を見せつけた飼育員さん。演じる横浜の身のこなしの美しさに、ファンはもう釘付け!SNSでは「直輝、カッコよすぎた!!スーツであんなに動けるなんて…」「省エネな身のこなしさすが!!鬼リピート必至!!」「これ、パルクールだよね?流星くんさすが!!」「すらりとしたスーツ姿だけでもずっと見ていたい…」といった熱い感想が飛び交った。

飼育員さんが警備員から逃げながら、ミスパンダの口調をまねて「騒げばなんでもいうこと聞くって思わないでくれる?バーカ」とつぶやくシーンには、「流星くんにバーカって言われたい!」「さっきから『バーカ』おかわりしまくってる(笑)」といった興奮の声も上がっている。

第5話は“パトレン1号”結木滉星が登場!

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第5話より (C)YTV
KADOKAWA

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第5話は2月9日に放送する。

捜査一課の刑事で通称“ハブ”と“マングース”の三津谷彰義と坂下弥生を高橋努、江口のりこが演じる。さらに、「怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(2018年、テレビ朝日系)の“パトレン1号”朝加圭一郎役で人気を集めた結木がショッピングモール爆破事件の遺族・中延陽一役で出演するほか、中延恭子役で三倉茉奈が、無罪を主張する死刑囚・浜口公則役で谷田部俊(我が家)が登場する。

7年前にショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口が、護送中に連れ去られる事件が発生。ミスパンダと飼育員が護送車を襲撃する様子が映像に残っていたため、警察はミスパンダを犯人として捜査を開始する。

しかし、このミスパンダは何者かがなりすました偽物だった――。また、4話で飼育員さんの正体に気づいた神代はどう動くのか?

現在「GYAO!」では、物語の鍵を握るチェインストーリーを配信中。本編では描き切れない登場人物たちの素顔が描かれ、より一層作品の世界を楽しめる仕掛けとなっている。また、最終回放送後にはHuluにてオリジナルストーリーを配信予定。(ザテレビジョン)

元記事で読む