1. トップ
  2. 平手打ちを「ビンタ」と呼ぶ理由/ファスナー、ジッパー、チャックこのうち日本生まれは? 大人の最強雑学1500(30)

平手打ちを「ビンタ」と呼ぶ理由/ファスナー、ジッパー、チャックこのうち日本生まれは? 大人の最強雑学1500(30)

  • 2020.1.29
  • 6738 views

ああ、誰かに教えたい!

ゴマがスカスカだったから「ごまかす」になった!?

社会・文化・歴史・科学・生活・スポーツなど、幅広いジャンルのネタが1500本収録された『大人の最強雑学1500』から、思わず人に教えたくなる「雑学ウンチク」を連載でお送りします。今回は第30回目です!

出典:発売後、続々重版中!思わず誰かに話したくなる「雑学ウンチク」を一挙1500本収録した「大人の最強雑学1500」
KADOKAWA

平手打ちを「ビンタ」と呼ぶ理由

【画像を見る】平手打ちを「ビンタ」と呼ぶ理由
KADOKAWA

頬を平手で打つことを「ビンタ」をいう。なんだか外国語のような響きだが、純粋な日本語である。「ビン」は鬢(びん)(頭の左右側面にある髪)のこと。「タ」は諸説あるが、頬を意味する「端」、あるいは「辺(べた)」の「た」に由来し、「そのあたり」を示すという。

つまり、ビンタはもともと「鬢のあたり」という頭部の一部を指す言葉だったのだが、のちに、「鬢のあたりを打つこと」をビンタと呼ぶようになったのだ。

ファスナー、ジッパー、チャックこのうち日本生まれは?

「ファスナー」は、1891年の米国で、靴紐を結ぶ時の不便さを解消するために開発された。その後1921年になると、同じく米国のメーカーが、これを閉める時の擬音「zip(ジップ)」から、ファスナーを「ジッパー」と命名し、その呼び名が浸透したのである。

ファスナー、ジッパー、チャックこのうち日本生まれは?
KADOKAWA

一方、「チャック」は「巾着(きんちゃく)」をもじった日本発の呼び名。1927(昭和2)年、広島県で初めて作られた国産ファスナーが小銭入れに取り付けて販売され、その商品名が「チャック印」だったことからこの呼び名が定着した。

著=雑学総研(レタスクラブニュース)

元記事で読む