1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【医師監修】生理中なんだか臭い! におってくる原因と対処法まとめ

【医師監修】生理中なんだか臭い! におってくる原因と対処法まとめ

  • 2020.1.31
  • 40649 views



「生理のニオイが気になって、仕事に集中できない」
「ニオイで気づかれるのが嫌で、生理中は人と会うのが億劫(おっくう)…」

そういった悩みを持っている人は少なくありません。どうして、生理中のニオイを臭いと感じるのでしょうか? その原因は? ニオイを消す方法はあるのでしょうか?

生理中のニオイに関するすべての疑問にお答えします。

【監修】
イシハラクリニック副院長 石原新菜 先生


小学校は2年生までスイスで過ごし、その後、高校卒業まで静岡県伊東市で育つ。2000年4月帝京大学医学部に入学。2006年3月卒業、同大学病院で2年間の研修医を経て、現在父、石原結實のクリニックで主に漢方医学、自然療法、食事療法により、種々の病気の治療にあたっている。クリニックでの診察の他、わかりやすい医学解説と、親しみやすい人柄で、講演、テレビ、ラジオ、執筆活動と幅広く活躍中。

著書に、13万部を超えるベストセラーとなった『病気にならない蒸し生姜健康法』(アスコム健康BOOKS)をはじめ、『「体を温める」と子どもは病気にならない』(PHP研究所)等30冊を数える。


■生理中に臭くなる原因、なぜ・どうして?
生理中のニオイ、気になりますよね。周囲に気づかれていないか、不安になる方も多いでしょう。この生理中のニオイ、原因は何なのでしょうか?

▼生理中に臭くなる原因1:ホルモンの影響


女性は、生理周期によって体内で分泌されるホルモンの分泌量が変わります。それによって体調や体臭も変化します。

排卵時期から生理前に分泌が多くなるのが、プロゲステロン(黄体ホルモン)。このプロゲステロンは妊娠の準備や継続に必要なホルモンですが、その影響で皮脂の分泌も増します。

生理中、ニキビが増える、肌が荒れるといった経験はありませんか? それは、プロゲステロンの影響だったのです。そのため、この時期は皮脂が酸化したニオイ、脂っぽい体臭が強くなるといわれています。

▼生理中に臭くなる原因2:経血


生理中の臭いの原因に、「経血」があります。生理の時に出る赤い血で、1回に20〜140mlの量となります。

経血は、はがれ落ちた子宮内膜と血液が混ざっているため、普段ケガをした時に出る血液とは成分が異なります。

実は、排出されたばかりの経血は無臭です。しかし、時間がたつにつれて空気に触れて酸化し、独特なニオイを発するようになるのです。

▼生理後にもにおう場合は…



生理が終わり、経血も出ておらずプロゲステロンの分泌も少なくなったのに、生理中と同じ体臭がする…。その場合は、別に原因があるのかもしれません。

例えば、疲労がたまっていることで抵抗力が落ち、腟(ちつ)の自浄作用が弱まっているのかもしれません。腟を清潔に保つ常在菌の働きが弱まるため雑菌が繁殖し、腟炎や外陰炎に発展し、生理中と同じニオイに悩まされることがあります。

▼更年期は関係する?


女性が閉経を迎えるのは45~55歳の間が一般的で、平均は50.5歳。更年期とは、閉経前の5年間、閉経後の5年間を合わせた10年間をさします。

更年期に入ると、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)、2つの女性ホルモンが減少するため、腟内の潤いがなくなり、自浄作用が落ちます。

そのため、抵抗力が落ちた時のように腟炎、外陰炎を発症しやすくなり、おりもののニオイがなることもあります。

参考サイト:
厚生労働省日本産婦人科学会・日本産婦人科医会「女性の生涯健康手帳」
日本産婦人科学会「更年期障害」







■生理中に臭くなった時に取りたい対処法

▼対処法1:こまめにナプキンを取り換える


前述したように、経血はもともと無臭ですが、空気と触れることによって酸化しニオイを発します。生理中に臭くならないためには、こまめなナプキン交換を心がけましょう。

▼対処法2:ケア方法を見直す


生理のニオイが気になる場合、ナプキンではなくタンポンを利用するのもおすすめです。タンポンの場合は、経血が空気にほとんど触れないため、生理中のニオイが抑えられます。

ただし、タンポンを長時間したままで交換しないと、腟内で雑菌が繁殖してしまいます。腟炎の原因となりますので、こまめな交換が必要です。

▼こんな時は病院へ


生理中のニオイで病気の有無の判断は難しいですが、経血の量が多い、レバー状の血の塊が多くある「過多月経」の場合は、病気の可能性があります。

子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜増殖症、子宮内膜ポリープなど婦人科系の病気や、ホルモンの分泌異常が疑われます。気になる場合は、医療機関で診察を受けましょう。

また、生理が終わってもニオイが気になる、普段とは違うおりものが出る、痛みやかゆみがあるといった症状の場合も要注意です。くわしくは次の章でご説明します。

■生理中以外でも…おりものがにおう!

▼おりものがにおう原因


個人差はありますが、一般的に正常なおりもののニオイは、かすかに甘酸っぱさがあります。このニオイの元となっているのは、善玉の乳酸菌・デーデルライン桿菌(かんきん)。この常在菌のおかげで、腟の中はいつも酸性に保たれ、雑菌が繁殖しないのです。

しかし、「生理後にもにおう場合は…」の項目でもご紹介した通り、疲労がたまって抵抗力が落ちている時、女性ホルモンの分泌が少ない初潮を迎えてから間もない中学生くらいの頃(初経を迎えるのは8~15歳が一般的で、平均約12歳)や更年期の女性は、腟内の自浄作用がうまく機能しないことがあります。

そのため、腟炎や外陰炎などを発症することもあり、おりもののニオイで気づく場合が多いようです。

▼こんなニオイがしたら要注意!


魚が腐ったようなニオイを「アミン臭」と呼び、そういったニオイがするおりものを「魚臭帯下」といいます。このような悪臭がある場合は要注意です。

このニオイに加え、おりものの色、分泌物に変化があったら、以下の病気の可能性が疑われます。

・カンジダ腟炎:ヨーグルトや豆腐のカスのようにポロポロしたおりものがあり、腟内部や外陰部にかゆみがある。

・クラミジア:緑がかったおりものや、下腹部の痛みがある。

・トリコモナス腟炎:泡状の黄色のおりものがある。

・子宮頸(けい)がん、子宮体がん:血がまじり、茶褐色もしくは赤色のおりものが増える。

上記のような症状がある場合、婦人科への受診をおすすめします。

▼おりものがにおって気になる時の対処法


特に病気ではないけれど、おりもののニオイが気になる場合は、どうしたらいいのでしょうか?

デリケートゾーンを清潔に保つのが一番ですが、腟内の洗浄をしてはいけません。必要以上に洗ってしまうと、腟内を自浄する乳酸菌・デーデルライン桿菌まで洗い流してしまうからです。腟の外側となる外陰部などをきれいにし、通気性の良い下着を身につけましょう。

また、おりものシートを使っている場合、同じものをつけたままでは雑菌の温床となってしまいます。こまめに取り換えましょう。

また、デリケートゾーンのニオイの原因は、おりものだけとは限りません。陰部のアポクリン腺から出る汗が常在菌と混ざり合い、独特なニオイを発することがあります。

これは「わきが」と同じメカニズムで「すそわきが」と呼ばれており、汗をかいた時やホルモンバランスの崩れ、体調の乱れなどからニオイが強くなるといわれています。

すそわきがの場合、汗腺を切除する外科手術や、ボトックス注射による治療などを取り入れている病院もあるので、医師に相談してみましょう。

参考サイト:
ヘルスケアラボ「おりもの・かゆみ」
MSDマニュアル家庭版「細菌性腟症」



■まとめ
女性なら誰もが気になる生理中のニオイ。どうして、生理中は臭いと感じるのか、その原因、ニオイを消す方法、可能性のある病気についてご紹介しました。

そのほか、生理中の経血のニオイやおりもののニオイ、体臭が必要以上に気になる場合は、「自臭症」の可能性もあります。これは、自身のニオイが気になりすぎて周りに迷惑をかけていると思い込んでしまう症状です。

ニオイへの感覚は人それぞれで、同じニオイをかいでも何も感じない人もいれば、臭いと感じる人もいて、かなり主観が反映されます。病院によっては、ニオイを測定する機器があるところもあるので、どうしても自分のニオイが気になる場合は、一度受診してみてはいかがでしょうか。

参考書籍:メディカル・ライフ教育出版「-すぐに役立つ暮らしの健康情報-こんにちわ 2011年9月号」

(山本知美)

元記事で読む