1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ダイバージェント』ゾーイ・クラヴィッツ、役作りで10キロ減量して体重が40キロに!

『ダイバージェント』ゾーイ・クラヴィッツ、役作りで10キロ減量して体重が40キロに!

  • 2015.4.9
  • 1194 views

ロックミュージシャンのレニー・クラヴィッツと女優リサ・ボネ(『エネミー・オブ・アメリカ』)を両親に持つ、サラブレットのゾーイ・クラヴィッツ。映画『ダイバージェント』や『マッドマックス 怒りのデス・ロード』といった話題作に続々と出演している彼女が、役作りで10キロも減量していたことがわかった。

undefined

【関連記事】夏到来! セレブに学ぶ、セクシー・ボディのつくり方

米ファッション誌「Nylon」5月号のインタビューを受けたゾーイが、インディペンデント映画『The Road Within』で、拒食症の役を演じるために大幅に体重を落としたことを明かしている。「私は高校時代から20代前半まで、摂食障害を患っていたの。だからこの役に惹かれたし、特にエンターテイメント業界で同じ問題を抱える女性や、体型について語ることは大切だと思うの。この役にはすごく共感できたわ」と、すぐに役を理解して成りきることができたと語っている。

もともと155センチと小柄なゾーイだが、役作りによる減量で50キロあった体重を40キロまでに落としたのだとか。「10キロは減量したから、撮影中の体重は40キロになっていた。健康的に痩せるように努めたけど、(短期間での大減量は)ヘルシーとは言えないわ。それだけの体重を急激に落とすことなんて、誰にも勧めたりしない。私は体内浄化のために野菜スムージーとお茶を飲んで、毎日ジョギングしたわ」と言い、結果的にあばら骨まで見えるほどまで痩せてしまったそうだ。

メソッド・アクティングで演技力に磨きをかけたゾーイが出演する近未来アクション大作映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、6月20日(土)より全国ロードショー開始。(海外ドラマNAVI)

Photo:ゾーイ・クラヴィッツ
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net