1. トップ
  2. おでかけ
  3. 光の演出と京の食が楽しめる!京都国立博物館で光と食のコラボレーションイベント初開催

光の演出と京の食が楽しめる!京都国立博物館で光と食のコラボレーションイベント初開催

  • 2020.1.24
  • 1224 views

京都国立博物館では、3月6日(金)から3月15日(日)まで光と食のコラボレーションイベント「~花宵の宴 Directed by NAKED~」を初開催する。

【写真】光の演出を手掛けるのは数々のイベントをプロデュースするネイキッド

「京都・東山花灯路-2020」に合わせて実施されるこのイベントは、クリエイティブカンパニーNAKED(ネイキッド)が手がける「花」をテーマにしたプロジェクションマッピングを上映(10~15分ごとの入替制)するもの。期間中は、京の匠の食、限定食、会場でしか味わえないオリジナルレシピが楽しめる食ブース(有料)も出展する。

京都の食と光のコラボイベント初開催
KADOKAWA

夜の京都国立博物館の庭園全体を活用し、「花」をテーマに光の演出を行うこのイベント。重要文化財・明治古都館では、明治から令和までの歴史を駆け巡るストーリーで、大規模プロジェクションマッピングショーを上映する。そのほか、植物と光が生み出す京都文化を象徴する作品やフォトジェニックな空間を楽しむことができる。

食ブースでは「ブリスケ・ロニー」、「矢尾卯」、「いづう」、「松山閣」、「藤菜美」、「吉田銘茶園」ほか、京都の和食や甘味の銘店が10日間、入れ替わりで約10ブースが出展。おでん、てんぷら、牛鍋、うどん、蒸し寿司、みたらし団子、抹茶ラテなど、肌寒い京都の夜に芯まで温まるメニューが多く登場する。

そのほか、京都国立博物館周辺の料飲店などでの割引特典(当イベントの入場チケット提示)など、タイアップ企画が行われる予定。京都国立博物館の魅力を再発見する初開催のナイトイベントにお出かけしてみては。(東京ウォーカー(全国版))

元記事で読む