1. トップ
  2. おでかけ
  3. 「第15回 和酒フェス」東京・中目黒で、“花にちなんだ”日本酒など150種以上を利き酒し放題

「第15回 和酒フェス」東京・中目黒で、“花にちなんだ”日本酒など150種以上を利き酒し放題

  • 2020.1.21
  • 1434 views

「第15回 和酒フェス」東京・中目黒で、“花にちなんだ”日本酒など150種以上を利き酒し放題

「第15回 和酒フェス in 中目黒」が、2020年3月28日(土)・29日(日)の2日間、東京・中目黒GTタワー前広場にて開催される。

undefined
www.fashion-press.net

和酒フェスは、「季節を感じて旬の和酒、食を、日本文化楽しむ利き酒祭」をコンセプトに、日本酒を利き酒で楽しめるイベントだ。15回目となる今回は、「令和の春、新酒、吟醸酒で、花見酒を楽しもう!」をテーマに、全国から集めた44蔵、150種類以上の日本酒を、利き酒し放題で味わうことができる。

今回は、国内外での受賞歴をもつ「陸奥八仙」「一ノ蔵」「水芭蕉」などの実力酒蔵の新酒や華やかな吟醸酒に加えて、花見の季節に合わせて「花の井」「四季桜」「花雪」といった花にちなんだ日本酒も楽しめる。さらに、生酒やにごり酒、梅酒のほか、「チロルチョコに合う酒」などの「お菓子の居酒屋シリーズ」も用意する。

また会場にはフードブースでは、郷土料理の店や人気店が出店し、日本酒に合うおつまみを提供。そのほか、出品された日本酒の一部、酒器やお猪口ホルダーなどの販売コーナーも展開する。

【詳細】
第15回 和酒フェス in 中目黒
日時:2020年3月28日(土)・29日(日)
時間:第1部 試飲会 12:00〜14:15 / 第2部 試飲会 15:00〜17:15 ※各部入替制
会場:中目黒GTタワー前広場
住所:東京都目黒区上目黒2丁目1-1
定員:各部500名(予定)
料金: 3,000円+税(前売制) / 当日券 未定
※チケット購入は、「和酒フェス in 中目黒」公式サイト、PassMarket、Peatixにて
※料理は別料金

〈参加予定酒蔵・銘柄〉
■酒蔵ブース(30蔵)
「陸奥八仙(むつはっせん)」八戸酒造・青森県*、「一ノ蔵(いちのくら)」一ノ蔵・宮城県、「六歌仙(ろっかせん)」六歌仙・山形県、「郷乃譽(さとのほまれ)」須藤本家・茨城県、「花の井(はなのい)」西岡本店・茨城県、「四季桜(しきさくら)」宇都宮酒造・栃木県、「松の寿(まつのことぶき)」松井酒造店・栃木県*、「水芭蕉(みずばしょう)」永井酒造・群馬県、「三軒茶屋のどぶろく(さんげんぢゃやのどぶろく)」WAKAZE・東京都、「箱根山(はこねやま)」井上酒造・神奈川県、「HINEMOS(ひねもす)」RiceWine・神奈川県、「君の井(きみのい)」君の井酒造・新潟県、「美濃紅梅(みのこうばい)」武内酒造・岐阜県、「白川郷(しらかわごう)」三輪酒造・岐阜県「女城主(おんなじょうしゅ)」岩村醸造・岐阜県、「白真弓(しらまゆみ)」蒲酒造場・岐阜県、「奥飛弾(おくひだ)」奥飛弾酒造・岐阜県、「臥龍梅(がりゅうばい)」三和酒造・静岡県、「四海王(しかいおう)」福井酒造・愛知県、「鉾杉(ほこすぎ)」河武醸造・三重県、「龍力(たつりき)」本田商店・兵庫県、「沢の鶴(さわのつる)」沢の鶴・兵庫県*、「千代田蔵(ちよだぐら)」太田酒造・兵庫県、「梅乃宿(うめのやど)」梅乃宿酒造・奈良県、「七冠馬(ななかんば)」簸上清酒・島根県、「賀茂泉(かもいずみ)」賀茂泉酒造・広島県、「亀齢(きれい)」亀齢酒造・広島県、「山猿(やまざる)」永山酒造・山口県、「光武(みつたけ)」光武酒造場・佐賀県、「花雪(はなゆき)」河津酒造・熊本県
■団体ブース(2ブース)
酒蔵応援団(7蔵)、「あさ開(あさびらき)」あさ開・岩手県*、「上善如水(じょうぜんみずのごとし)」白瀧酒造・新潟県*、「越路吹雪(こしじふぶき)」高野酒造・新潟県*、「白龍(はくりゅう)」白龍酒造・新潟県*、「幻の瀧(まぼろしのたき)」皇国晴酒造・富山県*、「加賀鳶(かがとび)」福光屋・石川県*、「渓流(けいりゅう)」遠藤酒造場・長野県
■お菓子の居酒屋シリーズ(7蔵)
「春鶯囀(しゅんのうてん)」萬屋醸造店・山梨県、「近江ねこ正宗(おうみねこまさむね)」近江酒造・滋賀県、「八鶴(はちつる)」八戸酒類・青森県、「窓乃梅(まどのうめ)」窓乃梅酒造・佐賀県、「銀嶺月山(ぎんれいがっさん)」月山酒造・山形県、「磯乃沢(いそのさわ)」いそのさわ・福岡県、「信州舞姫(しんしゅまいひめ)」舞姫酒造・長野県
※*印は初日のみの出店
※参加酒蔵は変更となる場合あり

元記事で読む