1. トップ
  2. <試写室>「女子高生の無駄づかい」思わず共感してしまう瞬間に、自分も実は青春を無駄づかい?

<試写室>「女子高生の無駄づかい」思わず共感してしまう瞬間に、自分も実は青春を無駄づかい?

  • 2020.1.24
  • 586 views
今しかない“青春”を思いっきり無駄にする激ヤバJK3人組
(C)テレビ朝日

【写真を見る】町田啓太の新たな一面が垣間見える姿

新金曜ナイトドラマ「女子高生の無駄づかい」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)が1月24日(金)から放送スタート。

ビーノ原作の同名コミックをドラマ化した本作は、岡田結実演じる主人公の「バカ」こと田中望と、「ヲタ」こと菊池茜(恒松祐里)、「ロボ」こと鷺宮しおり(中村ゆりか)ら、「さいのたま女子高等学校(さいじょ)」に通う女子高生=JKたちが、“JK生活”を無駄に浪費する日常を描いた学園コメディー。

今回、WEBザテレビジョンでは「女子高生の無駄づかい」第1話を事前に視聴。オリジナルレビューで番組の魅力を紹介していく。

「バカ」こと田中望を演じる岡田結実
(C)テレビ朝日

すがすがしいほどバカで問題児の「バカ」や、アニメや漫画を愛する腐女子「ヲタ」、頭はいいが感情が死滅している「ロボ」というクセの強いキャラクターに特殊な呼び名のJKたち。

そのクラスメートは、重度の中二病を患っている「ヤマイ」こと山本美波(福地桃子)、真面目な性格で何でも真に受ける優等生「マジメ」こと一奏(浅川梨奈)、見た目が幼いことがコンプレックスで周りになめられないよう虚勢を張っている「ロリ」こと百井咲久(畑芽育)、ホラーやオカルトを好む人見知りなコミ障の「マジョ」こと九条翡翠(井本彩花)などなど…個性派ぞろい。

個性強めな女子高生の担任には、女子大生好きな残念独身教師ワセダこと佐渡正敬(町田啓太)、教頭(大倉孝二)、おっちょこちょいな警官(横山涼)、おっとり養護教員「シーキョン」(内藤理沙)と、大人チームもキャラ濃いめなメンバーが集まっている。

「女子高生の無駄づかい」第1話場面写真
(C)テレビ朝日

キャラが濃すぎるメンバーで繰り広げられる第1話は…

街に溢れるキラキラな女子高生たちは、タピオカに自撮りで「盛れた?いいね!いいね!」。一方のバカ、ヲタ、ロボの“さいじょ”に通う、女子高生=JK3人組はというと…。

入学早々、彼氏が欲しいと息巻くバカだったが、クラスを見渡し衝撃的な事実に気づく「なんで女しかいねーんだ?」。

受験したのが“女子高”だったことに今更気づき、「これじゃ男子との出会い、絶望的じゃん。高校入ったらモテまくってイケメンの彼氏作るはずだったのに!こうなったら担任教師に期待するしかないじゃん!」と悲嘆にくれる。

担任のワセダこと佐渡正敬を演じる町田啓太
(C)テレビ朝日

しかしバカのそんな願いもむなしく、現れた担任のワセダは、着任の挨拶で「ゴリゴリの“女子大生派”だ」と宣言。

華のJK生活に危機感を感じたバカは、他のクラスメイトと距離を詰めようとするも超個性的な面々にげっそり。こうして始まったJKたちの、ハナクソレベルの日常――彼氏を渇望するバカに明るい未来はあるのか?

「女子高生の無駄づかい」第1話場面写真
(C)テレビ朝日

1週間の疲れた体にも優しい、笑えて“ぼーっと”見れるドラマ

ボケ、ツッコミ、ボケ、ツッコミ…のオンパレードに、思わず「くすっ」と笑ってしまう瞬間が多々ある中、いい意味で“何も考えずに”最後まで見てしまった。

「彼氏がほしい」と叫び、「なぜ自分はモテないのか?」と真剣に悩むバカの気持ちに、多くの女子たちは共感するのではないだろうか。

運命的な出会いを夢見るバカの“出会い妄想”が展開されるシーンでは、少女漫画&某名作ドラマを連想させる現実的にありえないけど、いつも心のどこかで願っているシチュエーションに思わず共感。

補習で数学の問題を解いていても、「こんなしょうもない方程式解くよりも、なぜモテないかという問題の方が、人生においてはるかに重要」と発言するバカにまた共感。少し解釈がぶっ飛ぶ時があるものの、ついつい「わかるー!」となってしまう自分がいる。

その他に、人にあだ名をつける、顔はめパネルがあるとはめたくなる、自撮りをして友達に送ってしまうなどなど…“ついついやってしまう”や“わかるー!”が盛りだくさんの内容となっている。

そして、廊下をさっそうと歩くワセダこと町田啓太の格好よさに、やはりスーツ姿が似合うなと思いながらドキドキ。しかし、発言が残念な感じや濃い生徒たちへのツッコミが実に面白い。どこをとっても男前だが、今までのイメージとは違う一面が見られるのはファンにとってもうれしい時間になるだろう。

個人的には、間違いを起こさないか心配でワセダを見守る教頭役の大倉孝二の表情がツボ。心の声に合わせて表情と動きで演技しているさまに、またひと笑いさせられる。

実は、筆者も数十年前には女子校に通う女子高生だった。女子校独特な雰囲気も分かるし、今思えば生徒、先生含めてキャラの濃い人しかいなかった。バカらと同じようにしょうもないことで日々盛り上がったことを思い出した。

大人になって無駄が嫌われる中、たまには無駄に過ごしてもいいと思わせられる金曜ナイトドラマ「女子高生の無駄づかい」で、毎週かわいい女子高生の生きざまに癒されたいと思う。(ザテレビジョン・文=K.K)

元記事で読む