1. トップ
  2. 柴田英嗣、ブレークするのは「タイミングを持った人」“アンタッチャブル復活”も語る<Interview>

柴田英嗣、ブレークするのは「タイミングを持った人」“アンタッチャブル復活”も語る<Interview>

  • 2020.1.25
  • 1097 views
アンタッチャブル・柴田英嗣がMCを務めるDVD『アンタッチャブル柴田の「超ワロタwwww」~もうすぐ世間に知られてしまう超絶おもしろ芸人たち~』が発売
KADOKAWA

【写真を見る】“アンタッチャブル復活”について、柴田英嗣は「何年かに一回のすごいドッキリ」と語った

2019年12月におよそ10年ぶりに山崎弘也とアンタッチャブルを復活させた柴田英嗣。令和最初にリリースするDVDは、『アンタッチャブル柴田の「超ワロタwwww」~もうすぐ世間に知られてしまう超絶おもしろ芸人たち~』だ(1月29日[水]発売)。

まだ知られていない芸人たちによるネタの祭典「ワロタwwww」シリーズ第2弾。漫才、コント、漫談、フリップネタ、リズムネタ、下ネタと何でもありで、5年前に発売された初回シリーズからはサンシャイン池崎、平野ノラ、永野らが大ブレークを果たしており、今作も期待度マックスだ。

そんな柴田に、アンタッチャブルの今後も含め、さまざまな角度から迫った。

予想できない

――5年前にこのステージに立った芸人は、後に売れました。当時、何か感じるものはありましたか?

いえ。僕が売れると思ったのは、ドドんとルシファー(吉岡)なんで、全然当たらなかった(笑)。そういうことなんですよ。俺たちが面白い、面白くないということじゃなくて、タイミングを持った人がドカ~ンといっちゃう集まりだということですね。

――サンシャインさん、ノラさん、永野さん。将来伸びそうな片鱗はありましたか?

全員にあるんですよ。でも、分かんない。池崎がやっていて、これが世間的に受け入れられるかどうかなんて。それが今では、小さい子どもまで(物まねを)やっているみたいなところまでいっちゃったじゃないですか。予想できないです、こればっかりは。今回のメンツもすごいのがそろっているんですけど、誰が売れるかは予想できないです。

【写真を見る】“アンタッチャブル復活”について、柴田英嗣は「何年かに一回のすごいドッキリ」と語った
KADOKAWA

面白いやつはいっぱいいる

――柴田さん個人的な意見で構わないので、可能性を感じる芸人さんを教えてください。

しんぷる内藤とYes!アキト。でも、前回があるんでね。僕が名前を出した瞬間、駄目になるというジンクスもありますけど(笑)。しんぷるは、ネタの切り口ですね。カラスに乗ることをネタにしようとするセンス、発想はきっと1億3千万人が思いつかない。

あと、メロディラインがベタで、すぐ覚えられる。そういう見たことがないことをやってくれたところですね。アキトは、とんでもないパワー。ギャグは原西(孝幸/FUJIWARA)さんを見ているみたいで、ワード選びが強い。みんながまねしそうだし。まねしたくなるキラーワードが、ギャグの中にたくさんあるんですよ。

――柴田さんは「東京オーディション(仮)」(毎週月深夜2:40-3:10、TOKYO MX)の司会をしているので、名もなき芸人が売れていく過程を近い距離で見てきたと思います。

新鮮ですよね。売れてないから名前を知らないだけで、面白いやつはいっぱいいる、ということなんですよ。売れている人だけが面白いわけじゃない。今売れてる人たちも、最初は誰も知らない存在だったんですから。

――アンタッチャブルもかつては誰にも知られていない漫才師だったわけで。その時の励みは何だったんでしょうか?

励みっていうのはなかったんですけど、売れていく先輩を見たということでしょうね。その人の生活のレベルが変わっていく、今まで一緒に電車で帰っていたのに、車で帰るようになるとか。芸人さんで売れていったら車を買えるとか、うまい飯屋に行けるってことを、知らないわけじゃないですか、その頃の僕らは。でも、続けていて、面白い人には成果が出るというのを見て、唯一励みにしていましたね。「俺たちもそうなれたらいいな」って憧れの視線で見て。

――「成果が出た」芸人さんは誰ですか?

くりぃむしちゅーです。当時の海砂利水魚。近所に住んでいたのに、家が変わって、気がついたら、車がある。今までファミレスでしかおごってくれなかったのに、高い所に連れて行ってくれる、みたいな感じになるわけです。テレビ局に入る時も「くりぃむしちゅーです」って言えば「お疲れさまです」ってスッと通してもらえる。

――仲間が成功していく様子を近くで眺めている時は、どんな感情になるんでしょう。

「抜かしたい!」とは思わないんですよ。あんなふうになれると思ってないですから。知らないから。想像でしかない世界だから。

今後のアンタッチャブルの活動については「お話があれば」と前向き
KADOKAWA

“アンタッチャブル復活”は何年かに一回のすごいドッキリ

――でも、アンタッチャブルは「M-1グランプリ2004」優勝を機にドカンと売れた。という今の流れで次の質問をすると、強引に“その答え”を引き出しているようですが(苦笑)、2019年はどんな年でしたか?

“アンタッチャブル復活”じゃないですか(笑)。それに尽きると思います。僕も知らなかったんでね(※アンタッチャブルの復活漫才は2019年11月29日にオンエアされたフジテレビ系「全力!脱力タイムズ」内で、事前告知&柴田への報告なしで行われた)。年末に、すごいドッキリがやってきたなぁと。何年かに一回、すごいドッキリがやってくるんですよ。休業してみたり、嫁さんが友だちに寝取られちゃったり(笑)。

――なんとも…。

あれはドッキリじゃない!? あっ、そっか。その何年に一度が、またきたなって感じ。

――仲間の芸人さんは、かなり喜んでいましたね。

何も言わないでって感じです。有名な人が言うと、影響力があるわけじゃないですか。「バケモノが帰ってきた」とか。当時の僕らを知らない人は、バケモノだと思うわけじゃないですか。違うから、全然。「みんな、見てあげてねー」ぐらいが、ちょうどいいです。

――2020年は、二人が漫才をしている姿をさらに見られますか?

僕たちがそう思っていても、お話をいただかないと成り立たない仕事なんで、お話があればいいなぁという感じです。そしたら、やりますよ。山崎とは「仕事が来るといいねぇ」ぐらいですけど。自信があるわけではないのでね。「この仕事は二人で」ってことだったら、考えてやっていくでしょうね。

――それは朗報です。では最後に、本作のPRで締めてください。

ワクワクするDVDだと思うんですよ。面白いから見ているんじゃなくて、この人たちが面白いと言われていく様を見れるんでね。人から聞くんじゃなくて、自分で見つけて、発信していくことができるので、あなたが認める“売れていくスター”を見つけていただきたい。

――ここからコンテスト覇者が出るかもしれないですね。

ありますよ。かといって、コンテスト向きかといえば、そうじゃない(笑)。勝たねぇのに売れていくパターン。ノラちゃんやサンシャインは、何かで優勝して1000万円を手に入れたか?と。売れていくってそういうことじゃなくて、あの人のことをまねしてみたい、憧れとか、そういう存在になれるかどうかなので。この人たちがコンテストに出て優勝するという期待の目では見ないでほしい(笑)。決勝に行かないけど、決勝に行ったやつをブチ抜くぐらい、そういうパワーを持ったやつが出てるDVD…です。

DVD『アンタッチャブル柴田の「超ワロタwwww」~もうすぐ世間に知られてしまう超絶おもしろ芸人たち~』は1月29日(水)に発売
KADOKAWA

(ザテレビジョン・写真・文=伊藤雅奈子)

元記事で読む