1. トップ
  2. 中川大志がドローン操縦に挑戦 『もし自分で撮るなら雪山で…』【中川大志連載】

中川大志がドローン操縦に挑戦 『もし自分で撮るなら雪山で…』【中川大志連載】

  • 2020.1.22
  • 90 views
中川大志がドローン操縦に挑戦!
撮影=山田大輔

中川大志が発売中の週刊ザテレビジョン1/31号の連載「Be Ambitious!」に登場。ドローンの操縦を体験した。

【写真を見る】自ら操縦するドローンで空撮!

中川が訪れたのは東京都葛飾区にあるDJI ARENA by JDRONE TOKYO。世界二番目の広さを誇るドローン飛行場だ。

「小さい頃から、ラジコンがすごく好きだったんです。部屋で飛ばせるヘリとか車のラジコンとかで、よく遊んでいましたね」と語る中川は、到着するなり場内に並べられたさまざまな機体に夢中に。「こんなに種類があるんですね!」と、すっかり目を奪われていた。

操縦体験がスタートすると、中川は一気に真剣モードに。この日操縦したのは、スマートフォンを使って操作するタイプのものだったが、ドローンを使って自撮りをしてみたり、障害物を潜り抜けたりと、すぐに勝手をつかんでいた。

体験後の中川に感想を聞くと、「同じようにコントローラーで動かすと言っても、ラジコンとドローンは性能が全く違うので別モノですね。すごく頭も良くていろんなことができるから、操作していてもすごく楽しかったです」と満足げ。

さらに、「ここ何年か、撮影現場でドローンを見ることも増えました。空撮が入ると雰囲気も変わるし、一気に画(え)がカッコ良くなりますよね。もちろんプロには及ばないけど、ドローンを使えば素人でも空撮できるってすごい。もし自分で撮るとしたら…雪山でスキーやスノボで滑り降りてくる人を撮影したいな。絶対カッコいい画になるはず!」と、ドローンを使った空撮の構想を明かしていた。(ザテレビジョン)

元記事で読む