1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. [狗(いぬ)年]1/25~2/22運勢 挑戦あるのみ。苦手意識も克服可能!

[狗(いぬ)年]1/25~2/22運勢 挑戦あるのみ。苦手意識も克服可能!

  • 2020.1.22
  • 9863 views

狗(いぬ)年

1月25日(土)~2月22日(土)の運勢

不安定期は終わり、喜びに満ちたひと月が送れそうです。

とりわけツキがあるのが、新たなチャレンジ。“いつか機会があれば……”と、実行に移せないでいたことがあるなら、今こそ、その好機。

留学、資格取得、趣味の作品の発表や販売、ヘアドネーションなどのボランティア等々、温めていた思いがあるなら、思い切って最初の一歩を踏み出しましょう。

もちろん、転職して新しいスタートを切るにも良い時期。運が味方してくれるので、予想以上の収穫が期待できそう。

逆に、これまで気が進まなかったことに着手するのも有意義です。

食わず嫌いだったものを食べてみる。脱ペーパードライバーで車の運転を再開してみる。見て見ぬ振りをしてきた脂肪と向き合いダイエットを始める……。

成果はともかく、挑戦してみることに意味がある時。きっと何かが変わります。

また、株や宝くじといったギャンブル性の高いことにも勝機あり。購入の際は、運試しのつもりで、余剰金の範囲内で楽しみましょう。

そんな好運期にも、気をつけたいことはあります。

気に留めておいてほしいのが“口は災いのもと”ということわざ。

上司に対する不用意な口ごたえ、夫婦やカップル間でのヤキモチから出てくる嫌味など、感情に任せて口走った一言が大げんかに発展しかねない時期。

負の感情がこみ上げてくるときは、口をつぐむのが賢明かも。

また、健康面では胃腸の不調と高血圧の心配あり。嫌いな食べ物に挑戦する際は、少しずつ様子を見ながら……がオススメです。

普段の食生活も、消化に良いものを意識して選びましょう。

この時期、相性がいいのは、虎、兎、馬年の人。距離をおいたほうがいいのは、牛、龍(たつ)、羊年の人。

吉方位は、北と南。避けたほうがいいのは、東と西。

次回更新日は2月19日(水)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

狗(いぬ)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

「大船入港」と呼ばれる港に向かう大型船の意匠が開運を助けます。

帰港する船には、新鮮な魚介類や価値ある物品があふれんばかりに積まれていることから、金銀財宝を運び、富もたらす象徴とされ、風水画のモチーフになっています。

画像検索すると、金色に輝く宝船を描いた風水画が見つかります。そうした絵画のほか、船首が手前に向いている船の絵や写真、あるいは船の模型を用意して、部屋に飾りましょう。

その際は、船首を家の内側に向けて飾ることが大切です。海外との取引をしている人には、特にご利益があるそう。

この時期のラッキーカラーは、黒、赤、黄色。避けたほうがいいのは白と緑。

次回更新日は2月19日(水)

狗(いぬ)年・基本性格

強い正義感の持ち主で、清く正しく生きたいと願う人。

高い見識があり、物事を現実的に考えるタイプです。言動に筋が通っているため、周囲からの信頼は絶大で、何かと頼りにされることでしょう。

自分の役割や任務にも忠実で、与えられたタスクは迅速かつ責任をもって完遂する人です。

そうして高いポジションに昇りつめたとしても、決して驕ることなく、誰に対しても公平。人助けもいとわず、目の前に困っている人がいたら迷わず手を差し伸べるなど、聖人といっても過言ではない人も。

ただ、相手の意見を尊重しすぎるあまり、自分の首を絞める事態に陥るなど、お人好しがすぎる場合もありそう。

また、ブレない性格とあって、一度定めた目標には強い意志で臨むため、柔軟な方向転換は難しく、少々融通が利きづらい面があるかもしれません。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

元記事で読む