1. トップ
  2. 恋愛
  3. 婚活初デートで2回目のデートに繋げるために意識したいこと

婚活初デートで2回目のデートに繋げるために意識したいこと

  • 2020.1.25
  • 1835 views

婚活を成功させるのは、地道なデートの積み重ね

婚活で出会った男性と距離を縮めていくのは、デートを重ねていくしかありません。それにより、相手の人間性(性格や行動など)を知って自分のパートナーとしてどうか判断したり、お互いの価値観をすりあわせたりするからです。

その為、初回デートに出来れば良いものでは無く次に繋げていかなくてはなりません。でも、何だか2回目のデートに誘って貰えない!?っという事態に陥っていたりしませんか。

(1) 初めてのデートが楽しかった事をきちんと伝える

あながたが友人と遊んだ後、何も言ってくれない友人と、「楽しかった!」と言ってくれる友人がいたら、次回はどちらを誘いますか? 「楽しかった!」と言ってくれた友人を、また誘おうと思う人のほうが多いと思います。これは、婚活デートにおいても同じです。

デートの相手は婚活の場で知り合った男性であり、まだお互いの性格を把握していないので、ちゃんと言葉で伝えないと気持ちを知ることはできないのです。

初回のデートが楽しかったときちんと伝えないと「俺とのデートは退屈だったのかな」と誤解されてしまいます。

(2) 興味を聞き出してデートに誘う

婚活中の男性には、奥手だったり恋愛経験が乏しかったりする人もいます。初回は勇気を出したので、2回目は女性から誘って欲しい…と思っている場合があります。

その為、女性側が初めてのデートで男性に興味を持てたなら、デート中に次回のデートのお誘いをしてみましょう。そうすれば、相手の男性に自分の好意をソフトに伝えることが出来ます。また、出来れば成功率を上げるために初回デート中に彼の趣味を色々聞いてみて、それに関するデートを提案できるようにしましょう。

(3)すすめられたことは次回デートまでに試しておく

初回デートは自己紹介や趣味の話になることが多いでしょう。その為、もしも相手に何かオススメされたら必ず次回のデートまでに調べておくなり、試してみるなりしてみましょう。

そして、そのことを2回目のデートで彼に報告するようにしましょう。そうすれば、相手は自分に興味を持ってくれている!という自信になります。

2回目のデートに誘って貰うのは、相手に「興味を持っていること・好意があること」を知って貰う必要があります。繰り返しになりますが、初対面の人は察することは出来ません。

また誘って貰えない場合は、気になる相手ならば自分から行動するようにしましょう。受け身のままで居るよりも、ぐっと前進できますよ。

元記事で読む