1. トップ
  2. 藤原竜也、竹内涼真が鍛え上げられた肉体を披露!アクション&爆破シーン満載の予告編解禁

藤原竜也、竹内涼真が鍛え上げられた肉体を披露!アクション&爆破シーン満載の予告編解禁

  • 2020.1.16
  • 475 views
藤原竜也、竹内涼真が出演する映画「太陽は動かない」の予告編と追加キャストが解禁となった
(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会

藤原竜也と竹内涼真の初共演による映画「太陽は動かない」(5月15日[金]公開)の予告編が解禁に。さらに佐藤浩市、市原隼人、南沙良、加藤清史郎ら追加キャストも明らかになった。

【写真を見る】追加キャストとして実力派キャスト陣の出演が決定!

藤原竜也と竹内涼真が東欧ロケで本格アクションに挑戦!

「怒り」「悪人」などのヒット作で知られる吉田修一の同名サスペンス小説を、「海猿」シリーズや「暗殺教室」シリーズなどを手掛けてきた羽住英一郎監督が映画化した本作。

世界を股に掛けたスケールと、さまざまなシチュエーションでのアクションシーンなどから、映像化は不可能と言われた巨編を描く。

また、映画と同時進行で、吉田修一監修によるオリジナルストーリーの連続ドラマ版がWOWOWで放送される。

撮影は日本国内に加え、東欧・ブルガリアでの約1カ月にも及ぶロケも実施。市街地の道路を完全封鎖したカーアクションシーンや、列車を丸ごと貸し切り、首都・ソフィアで終日走行させながらのアクションシーンなど、日本では実現不可能ともいえる大規模な撮影となった。

その中で藤原と竹内が演じるのは、心臓に小型爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るという、極限まで追い詰められた秘密組織のエージェント・鷹野と田岡。

撮影の3~4カ月前から鍛え上げたという肉体を惜しげもなく披露し、初の本格アクションに挑んでいる。

アクション&爆破シーンが満載の予告編

解禁となった予告編は、本作初の本編映像を使用した怒涛(どとう)のアクションと爆破シーンが満載。

冒頭、「連絡もできずに、すみません!」と、怪しげな木箱を破壊し現れたのは、憔悴した様子の傷だらけの男。彼は謎の組織“AN通信”のエージェント・鷹野(藤原)だった。

AN通信のエージェントたちの心臓には爆弾が埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫まるという。

鷹野は、同じくAN通信である田岡(竹内)と共に、「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報を巡って、各国のエージェントたちと命懸けの頭脳戦を繰り広げ、24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら奔走する。

追加キャストも判明!

さらに今回、追加キャストも発表。ハリウッド進出も果たしたハン・ヒョジュは謎の女・AYAKO、ピョン・ヨハンは鷹野に敵対するフリーのエージェントであるデイビッド・キムを演じる。

また、AN通信のエージェント・山下竜二役は市原、高校時代の鷹野役は日向亘、鷹野の高校時代の同級生・菊池詩織役は南、同じく同級生・柳勇次役は加藤、中国の巨大エネルギー企業・CNOXの会長であり裏組織のボスのアンディ・黄役は翁華栄、アンディ・黄の裏の実行部隊となるジミー・オハラ役は横田栄司。

次世代エネルギー研究の第一人者でブルガリア・ソフィア大学教授の小田部教授役は勝野洋、小田部教授の娘・菜々役は八木アリサ、日本の大手電機メーカーMETの取締役・河上満太郎役は鶴見辰吾、河上の妻・麻子役は宮崎美子、鷹野と田岡の上司・風間武役は佐藤がそれぞれ担当する。

なお、佐藤、市原、日向は連続ドラマ版へも出演する。

映画「太陽は動かない」ストーリー

心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織のエージェント・鷹野(藤原)と相棒の田岡(竹内)。

24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら、「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報を巡り、各国のエージェントたちとの命懸けの頭脳戦が始まる。

次から次へと困難が襲い来る極限の状況の中、2人の心臓爆破のリミットは迫っていた。(ザテレビジョン)

元記事で読む